FC2ブログ

キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

LSE

小田急ロマンスカー7000形(LSE)が、今日で定期運行を終了しました。

IMG_0797.jpg
(2016年10月撮影)

私は幼稚園の頃から18歳くらいまで、都内の歯科大学病院へ毎月通院していました。
小学校を卒業するまでは、毎回母と一緒に通っていて、帰りにロマンスカーに乗せてもらうのが楽しみでした。

昭和55年、華々しくLSEがデビューした当時は、当然ながら雑誌でも取り上げられたりしまして、

ixy_20141211_46.jpg
(昭和56年3月発行 勁文社 最新版特急大百科)

当然ながら、「早く乗ってみたいな」と思ったわけです。

チャンスは毎月訪れるわけですが、

3100形 NSE か

ixy_20150212_24.jpg

3000形 SSE ばかりで

ixy_20150212_20.jpg

なかなか乗れません。


あるとき、前展望の前から三列目をゲットしました。
その時点では、まだどの形式が来るかはわかりませんが、「三列目だぁー」と喜んでおりました。

しかしその日は、店(一心堂です)の都合で、母は少しでも早く帰宅したかったようで、一本早いロマンスカーに乗ろうと提案してきました。
私は嫌がったのですが、店が大事なのは理解していましたので、泣く泣く承諾しました。

その一本早いロマンスカーが、LSEでした。
そりゃもう、うれしかったですね。

当時の座席は、オレンジを基調とした配色で、とても明るくて、リクライニングはするし、

ixy_20150212_18.jpg

ixy_20150226_19.jpg

とにかく「すごいなぁ、すごいなぁ」と感激したのを覚えています。

その後も、LSEにあたるときは、ガリガリ君の当たりを引いた時のような、何とも言えない気持ちになれたものでした。

90年代にHiSEが運行を始めたとき、

EOS_02003_20180710225921110.jpg

LSEの塗装も同じ感じに変わりました。

ixy_20150212_37.jpg

子どもの頃の憧憬を奪われてしまったようで、とても嫌でしたので、元の配色に戻ってよかったです。


前述のHiSE をはじめ、

RSE

ixy_20150226_03.jpg

EXE

ixy_20140227_30.jpg

VSE

ixy_20130418_14_20180710222534117.jpg

MSE

ixy_20160414_03_20180710222617af9.jpg

EXEα

ixy_20170406_11.jpg

そしてGSEと

ixy_20180412_010_20180710222620fe1.jpg

新しい形式に初めて乗ったときは、うれしいものがありましたが、LSEに初めて乗った時の気持ちには到底及びませんでした。
子どもの頃の純粋な気持ちには、勝てないのだと思います。


一時期、Nゲージ鉄道模型に傾倒していた時の私(自称 木部急電鉄総裁)の所有車両の中で、一番のお気に入りもLSEでした。

ixy_20141211_10.jpg


引退前に今一度乗りたかった、せめて写真だけでも取りたかったのですが、木曜は運休が多く、それは叶いませんでした。

残念です。

20180710232715374.jpeg




関連記事
  1. 2018/07/10(火) 23:50:17|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://optkibebe.blog55.fc2.com/tb.php/3404-6f69abe9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad