キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

歩き始めて1年経過

私は元来、「歩く」こと自体は嫌いというか苦手ではありません。
旅(1人)に出たときなどは、結構歩き回るほうです。

が、目的がないと歩く気になりません。
息子が生まれる前、妻に「健康のために一緒にウォーキングをしよう」と言われたことがありましたが、「健康のため」という一見具体的なようで、何となく漠然とした(何を以って健康とするのか、目に見える成果がわかりにくい)目的では、イマイチやる気になれず、その誘いは断りました。


で、月日が流れ、昨年の4月中旬、唐突に「箱根駅伝の5区を歩いてみたい」という激しい欲求に駆られたのでした。
おととし、箱根旧街道を歩いたときには、5区を歩く自信はなかったのに、どういう心境の変化化があったのかはわかりません。

ただ、中大の箱根駅伝の成績が振るわないことに文句を言うなら、まず自分で箱根のコースを体感することが必要だろうと思ったというのはありますね。
無論、走るのは無理なので、せめて歩いてみよう、口だけでなく、自分の体で、応援しているという気持ちを表そう、ということです。

4月最後の木曜に、気持ちだけが盛り上がってしまい、何のトレーニングもしていなのに、行く気満々で当日を迎えたものの、雨天中止。
「箱根をナメたら、あきまへんで」というご忠告だと理解し、しっかりトレーニングを積んでから挑戦しようと思うに至ったわけです。

5月からトレーニングということで、ウォーキングを開始し、息子の水泳教室時に水中ウォーキングも始めました。
明確な目的があれば、やる気になるのです。

ちょうど1年前の今日は、「5区の前に、まずやるべきことが」ということで自宅から中大多摩キャンパスまで歩きました

6月の挑戦も雨天中止となった時は心が折れかけましたが、ほぼ毎週地道に距離を重ね、無事5区を制覇
「次は1区から」という目標のもとに、現在に至っています。

ウォーキングを始める前は、「3km歩く」というと、ちょっと考えてしまう感じでしたが、今は10km前後なら何とも思いません。
30kmと言われると、ちょっと考えますけどね。


「箱根駅伝のコースを歩くため」という目的で始めたウォーキングですが、もちろん健康面も意識はしています。
結果として、体によいのであれば、一石二鳥です。

実際、ウォーキング(水中も含めて)がどれだけ体にプラスになっているかは、実感しにくいですが、これまで季節を問わず扁桃腺を腫らすことが多かったのに、この1年は一度も、のどの痛みを感じません。
たまに頭痛や肩こりはするので、消炎鎮痛テープは貼りますし、ビップエレキバンは常時使っているものの、ロキソニンを飲むことはなくなりました。
若干、猫背がマシになった気もします。
体重が減ったのは、食事量が減ったのが一番大きいですが、体を動かすことで多少は代謝が良くなったかもしれません。

なので、それなりに効果はあるのかな、と思うことにしています。


まだ、3区と4区が残っていますし、復路はどうするかまだ決めていませんが、歩くことへのモチベーションは、しばらくは維持できそうです。

サポートタイツやら靴やらで、それなりに資本を投下しているので、元は取りませんと。




  1. 2017/05/19(金) 23:52:46|
  2. ウォーキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サーバー変更

先のことを見据え、一晩考えた結果、当店ホームページをアップしているサーバーのプラン変更をすることにします。
その影響で、しばらくホームページの閲覧ができない状態になっています。
ご迷惑をお掛けします。
日中にやるなと言われそうですが、サポートセンターの受付時間中でないと、怖くてできませんので。

閲覧できない時間は、理論上は、数時間から一日程度とのことですが、果たしてどうなることやら。
閲覧不可の時間帯に検索ロボットが来ちゃったら・・・
ということで、現在大変緊張しております。

既に、アップロードソフトの問題が生じています。
ウォーキングに出かけるどころではありません。

これがうまくいったら、次は独自ドメインでのメールアドレス設定をやります。

こういう作業には全く疎いので、言葉のわからない国で生活しているみたいな状況です。


追記、
移管成功したようです。
http://www.megane-isshindo.jp

プロバイダーによっては、閲覧できるまで時間を要することもあるようです。
あるいは、キーボードの「F5」キーを押していただいてページを更新することで、見られるかもしれません。






  1. 2017/05/18(木) 11:19:01|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

適当でいい

度数測定中だったり、フィッティング中だったり、レンズの説明中だったり、といったとき、お客様の中には「適当でいいよ」と言われるかたがいます。

ここでいう「適当」というのは、「適切」というよりも「だいたい」「アバウト」といったニュアンスに私は受け取るのですが、それを真に受けて「適当」にやると、あとになって「いい加減にやられた」と言われそうな気がします。

なので、「適当でいい」という言葉の裏には、「やるべきことをやってほしいけれど、さっさと終わらせてくれ」という感情が含まれているのだろうなと理解するのが正しいように思います。
時間がかかってしまうのは、申し訳ないところではあるのですが。

ただ、たまに、最初から「適当でいい」と言われる人もいます。
たとえば、寝たきりのご家族のメガネを代理で注文に来られるような場合。

適当も何も、ご本人の記録もなく、使用中のメガネもなければ、やりようがありません。

使用中のメガネを持参され、「これよりも、ちょっと度が強ければいいから」と言われても、本当に強くすればいいのかの確証はありません。
ご家族は「本人が見にくいと言っているから、度を強くすればいいだろう」と思っておられるのでしょうが、そう単純な話ではないのです。
強すぎて見にくいという場合もありますし、メガネでは解決できないこともありますから。

言われたとおり、ちょっと度を強くしたメガネをお作りすれば済むのかもしれませんが、気が重たいです。





  1. 2017/05/17(水) 23:45:48|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新刊

遅ればせながら、北出勝也O.D.の新刊本のご案内です。

201705162310075dd.jpg

『勉強と運動が苦手な子のビジョントレーニング』PHP研究所

初めてのかたにも取り組みやすいメニューが、テーマごとに簡潔に紹介されています。

こちらからご購入いただけます。



  1. 2017/05/16(火) 23:50:15|
  2. ビジョントレーニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Webセミナー

当店で取り扱っている補聴器メーカーによるWebセミナーが先ほどありました。

IMG_1135a.jpg

インターネット回線を使って、店にいながら講義が聞けるというものです。


スマホを使いこなせる補聴器ユーザーにとっては、新製品の開発により、補聴器の世界がどんどん広がっています。

一方で、パソコンやIT機器が使いこなせないと、補聴器の販売・提案がやりにくい時代になりました。


  1. 2017/05/15(月) 23:50:53|
  2. 補聴器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017 母の日&母ちゃんの日

代わり映えしませんが、

ixy_20170514_01.jpg

今年も無事にお花を贈れたことに感謝です。


息子が息子の母に贈るぶんは、私が立て替えておきました。
来年は、自分で買ってみようぜ。

ixy_20170514_02.jpg

この一年で、呼称が「マミー」から「母ちゃん」になりました。






  1. 2017/05/14(日) 23:51:59|
  2. 記念日・○○の日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サングラスの濃さ

当店では、1本何万円もするようなデザイナーズブランドのサングラスや、いわゆるスポーツサングラスは、現状取り扱いがありません。

こういうスタンダードなデザインの品ぞろえが中心になります。

1705091.jpg

当店にサングラス(度なし)をお求めに来られるかたは、ほとんどがご高齢のかたです。
そのかたたちがよくおっしゃられるのが、「色の濃いサングラスは、眼によくないと聞いた」ということ。

「色が濃いレンズが目の前にあると瞳孔が散大し、紫外線を眼内に侵入させやすくなる」という理屈です。

確かに、それはその通りかとは思うのですが、色の濃いサングラスと薄いサングラスとで、瞳孔の散大量にどれだけの差が出て、紫外線の侵入量にどれほどの違いが生じ、それによる眼疾患発生のリスクがどれくらい高くなるのかと考えると、どうなんでしょう?

色の濃いレンズのほうが、色の薄いレンズより、眩しさを防ぐ効果は高いと思います。
「眩しさを防ぎたい」という目的でサングラスを選んでいるはずなのに、紫外線の余分な侵入を懸念して色の薄いレンズを選び、多少眩しさを感じながらも「裸眼よりはマシだから」というのは、ちょっと本末転倒のような気はします。

それよりも、つばの広い帽子を被ったりして、極力紫外線の侵入を防ぐような対策をした上で、眩しさを感じにくい濃さのレンズを選ぶほうが快適なのではないかなと、個人的には思っています。

なお、瞳孔が散大することで、眼房水の排出が妨げられ、眼圧が上昇してしまうというロジックが成り立つケースもあるかもしれません。
そういう場合は、色の薄いレンズのほうが良いとは思います。
「濃いレンズで、どんな人でも絶対に問題がない」と申し上げているわけではありませんので、誤解なきようお願いします。



  1. 2017/05/09(火) 23:52:52|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

FC2Ad