キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

藤野くんと高橋くん

私は、知らない人ばかりの中で友達を作っていくのが苦手だと、以前書きました。

中学に入った時は小学校の友達、高校に入った時は中学校の友達、大学に入った時は高校の友達がいましたので、そこを足掛かりに何とか溶け込めたのですが、ダイエーに入社するにあたってはその手は使えません。
内定式・入社式・米国研修など、たいへん緊張しながら参加しました。

私が配属されたのは、売り上げの大きな店舗でしたので、大卒の新入社員が6人いました。
米国研修で顔見知りになった人が1人、あとの人とは店舗配属前の新入社員研修が初顔合わせでした。

同期が6人いるというのはとても心強く、それぞれ担当の売り場が異なるため、勤務シフトがなかなか合わなかったものの、タイミングがあった時は勤務後に駅前のビッグボーイへ夕食を食べに行きました。
店が終わるころに開いているお店は、そこくらいしかなかったのです。

当初の私は、腹の探り合いみたいに、ちょっと微妙な距離感を取っていたような覚えがありますが、夏の終わりに、藤野くんと高橋君にカラオケに誘われて、藤野くんは尾崎豊、高橋君は「仮面舞踏会」、私は「狙い撃ち」をはじめとして、お互いの持ちネタを出し合うことで急速に距離感が縮まり、同期の中で、この2人とは遊びに出かけることが多くなりました。

当時の私は、仕事へのやる気と、実際にやっていることとの歯車がかみ合わずに空回りしてしまっていて、忸怩たる思いを抱えながら働いていましたので、2人とバカ話をしたりすることで、とても救われたものです。
翌年4月に藤野くんが、秋には高橋くんが異動になってしまい、その数か月後には阪神淡路大震災が起こり、私のダイエー生活も大きく動き始めることになったのでした。

その2人と、おとといは久しぶりに会うことができました。
藤野くんとは妻が息子を妊娠中に会っていますが、高橋くんとは21世紀初です。

相変わらずのバカ話に加え、残りの人生をどう生きるかという話も加わり、時の移ろいを感じざるを得ませんでした。

私の休みの前の日にということで、場をセッティングしてくれて、3時間足らずでしたが、とても楽しいひと時を過ごすことができました。
職場の同僚というのは、学校の友達とはまた違った感覚がありますね。
一般の会社に勤めていた期間が短かった私は、会社仲間というのがほとんどいないので、そこはちょっと寂しいなと思ったりもしました。

1701201.jpg

また会えるのを楽しみにしています。




関連記事
  1. 2017/01/20(金) 23:54:44|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

こちらこそ、また会いましょう。

カラオケでの持ちネタ、たしかにあの時、すごかったね。

結婚式の2次会を盛り上げてくれた持ちネタあれもすごかったです。
  1. 2017/01/23(月) 00:00:20 |
  2. URL |
  3. ヤスヒコ #0DdAGQgE
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

二次会、あと2つネタがあったんだけど、出しそびれた。
  1. 2017/01/27(金) 23:59:31 |
  2. URL |
  3. キベベ #-
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://optkibebe.blog55.fc2.com/tb.php/3023-2cf14e6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)