FC2ブログ

キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

両眼視を得るための条件

「両眼視ができないので、プリズムメガネを作りたいのですが」というお問い合わせを受けることがあります。

プリズムメガネを掛ければ、(必ず)両眼視ができるようになるのでしょうか?

「両眼視」といった場合、広義においては「複視」も両眼視であると言えると思います。
右眼と左眼の像を同時に認識していることに変わりないからです。
ですので、ここでいう両眼視とは「両眼単一視」であるとご理解ください。

両眼単一視が得られるためには、同時視そして融像が必要になります。

融像とは、医学書院の『英和・和英眼科辞典』によれば、「左右の網膜に映った像をひとつにまとめて単一視する働き」とされています。

融像の条件として、代表的なものを二つ挙げます。

・左右眼それぞれで見た(ほぼ)同じ像が「網膜対応点上」、もしくは、「ほぼ網膜対応点上」にあること。

・左右の網膜像が、大きさ・色・形・コントラストなどの面で類似していること。

前者については今回は割愛いたしまして、後者に関して申し上げることにします。

後者の条件を成立させない要因はいろいろありますが、左右眼の度数差が大きい(不同視)であったり、左右眼の矯正視力差が大きい、などといったことがポピュラーです。

特に、左右の矯正視力差が大きい、たとえば右眼が1.2 左眼が0..2といった場合、左右眼で見ているもののハッキリさが異なりますので、左右眼で異なるものを見ていると脳が認識してしまえば、融像はできなくなります。

すなわち、この状態においては、いかなるプリズムを付加したところで、効果は得られないということです。


「両眼単一視ができない」という場合、まずできない理由を探ることが必要です。
そして、その理由によっては、プリズムメガネは意味をなさないことがあるという点を、ひとつご理解いただければと思います。






関連記事
  1. 2018/04/16(月) 23:50:57|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://optkibebe.blog55.fc2.com/tb.php/3341-df4dd7cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad