キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

GSE

昨日は展示会で都内へ行ったわけですが、週一の休みは、やることがたくさんあるのでどうしてもスケジュールがタイトになります。
14時20分新宿発のロマンスカーで帰宅しないといけなかったので、なかなか慌ただしい展示会めぐりとなりました。

ふだんなら14時20分発でなく、もう少し遅くてもよかったのですが、昨日はそうはいきませんでした。

先月デビューした小田急の新型ロマンスカーGSEに乗りたかったのです。

ixy_20180412_010.jpg

老若男女、写真撮りまくりです。
人のいない瞬間をねらうのが大変でした。

ixy_20180412_013.jpg

ここ最近、鉄道雑誌を読んでいる時間もなかったので、細かい情報を知らないまま乗り込みます。

これまでの形式にはなかった荷物置き場がありました。

ixy_20180412_014.jpg

トイレに入るのを忘れたまま、一号車(先頭車両)に向かいます。

ixy_20180412_015.jpg

VSEよりも明るく感じました。

ixy_20180412_016.jpg

展望席は当然埋まっているので、一般席の最前列を狙っていたのですが(ココ)、予約するのが遅すぎました。

ixy_20180412_018.jpg

座席の背もたれにはドリンクホルダーが。
隣の輪っかは傘ホルダーでしょうか?

ixy_20180412_025.jpg

荷物が三つぶら下げられるフックもついています。

ixy_20180412_028.jpg

テーブルは肘掛に収納されています。

窓ガラスは、そんなに大きくなった印象はありませんでした。

ixy_20180412_030.jpg

ixy_20180412_023.jpg

町田で下車しますと、

ixy_20180412_031.jpg

VSEとすれ違うという決定的瞬間に出くわしたのですが、シャッター押すの遅れました。

ixy_20180412_033.jpg

息子のお土産にGSE弁当を買いました。

ixy_20180412_035.jpg

ixy_20180412_036.jpg


今年度のブルーリボン賞は、ほぼ確定でしょうか?





  1. 2018/04/13(金) 23:55:12|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日は展示会

南青山の会場は終了。

20180412104150506.jpeg

次は渋谷。


  1. 2018/04/12(木) 10:58:01|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

21項目検査 #13 (リバイバル)

ブログを9年続けていると、古い記事が埋没してしまいます。
多少はタメになりそうな記事も書いているので、埋もれさせたままも、もったいないかなと思います。

7年前に投稿した21項目検査についての記事を、順次再アップしていくことにします。
(必要に応じて加筆修正します)

*************************************************************************

今週の21項目検査は、#13です。

#13Aは裸眼、もしくは現在装用眼鏡度数での近見斜位、
#13Bは#7(#7A)を通しての近見斜位
となります。

重要視されるのは、#13Bです。

なお、#8でも触れましたが、21項目検査における斜位は、すべて融像除去斜位です。


#13以降の検査はすべて近見ですから、フォロプターの前方に棒をつけて、通常は眼前40cmの距離に視表をセットします。

IMG_5377.jpg

IMG_5378.jpg

#13の検査は、#8と同じ方法で行なうのがよいと思います。
つまり、#8をマドックスでやったのなら#13もマドックス、#8がフォングレーフェ(プリズム分離)なら#13もフォングレーフェで、ということです。

マドックスの派生で、Modified Thorington法(モディファイド ソーリントン)というのもありまして、これは眼科で使われる正切尺法の近方バージョンになりますが、

1102091.jpg

遠見で正切尺法をやらないのであれば、測定方法が異なるのが問題点かと思います。

近見での検査は調節力が働くため、調節力の安定を図るためにも、文字視表を用いたフォングレーフェ法を推薦する参考書もあります。
(ということは、遠見もフォングレーフェで測定したほうが統一性が出るわけです)


また、#7(#7A)の度数から+1.00Dないし-1.00Dを付加した状態で#13Bを測定し、それと本来の#13Bの値とでもって、Gradient Stimulaus AC/A比を求めることも可能です。


なお、老視のある場合、特にフォングレーフェ法においては、視標の明視が困難のため、プラスレンズを付加していき、視標が読める状態になった度数を通して測定することになりますので、どんな度数を通して測定したのかを付記しておく必要があります。
※これは、眼鏡処方のための加入度とは異なります。

  1. 2018/04/11(水) 23:50:56|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明日の店長

明日11日(水)は、13時ごろより店長不在となります。

ご迷惑をお掛けいたしますが、ご了承くださいませ。




  1. 2018/04/10(火) 21:02:53|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シュン・キワミ新作

私が装用しているフレーム「シュン・キワミ 1152」。
販売終了となってしばらく経つのですが、同じものが欲しいとのお声もチラホラいただいておりました。

今回、ほぼ同じデザインのモデルが入荷しました。

ixy_20180407_001.jpg

玉型デザインは同じですが、
・テンプル脇の模様がなくなった
・フロントとテンプルをつなぐパーツの仕様変更
・その仕様変更の結果、5mmくらいテンプルが短くなった感がある(テンプル自体の長さは同じですが、取付け位置が変わった兼ね合いです)&初期設定でのテンプル開き幅がわずかに狭くなった
といったところが旧作と異なる点です。

テンプルの模様がなくなった分、お値段が若干お安くなりました。

カラーは

ブラックマット

ixy_20180407_003.jpg

ネイビー

ixy_20180407_004.jpg

グレー

ixy_20180409_010.jpg

となっております。

今なら3色とも店頭でご覧いただけます。



  1. 2018/04/09(月) 23:50:48|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今夜は台車づくり

重たい荷物を移動させやすくするために、台車を作製しています。

複数必要なので、手間を考えたら既製品を買ったほうが安いかもしれませんが、スペースに合うサイズは売られていないので作るしかありません。

201804082033113ae.jpeg




  1. 2018/04/08(日) 23:33:17|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スチール棚

スチール棚を組み立て中。

20180407000206da4.jpeg

作業自体は単純ですが、棚板が多いとナットの数も多くて骨が折れます。
付属のスパナでは時間がかかってしまうので、ラチェットを入手しました。

  1. 2018/04/07(土) 23:55:17|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

FC2Ad