キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

見本染色

現在使っているお気に入りのサングラスがあって、これと同じ色で度付きのサングラスを作りたい、といったご要望があるとします。

こういう場合は「見本染色」という方法を取ります。

お使いいただいているサングラスのレンズをレンズメーカーに送り、メーカーの担当者がその見本をみながら同じような色になるように染色をします。

左がお客様ご使用中のレンズ、右がそれを見本に染色したレンズです。

ixy_20180611_006.jpg

ここでご理解いただきたいのは、あくまでも「できるだけ似た色」に染色をするということであって、全く同じ色・濃度にできるわけではないということです。

誰がどう見ても似ていないでしょうという場合は再作を依頼しますが、ある程度似ていればOKとするのが一般的です。
(「ある程度」の許容範囲は個人個人によって異なりますが・・・)
再作しても、改善される保証はありませんので。

フレームに組み込んでから「これでは納得できない」とお客様に言われても困りますから、染色したレンズが届いた時点で一度お客様にご覧いただき、ご了承いただいてから加工をしたほうが良いかもしれません。

なお、見本染色の場合は、お客様のサングラスをお預かりすることになります。
「預かられては困る。レンズを写真に撮って、それでやってくれ。」と言われても、メーカーに断られます。
現物があっても簡単にはいかないのに、写真でうまくできるはずがないですからね。




  1. 2018/06/13(水) 23:50:54|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

姓を伝える

私の姓は「木部」です。
「きべ」と読みます。
(このようなブログで姓を明かして大丈夫なのかと心配されるかたがいるかもしれませんが、当店のホームページでは姓名はおろか経歴から趣味嗜好まで晒していますので、今さらどうということはございません。)

多くはない姓なので、電話で伝えるときに、うまく伝わらないことがあります。
私の発音が悪いのも一因かとは思いますが、「いで」「きで」等と間違えられます。

「かきくけこのき、はひふへほのへに濁点、きべです」など、間違えなく伝えるためにまどろっこしいことになったりします。

仕事がらみで折り返し電話をいただくときは、「店長とご指名ください」とお願いしたり、相手が間違って聞き取っていてもそのまま済ませてしまったりすることもあります。

今日は妻が問屋さんに問い合わせをしていましたが、返信のFAXは、これでした。

ixy_20180612_007.jpg

まぁ、仕方ないですね。


アメリカにいたとき、私の名前は問題ないのですが、「KIBE」は多くの場合「カイベ」「カイビ」と呼ばれました。
ある単語・音節に対する発音の原則というか一般的な発音の仕方というのがあるので、それに則るとそうなるみたいです。

パシフィック大の卒業式の時、名前を一人一人呼ばれるのですが、登録用紙の氏名記入欄の下に「Phonetically」と書いてありました。
つまり、間違えて読み上げないために、どう発音すればよいのかを書きなさい、ということです。

「KIBE」をどう書きゃいいのかわからなかったので、一番お世話になったドクターに聞いたら「Keebay」でわかると言われました。
「キィベィ」ですね。

お蔭で、ちゃんと呼んでもらえました。



  1. 2018/06/12(火) 23:50:06|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

できればご連絡をいただけますと・・・

当店は「予約制」にはしておりません。

何度かお伝えしておりますが、「完全予約制」ではなく「予約優先」という形を取ったとしても、お約束の時間に応対を開始できる保証がなく、予約なしで来られたお客様との間でトラブルが生じたりすることもございますので、ご来店順での応対とさせていただいております。

日によっては、私もしくは妻が不在の場合もあるため、事前にお電話をいただければ、その時点での両名の出勤状況についてはお答えは可能です。
(家庭の事情・健康状態等で、当日予定が変わることはございます。)

