キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

補聴器と集音器

「1~2万円くらいの補聴器は置いてないの?」と聞かれることがあります。

「電気屋さんとか、通販で売られている、それくらいのお値段のものは、補聴器ではなく集音器ですよ」
とお答えすると、
「補聴器と集音器とは、何が違うの?」
となります。

一番の違いは、「補聴器は医療機器であり、集音器は医療機器ではない」ということではないかと思います。
コンタクトレンズは「高度管理医療機器」、補聴器は「管理医療機器」で、医療機器としてのレベルというかランク(人体に重大な影響を及ぼす程度)は、補聴器のほうが低いのですが、きちんとした認可を得た製品であるわけです。

ただ、医療機器か否かというのは、ユーザーさんにとっては抽象的で分かりにくいかと思います。

一般的な補聴器は、聴力データを元に、その人にとって具合の良い聞こえになるように、いろいろな調整を施すことができます。
聞こえにくい音は大きく、聞こえている音はなるべく音を出さずにし、バランスのとれた音の大きさになるようにします。
極言すれば、調整しないと使い物になりません。

一般的な集音器というのは、そういう細かい調整はできません。
その人の聴力がどうであろうと関係なく、ボリュームの上げ下げ程度のことしかできないので、聞こえている音が、よりやかましくなるだけで、聴力によっては効果が得られにくいです。

また、補聴器の場合は、突発的な強大音を抑制する機能がついていますが、集音器はついていないことが多いため、耳を傷めるリスクが上がる可能性があります。

そもそも、通販や量販店(セルフ販売)で扱われている時点で、集音器は個別対応できる装置ではないわけです。
「買ってみたけれど、聞こえが悪い」と言われても、その人の聴力に合わせたものではないのですから、やむを得ないでしょう。


と言いつつも、実際に集音器を具合よく使われているかたもいるわけです。

集音器は「既製の老眼鏡」
補聴器は「度数を測定してつくる老眼鏡」

そんなイメージでよいかと思います。



関連記事
  1. 2017/02/06(月) 23:54:38|
  2. 補聴器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://optkibebe.blog55.fc2.com/tb.php/3037-560cad9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)