キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

2017 中大のいない箱根駅伝 5区

「今年はテレビ中継を見ない」という中大関係者の声も聞こえる中、ワタクシ「赤い男」は、今年も箱根に行ってきました。

いつもと違うのは、「赤い男」ではないこと。

↓赤い男2016

1601031a.jpg

今年は、赤いジャージを隠すように白いベンチコートを羽織って「白赤の男」で臨みます。


例年、中大応援団の展開場所で観戦していたわけですが、今年はどこで見ても構わないので、ゴール近辺の雑踏からかなり離れたところでと考えていたものの、妻子が同伴するかもしれないということで、元箱根のあたりにしようかな、などと迷っておりました。
が、自宅を7時には出発したいという私の意向に添えず、結局妻子は不参加。
昨秋の予選会突破祈願 5区行脚の際に、万一に備え(今回のことです)下見をしておいた駐車場所・観戦ポイントでいくことにしました。


予定より、ちょっと遅れて出発。
直接、駐車場所へ向かってもよかったのですが、ゴール付近の様子を確認するために、遠回りをします。
8時半前にゴール地点通過。

IMG_9604a.jpg

場所取りの状況は例年通り、といった感じです。

IMG_9605a.jpg

皆さん、好きねぇ。

と、そこまではよかったのですが、恩賜公園の駐車場あたりから渋滞が始まりました。
多分、元箱根の交差点までつながっているはずです。

IMG_9607a.jpg

これは、私が迂闊でした。
8時45分頃までに目的地に着けば、車は止められるだろうという予測でいたものの、このままでは間に合いません。

道が狭いので、対向車が来たらどうしようと思いつつ、勝手知ったる裏道を抜けて無事に車を止められました。

さて、まずはここからゴール地点まで、4kmの新春ウォーキングです。
去年までなら4kmというだけでゾッとしましたが、この1年鍛えてきましたし、10月に歩いているわけですから、どういうことはありません。

間違いなく暑くなると思ったので、ダウンベストは脱いで出発。
元箱根から富士山が綺麗に見えました。

IMG_9610a.jpg

10時前にゴール地点に到着。

IMG_9620a.jpg

特設テレビでは2区の様子が流れていました。

IMG_9616a.jpg

今年の優勝カップとメダル。

IMG_9615a.jpg

私はいつも、ゴール地点に来るまでラジオや日テレのサイトなどで順位の経過を確認しないのですが、どうやら2区を終えて学連チーム最下位ということで「堀尾選手(中大)、やっちまったか・・・」と暗鬱としていました。
実際のところ、タスキを受けた時点で最下位だったようで、順位を落としたわけではなかったものの、区間順位最下位は残念な結果となりました。
来春、リベンジですね。

続いて「駅伝の碑」詣。

IMG_9619a.jpg

去年は、2区で早々と終戦模様となり、ここでたそがれていたのを思い出しました。
来春は、ここで校歌を歌いたいです。

さて、毎年来ている場所なので、これといってすることもありません。

「中大スポーツ」のかわりに「スポーツ報知」の臨時号をもらい、

IMG_9630a.jpg

また4km歩いて車に戻ることにします。

IMG_9621a.jpg

はからずも6区を歩くことになるわけですが、5区を歩いた時よりきつく感じました。
歩くペースが速かったのと、手荷物が邪魔だったのが原因かもしれません。

ゴール地点でいつも配布されている「湯河原みかん」と、チャリティーで購入した「サッポロ」特製ペットボトルカバーのオマケでくれたノンアルコールビール2本が、結構重たいのです。

IMG_9623a.jpg
20170104232348ead.jpg

まぁ、一番の原因は、減量で筋力が落ちた&2か月近くまともに歩けていないことだと思います。
ちょっと休むと衰えますね。

汗だくになって車に戻ってきたものの、風が強く、歩くのを止めると急速に冷えてきます。
着替えがないので、車内でしばらく待機です。

軽く食事をし、選手通過予定の1時間前くらいになりましたので、中大キャップと特製鉢巻を締めて、いざ出陣。

2017010423222866f.jpg
1612302.jpg


国道1号線の最高地点に近づくと、自転車で登ってきた人たちが大勢スタンバイしていました。

IMG_9624a.jpg
IMG_9626a.jpg

いつも、選手の通過が終わった後に自転車の集団が続いて走ってくるのですが、ここにいる人たちだったのかもしれません。

目的地はこちら。

IMG_9627a.jpg

芦之湯の定点カメラを少し過ぎた、16.16kmあたり。
長い距離を見られるのがよいと、目をつけていたポイントです。
反対車線からのほうが見やすいですが、藤原監督を応援する目的があるので、監督車の助手席に近いほうに陣取ります。

ゴール付近のような混雑はないものの、だんだん人が集まってきます。
おそるべき人気ぶり。
それはいいのですが、手前に青学の幟を持った若い女性が。

IMG_9629a.jpg

幟は視界を塞がれるので、手に持つのなら、後ろに下がってほしいのですが。
(青学の通過直後に去って行ったので実害はなかったですが、見るなら全選手終わるまで見てろよ、と思ったりもしました)


そんなこんなで、先頭来ました。

IMG_0364a.jpg
IMG_0366a.jpg
IMG_0367a.jpg


続いて、今回優勝すると、最多優勝回数に並ばれるので複雑ですが。

IMG_0369a.jpg

大八木監督が檄を飛ばしていました。

IMG_0376a.jpg
2017000151799.jpg

学生連合チーム、関東学院の広瀬選手通過です。

IMG_0388a.jpg

そして、我らが藤原監督。

2017_000270582.jpg
2017 5a

来年は中大として戻ってくるのを待っています。


全選手通過シーンはこちらから。




絶対無理だと思っていましたが、映っていました。

IMG_9636a.jpg
IMG_9637a.jpg

中大のCマークをテレビに映したいという野望が果たせたのはよかったです。


6区へ続く。

関連記事
  1. 2017/01/05(木) 00:05:49|
  2. 箱根駅伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://optkibebe.blog55.fc2.com/tb.php/3010-e6e16160
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)