それを踏まえて、「予約」という形にはできないということをご了解いただいた上で、「何日の何時ごろにおうかがいします」というご連絡をいただくことがございます。
前述のように、こちらの事情が当日変わる場合がございますので、お客様のご連絡先を伺えばよいのですが、予約でもないのにお伺いするのはいかがなものかという気持ちもあったりしまして、何も聞かずに「その時間に来店があるであろうことを心得ておく」ことがあります。

心得ておくというのは、その時間帯はなるべく予定を入れないようにしておく、ということです。
例えば、同じような来店希望の問い合わせがあった場合には、その時間の近辺は外してもらうとか、その時間の近辺には手のかかる加工や作業はしないとか、日曜であれば、妻は息子の面倒をみたりしないといけないので、その時間は極力空けておく(息子に我慢を強いることもあります)とか、大したことではないのですが、できる範囲で気を遣っています。

なので、「13時ごろに伺います」と言われていたのに、14時になっても15時になってもお見えにならないと、こちらとしても次のアクションが起こせず(起こしにくく)、ちょっと困ってしまうことがあります。
「ご来店順の応対」という原則がありますから、他のお客様の応対は開始しますが、「このタイミングで来られると、だいぶお待たせしちゃうなぁ」とかモヤモヤしながら応対をすることになります。

残念ながら、そういうケースでは、そのまま来店されずに終わることがほとんどです。
加えて申し上げるなら、連絡先を伺わなかったかたに多いです。

「予約」ではない=約束をしたわけではないのですから、必ずしも13時ごろに来る必要はないでしょう。
ただ、前述のように、こちらとしては最低限の気遣いはしておりますので、来られないのであればそれで構いませんから、その旨一言ご連絡をいただけると、とても助かります。

連絡先を伺わないこちらも悪いでしょうし、繰り返しますが、「予約」を受けたわけではないので、最終的な「行く・行かない」は、そのかたの自由だとは思います。
それは重々わかっているのですが、そこは「大人の心配り」と申しますか、こちらの状況も忖度していただけないものかなと。

「来てください」と申し上げているのではなく、「やっぱり行くのやーめた」でよいので、教えていただけませんかということです。
電話がしにくければ、メールでよいのですし。
めんどうくさいとは思いますけれど。


よろしくお願いいたしますm(__)m





  1. 2018/06/11(月) 23:50:11|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新入荷のサングラス

当店のサングラスは、ご年配のかたが白内障の術後等でお求めになることが多いので、そこをターゲットにした品ぞろえにしています。

ところが、このたび成り行きで、当店らしからぬサングラスを仕入れました。

ミラーレンズ付きのハーフリム

IMG_2261ddd.jpg

ハーフリム

IMG_2262fd.jpg

フルリム

IMG_2263zz.jpg

耳周り、鼻周りの調整がある程度できるので、置いてみる気になったのです。


なお、度入りのレンズに交換することも可能です。
(レンズカラーはお客様にお選びいただくことになります。)

が、恥ずかしながら私は、このようなレンズ面が顔に添うようなデザインのフレーム(ハイカーブフレームなどと呼ばれたりします)に度付きレンズを入れることには精通しておりません。
当店が普遍的に販売しているレンズとは異なるレンズをお勧めすることになりますし(お高くなります)、加工の関係で納期も余分にかかりますため、諸々ご迷惑をお掛けしてしまうことになるかと思いますが、私に勉強の場を与えてあげようというお客様は、ぜひご注文いただけたら幸いです。




  1. 2018/06/10(日) 23:49:30|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どこにあるの?

お電話で問い合わせをされてくるかたから「おたくは、どこにあるのですか?」と聞かれることがあります。

先日は
「おたくで深視力用のメガネを作ってくれる聞いてんけど、どないして行ったらええの?うち、いたみやねんけど。」
「いたみ(伊丹?)・・・大阪ですよね?うち、神奈川なんですが」
「え?違うとこ掛けとんのかな」
なんてこともありました。

トラックのドライバーさんとのことなので、市外局番が「046」の時点で名古屋を越えているのは気づいていただけそうなものなのですが、いずれにしても、どうしてこういうことが起こるかというと、HP上に住所というか所在地がわかるように書かれていないからのようです。

これもまた、私がスマホが持っていないが故のことで、パソコンページだと

キャプチャ

ページの一番上に「相模原市南区」と出るようにしているのですが、スマホ画面だと出ないんですね。

1254.jpg

スマホで、どのように見えるかというのを細かくチェックしていないので、どうしてもこのような落ち度が出てきます。

ホームページをリニューアルした際、あとで住所が変わるのがわかっていたので、いちいち修正する手間を考えて、ホームページ内には住所をほとんど入れなかったのも災いしました。
(すべてのページの記載が連動して変更できるように設定すれば済む話なのですが、そこまでCSSやらHTMLを理解していないので・・・)

なので、取り急ぎアクセスの多いページを対象に、スマホ版のみに表示されるところに、住所を入れました。

54636.jpg

営業時間を直した時に、一緒にやっておけばよかったのですが。
気がつかなくて、どうもすみません。





  1. 2018/06/09(土) 23:50:12|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昨日のウォーキング

昨日はメガネフレームの展示会が都内でありました。
いつも火・水開催の展示会ですが、珍しく水・木開催なので、迷ったものの、時間的なことや諸々考えて出席は見合わせ、10km歩くことを選択しました。

座間神社にお参りし、ヤマト運輸の営業所で荷物を出し、いまだに一度しか足を運んだことのない海老名ららぽーとを通過。

20180608173949608.jpeg

並木橋の上から小田急線と相鉄線の撮影を試みるも、アングルがイマイチ。

201806081739444f5.jpeg

20180608173946055.jpeg

しばらく相鉄線を右手に見ながら進みます。

2018060817394634b.jpeg

20180608173948b4c.jpeg

一旦、線路沿いから離れて、再び接近すると、かしわ台車両センターです。
本線から一番離れたところに、旧車・旧塗装車が並んでいます。

20180608174010e81.jpeg

20180608174008bde.jpeg

20180608174011e01.jpeg

2018060817401221e.jpeg

かしわ台駅を通り越して、車両センターの反対側(本線側)を歩き、最終目的地に到着。

「おふろの王様 海老名店」。

20180608174014ee3.jpeg

息子と何回か来ていますが、息子と一緒だとサウナに入れません。
初めて入れました。

サウナ室のテレビはワイドショーで「紀州のドン・ファン」ネタをやっていました。
関連ニュースをほとんど読んだり見たりしていなかったので、ようやく内容がわかりました。

ちなみに先週の多摩センターのサウナでもワイドショーが流れていましたが、何のネタだったか覚えていません。
日大ネタだった気もしますが、西城秀樹さんネタだったかもしれません。

時間が押してしまっていて、ゆっくりできず、早々に着替えを済ませて、かしわ台駅から電車に乗りました。


ウォーキング再開して3週目だからなのか、加齢のせいなのか、6km過ぎたあたりから右の股関節が痛くなってきました。
事前のストレッチが足りないかのもしれません。
気をつけたいと思います。




  1. 2018/06/08(金) 23:55:18|
  2. ウォーキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

21項目検査 #18 (リバイバル)

ブログを9年続けていると、古い記事が埋没してしまいます。
多少はタメになりそうな記事も書いているので、埋もれさせたままも、もったいないかなと思います。

7年前に投稿した21項目検査についての記事を、順次再アップしていくことにします。
(必要に応じて加筆修正します)

*************************************************************************

今回の21項目検査は、#18です。

#18Aが、近見時の上下斜位の測定
#18Bが、近見時での上下寄せ運動能力の測定です。

#12A、#12Bの近見バージョンになりますので、検査距離と視表が異なる以外、基本的な手順は一緒です。
測定時の度数は#13と同じです。

私は、#13で使用している

IMG_5228.jpg

こういう視表を使っています。

  1. 2018/06/06(水) 23:55:16|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

FC2Ad