キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

うまくいかないこともあります

「複視」を主訴として来店されるお客様の中には、その複視の原因が脳梗塞等の脳疾患後遺症によることがあります。
そうした場合、眼球の可動範囲に制限がかかってしまうことがあります。

たとえば、右眼が内転しない、つまり左を見ようとしたときに左眼は目標物に視線が送れるけれど、右眼は内転させられない(左方視できない)ために、目標物に対して視線がずれてしまう。
そうすると、右眼と左眼で視線がずれますので、左を見たときに複視になります。

正面視している時点で複視があり、左右・上下・斜めいずれかの方向の眼球運動に制限がかかってしまえば、視方向によって複視が増大することにもなります。

方向によって眼球運動に制限がある=方向によって複視の程度が変わる場合、いわゆる「プリズムレンズ」で完璧に対応することは難しいです。
必要な方向に必要な量だけプリズム量を滑らかに変化させられる(レンズの位置によってプリズム量が変化する)ようなレンズがありませんので。

なので、正面視のみ複視を解消する、フレネルプリズムをレンズの一部に貼って特定の方向の複視を極力減らす等、できる範囲で対応することになります。

正面視の複視は解消できても、左右に動くモノを目で追うと気持ち悪くなってしまい使用に耐えない、といったこともあり得ます。

最終的にはオクルージョンレンズや遮蔽膜の使用ということになりますが、それはそれで片眼がふさがれてしまって具合が悪い、という感想になることもあります。

この辺は「やってみなければわからない」ところになりますので、せっかくご来店いただいても、結果として「ごめんなさい」となることはあります。

その点、あらかじめお含みおきください。








関連記事
  1. 2017/01/21(土) 23:49:14|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://optkibebe.blog55.fc2.com/tb.php/3024-3eccfbcc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad