キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

レンズの傷

「レンズに傷がついた」ということで、「交換したほうがいいでしょうか」と聞かれるケースがあるわけですが、傷のつきかたが微妙な程度の場合、「気になるようでしたら交換されたら」といった返答をするのが常でした。

私自身、明らかに目立つ傷のついたレンズというのを使ったことがなかったため、「気になるか否か」という点について、実際のところどうなんだろうと思っていたわけですが。

正月にメガネを落っことして傷をつけましたので、図らずも体験可能となりました。

IMG_9635a.jpg

点のような傷ですから、面で傷がついたのとは比べるまでもありませんけれど、確かに気にはなりますね。
ただ、このレベルだと、鬱陶しくてイライラするところまではいきません。
この辺は、個人個人の感覚で大きく異なるところと思います。

当初は早急に交換しようと思っていたものの、意外に我慢できる範疇だということと、「どんなに、傷に強いといわれる強化コーティングをしたとしても、あくまでも細かな拭き傷に対する耐性であって、このように落っことしてガツンと衝撃を与えたときは、傷がつきます」という説得力のある説明ができることに気がついたので、もうしばらくこのままでいいかなと思ったりもしています。

とはいえ、第三者から見てわかりやすいので、

1701091.jpg

「眼鏡店の店長としてどうよ?」と思う部分もあるのであります。





関連記事
  1. 2017/01/09(月) 23:46:58|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://optkibebe.blog55.fc2.com/tb.php/3013-caf70d62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)