キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

合理的な理由

他店さんでメガネを作られていたかたが、当店をご利用される場合、まずお使いのメガネの度数を調べます。
その際、「明らかにプリズムが入っている」と判断できる場合があります。

このとき、お客様のパターンは大きく分けて2つ

1、プリズムが入っていることを承知している
2、プリズムが入っていることを知らない


次いで、自店でお客様の視機能を調べた結果、そのプリズムが入っている根拠を、私自身が理解しにくいことがあります。
たとえば、
・自店での検査ではどうやっても外斜位なのに、ベースアウトのプリズムが付加されている
・自店で測定した融像除去上下斜位は、1プリズムの右上斜位(右眼に1△ベースダウン)なのに、右眼に3△ベースダウンが付加されている
といったようなケース。


それで、そのメガネを使われているお客様の反応が、大きく分けて2つ

A、調子が悪い
B、調子が良い or 特に不自由はない


上記の1・2、どちらでも、上記のAであれば話は早いです。

問題は、「1でB」の場合です。

上下方向のプリズムに関して、自店測定データと大きく乖離がある場合は、たいていそのメガネの調子は悪いはずですが、水平方向に関しては不具合が具現化しにくいこともあります。
不具合をかんじなければ「調子がいい」という言葉に置き換えることもできるでしょう。

さらに、「前のお店で、プリズムを入れてもらったので、今回もプリズムを入れてほしい」という要望があったとしたら・・・

当店測定データとは、ベース方向が反対のプリズムが入っているにもかかわらず、不具合を感じていないわけです。
このとき、本来のベース方向のプリズムを入れて、かえって調子が悪いということになると、非常に厄介です。

また、以前も話しましたが、当店の検査では「プリズムを入れる合理的な理由がみつからない」ということもあります。
でも、お客様は「プリズムを入れてもらって具合がいい」わけです。


いずれにしても、「現在使用中のメガネのプリズムは、今回の検査結果から踏まえると、逆の効果を生むものである」という説明をしないといけません。

これが実は、大変難しいです。
なぜなら「今のメガネで具合がいい」から。
具合のいいものに対して、ケチをつけることになります。

そもそも、今のメガネのベース方向が逆になっていることに対する合理的な理由を説明できません。
当時のデータがわからず、当店の検査結果が逆の結果である以上、説明できるはずがないのです。
専門的な話をしても「難しいことは分かりません」と言われるのが関の山です。

かといって「なぜ、こうなっているのか、私ではわかりません」というセリフは、「この人、実は何もわかってないんじゃないの?」と思われかねません。
下手をすると「当店の検査が間違っているのではないか」と疑われかるかもしれません。

もしかしたら「単純に加工を失敗しただけ」かもしれませんが、それは、仁義に反するので言うべきではないでしょう。
それをこの場では証明できないのですし。

さて、どうしたらよいか。

褒められたものではありませんが、無難な(?)策として、同じプリズムを付加するという手があります。
ですが、もしこのお客様が、また別のお店で検査をされ、当店測定と同じような結果になり、測定者の所見が私と同等で、このメガネが当店の調製であることを知ったら、「何やってんだ、こいつ」と思われるリスクがあります。
ポロクソにこき下ろされ、ブログで晒されるかもしれません。
それは避けたいです。


こういったケース、忘れたころに起こります。
ここをスマートに乗り切れるようになると、一皮むけられるのですが。









関連記事
  1. 2017/04/09(日) 23:53:12|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2017/04/17(月) 23:50:47 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんばんは。
コメント拝読いたしました。

非公開コメントでしたが、返信はここでするしかないので、オープンになります。
ご了承ください。

お話しするにあたって、下記2点を確認させてください。

①カバーテストをされたときと、フォロプターを使われた時とで、PD・検査距離は同じですよね?
「カバーテストは持参眼鏡装用下で、その眼鏡のOCDがフォロプターとは違う」とか、「カバーテストは5m、フォロプタ―では5m設定にした近接ボックス視表」とかいうことがあれば、話は変わってきます。

②フォロプターで測定したのは、融像除去斜位(マドックスやプリズム分離)ですよね?
偏光十字等での一部融像除去斜位だと、カバーテストは融像除去下での検査ですので、話が変わってきます。


同じ検査距離でも、フォロプターで屈折異常を測ると、仮枠で測定するよりも近視寄りに出ることがあります。
屈折度数が近視寄りになれば、眼位は内斜位方向に振れますから、フォロプタ―のほうが内斜位寄りに出ることがあります。

今回のケースでは、カバーテスト時の度数と、フォロプター使用時との度数は同じでしたか?
もし違うのであれば、且つ、フォロプターのほうが近視寄りなら、上記の理由による可能性が高いと思います。

もし、装用度数が同じだとしたら、フォロプターでの融像除去斜位測定時は、フラッシングテクニックを使われましたか?

・左眼で固視点(マドックスなら光点、プリズム分離なら上か下の視標)を見てもらっている状態で、右眼をカバー
・一瞬だけ右眼のカバーを外し、そのときの位置関係を問う
・眼位ずれがあれば、それを是正する方向のプリズムを入れ、ずれがなくなるまで、同じことを繰り返す
(私は、ずれがなくなくっても、さらに増やして、多すぎることを確認してから、減らしていって確定させています)

こうすることで、カバーテストと同じような測定環境に近づけられます。

私は、遠見で12△、近見で25△以上の外斜位がありますが、融像力がとても強いので、フラッシングをせずにプリズム分離やマドックスをやると、自分の意識次第で正位や内斜位の反応が出せます。
もちろん、カバーテストをやられれば外斜位というのは一目瞭然です。

ということで、今回の被検者が融像力の強いかたで、フラッシングせずに、両眼開放下で測定されたのなら、内斜位になる可能性は考えられます。


無論、カバーテストが間違っていた可能性も否定はできませんが、それはここではわかりませんので、カバーテストは正しいとして、お話をしました。


以上、取り急ぎご返信申し上げます。
引き続き当ブログをよろしくお願いいたします。
  1. 2017/04/18(火) 21:37:18 |
  2. URL |
  3. キベベ #-
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://optkibebe.blog55.fc2.com/tb.php/3091-5e719338
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad