キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

今後のウォーキング

週1回のウォーキングを始めて、丸5か月が経ちました。

これまで「ウォーキングを始めたのには、何か理由があるのですか?」と数人に聞かれまして、「健康のため」とごまかしていましたが、真の理由は「箱根駅伝5区を歩くためのトレーニング」これ以外にありません。

今年になって、座間神社の石段を上る際に腿がしんどくなってきたのを痛感し、まずいなと思っていました。
だからといって、何かを始めるわけでもなく、4月に「5区を歩いてみよう」と急に思い立ったものの雨天中止。
「しっかり準備してからでないとヤケドするよ」というお告げだと思い、5月からウォーキングを開始。
まず、中大までの20kmウォークで距離への不安を払拭、コースやペースのねらいを毎回明確にし、ウォーキング後のクールダウン的に水中ウォーキングを取り入れたりもしながら、調整してきました。

先週、目的を一応達成したので、「さて、これからどうしよう。」と。

ちなみに、ウォーキングを始めて、身体的に何か変化があったかと考えると・・・

そもそも週に1回10~12km歩いたところで痩せるはずがなく、座間神社の石段は変わらずきつく感じるし、肩こりに伴う頭痛が激減したのはエレキバンの効果だと思っているし、せいぜい猫背がちょっとマシになった(立っているときの姿勢がちょっとよくなった)くらいかなという気がします。

(出先で天災に遭ったりして歩いて帰宅する場合、どれくらいの距離までならどれくらいの時間で歩けるかの目安はわかるようになりましたが、あくまでも自分1人で大きな荷物がない場合の話なので、あまり実践的ではないですね。)

でも、ウォーキングを始めるにあたって、サポートタイツをはじめ、それなりの投資をしていますし、せっかくここまで続けてきたのだから継続したいなとは思うわけです。
そのためには新しい目的が必要です。

まぁ、当初からそういう風に考える日がくるであろうことは見当がついていましたので、とっくに考えています。
当ブログのコアな読者なら、私のやりそうなことはわかりますよね。

次の目的は「まだ歩いていない箱根駅伝のコースを大手町から歩く」です。

といっても一度に89.5km(箱根湯本駅まで)ではなく、1区・2区と区間ごとに4回に分けて、4区のときは箱根湯本駅まで延長すれば、大手町から箱根町までがつながります。

今年は、もう時間を取れないので、来春からスタートし、予選会までに箱根湯本に到達したいと考えています。
大義名分は「中央大学 箱根駅伝復活祈願行脚 ~捲土重来~」。

「往路だけでは足りんのか・・・」ということで、再来年は引き続き復路を歩くことになりそうな気がしますが、これで当面はウォーキングを続けるモチベーションが維持できそうです。

ついでに本でも出版すればと思ったりしましたが、すでに「箱根駅伝を歩く」というタイトルで泉麻人さんが書かれていますので、2匹目のドジョウは狙えません。

1610191.jpg

検索すれば、箱根駅伝のコースを歩いたり走ったりされている人は、相当数いらっしゃいますから、特段目新しいことでもありませんしね。

完全に自己満足です、はい。


ということで、モチベーションは維持できるとしても、毎週のウォーキングに関して困ったことが。

どこかへ出かけて行って、そこから歩き始めるというのは時間のロスなので、自宅を出発して自宅に戻るという2時間コースを取ることが多いのですが、できるかぎり違うコースを通るように考えてはいるものの、「自宅から半径5~6km圏内を歩く」ということに、飽きてしまいました。

なので、今後は、移動時間が無駄になりますが、自宅からどこかまで歩いて電車で帰ってくるとか、ちょっとひねりを加える必要が出てきそうです。

明日から、第2章スタートします。






関連記事
  1. 2016/10/19(水) 23:45:34|
  2. ウォーキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://optkibebe.blog55.fc2.com/tb.php/2950-2fd8f9ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)