キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

クラス替え

新年度が始まり、息子の学校もクラス替えがありました。

クラス替えというと、私は中3のときのことを思い出します。

1年のときは6組でした。
2年になると4組になり、メンバーもかなりシャッフルされた感がありましたが、担任の先生は1年のときと同じでした。

この4組、定期テストで高得点を取れる生徒が多く集まっていたこともあり、定期テストの平均点が他のクラスよりも毎回10点近く高かったのです。
バランスが悪すぎるので、3年になったら、成績上位陣は放出されるだろうというのが、一般的な予測でした。

で、3年のクラス替え。
このときは、2年1組の担任は、そのまま3年1組、という感じで原則持ちあがりで、メンバーのシャッフルも昨年ほど多くないように感じましたので、クラスの雰囲気みたいなものも、そのまま引き継がれていました。

4組に関しては、やはり成績上位者の多くは放出されました。
もちろん、中には残留する生徒もいましたが、私もどちらかというと平均点を上げるグループに入っていたためか、5組になりました。

ここが問題です。

私は4組の担任の先生に、結構重用されていると勝手に思っていたので、
(↓通知表所見欄)

1704051.jpg

「2年間みてもらったし、3年になっても同じかな」と思っていました。

ですが、その先生は、高校教諭として転出されたのです。
ちなみに、2年5組の先生にも、かわいがってもらっていたのですが、この先生は他の中学に転出されました。

ということで、私は「放出されたのか」「求められたのか」「どうでもよかったのか」どれなのかが気になるわけです。


仮に、次年度の人事異動がクラス替え会議のときには決まっていないとして、まず「誰が何組の担任になるか」を決め、ついで生徒の割り当てを決めるのだとしたら。。。

前述のように、2年から3年へのクラス替えは、担任は基本持ち上がりでした。
なので、プロ野球でいえばFAの人的補償に対する、「来年も手元に置いておきたい」という「プロテクトリスト」と、「出してもいい」というリストがあり、「出してもいい」リストの中で、生徒のシャッフルをしたのではないかと。

そうすると、私は4組の先生にとっては重用されていたどころか、単なる「放出品」で、それを5組の先生が「是非、うちのクラスに」となったという仮説が成り立ちます。
プロテクトされなかったのは寂しいですけれども、それが一番自然な背景です。
良く考えれば、2年5組の先生に「必要としてもらった」ともいえます。
(無論、どこからも引き合いがなくて「じゃあ、うちでいいよ」となった可能性もあるわけですが。)


ところが、4組の先生は、先生の自宅に近い高校への転出です。
恐らく、あらかじめ希望を出していたのだろうと考えたくなります。
そうすると、「プロテクトリスト」というのは必要がありません。
「私は転出しますから、来年担任される先生がたで、ご自由に」という感じになります。

そう考えると、少なくとも4組の先生から「放出された」という感じはなくなります。

一方、もしクラス替え会議の時点で新人事がわかっているのなら、2年5組の先生は新クラスには関与しませんから、新3年4組の先生に「必要」と思われることもなく、「クラス平均点の調整」のために放り出されたと考えることが可能です。
新3年5組の先生は、他学年からの移行で、全く私とは面識がありませんでしたから、「うちのクラスに欲しい」と引っ張られたのでもないわけです。

真相はどうだったのか、もし機会があるのなら、聞いてみたいと思っています。



関連記事
  1. 2017/04/05(水) 23:38:03|
  2. 私が若かったころ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://optkibebe.blog55.fc2.com/tb.php/3088-290651ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad