キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

手術したほうがいいですか?

お客様から、よく聞かれます。

「白内障の手術をしたほうがいいと言われているのですが、どう思います?」

手術を受けるべきか迷っているが故のご質問ですが、迷うということは、そこまで困っていないのかなと受け取ることもできるわけです。
本当に見えなくて困っていたら、悩む余地はないようにおもいます。
(中には、そこをメガネで何とか、とおっしゃるかたもいますが。)

周りの人の体験談に惑わされているかたもいます。

網膜疾患を併発していて、白内障手術後の視力がご本人の思っていたほど変わらなければ「やったって大して変わらないよ」という話になるでしょうし、片眼のみの施術の結果、不同視になり、違和感が大きかったり、その他何らかの不具合があれば「やらないほうがいい」となるでしょう。

「これこれこういう理由で、こうなった」というのがあればまだしも、結果のみで「やらなきゃよかった」と言われれば、「そういうものかな」と思われても不思議ではありません。

かといって、そのかたのトータル的な眼の状況がわからないのに「大丈夫ですよ。さっさとやっちゃいましょう」「私なら、やりますけどねえ」などと安易に背中を押すことはできません。
具合が良くなかったら恨まれます。

「先生がお勧めされているのなら、なさったほうがよく見えるようになると思いますが、そこまでお困りでないのなら、もう少し待たれてもいいのかもしれませんね」
といった何の解決にもならない返答になることも多いです。

結局のところ、決めるのはあなたです、ということになりますし、お客様も「話を聞いてもらえれば、それでいい」というのがあるのかもしれません。







関連記事
  1. 2016/09/27(火) 23:36:05|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://optkibebe.blog55.fc2.com/tb.php/2928-339273b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)