キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

レンズ袋の表記

お電話での問い合わせ。

眼科の処方箋でメガネを作った。
いろいろ数字が書いてあり、どういう意味があるのか教えてほしい。

とのこと。

てっきり処方箋の記載内容についてのことだと思って聞いていたのですが、どうやらレンズ袋の記載事項についてのようです。

当店では、お客様のご注文されたレンズがメーカーから送られてくる際に封入されている袋がありまして、お店によってはそれを納品時にお客様にお渡しされているようです。

当店では、レンズ袋はお渡ししておりません。
加工時にチェックが済んだら捨ててしまっています。
なので、納品時に「レンズの袋をください」と言われても、間に合いません。

話がそれましたが、袋に書かれていた数値というのは、下画像のようなものです。

IMG_2311.jpg

お電話されたかたは、まず、SとCとに2つの数値が並んでいることに困惑されたようです。

これは、このレンズの度数が
S-6.75 C-1.00
もしくは
S-7.75 C+1.00
であることを表しています。

どちらも、度数としては同じです。
片方のCがマイナスで、片方のCがプラスであるところがミソなのですが、これの説明は割愛します。
今は時間がないので、気が向いたら別の機会に。

右上の
「ne=1.74」
は、このレンズの屈折率が1.74であることを示しています。
屈折率というのは、レンズの厚みに関係してくる数値です。

「75MM」
は、このレンズの直径をミリメートルで表したものです。
通常、レンズは丸い生地で送られてきますので、その生地の直径が75mmだということです。
フレームの大きさ(玉型と鼻幅のサイズ)と、左右レンズの光学中心間距離との兼ね合いによって、どれくらいの直径が必要かが決まってきます。

「T1.1」
は、このレンズの中心厚です。
凹レンズですので、一番薄いところの厚さということになります。


まぁ、そういったことが書かれているわけです。

お電話をされたかたは、「では、これらの数値があれば、コンタクトレンズの注文(通販でしょうね)ができるのか」ということも最後に尋ねられましたが、基本的には無理です。

眼鏡レンズの度数と、コンタクトレンズの度数とは、度数が強くなるほど乖離が出ます。
乱視入りの場合、この数値だけでは、乱視軸がわかりません。
コンタクトレンズの処方には、ベースカーブという、角膜湾曲度を勘案した数値が必要になりますが、当然それもわかりません。

必要となるべき情報が足りませんので、これでは適切な注文はできません。
我々の立場では、そのような答えになります。



関連記事
  1. 2018/07/04(水) 23:50:36|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://optkibebe.blog55.fc2.com/tb.php/3399-e3cd58a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad