キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

メガネで何とか・・・

当店はメガネ店です。
メガネを売らないことには、やっていけません。

ですが、中には、お売りすることを躊躇してしまうようなケースもあります。

たとえば、

・今のメガネが見えにくい

・眼科で白内障の手術を勧められている

・手術はしたくない

・メガネで何とか見えるようにしてほしい

というようなお申し出。

このような場合、眼前に当てたレンズ度数にかかわらず、視力の変化が得られない、ということが少なくありません。
つまり、現在使っているメガネの度数から変えたところで、数値的(視力的)には効果がないということです。

だから手術を勧められているのだけれど、ご本人はやりたくない、と。

八方ふさがりの状況ですが、ちょっと度数を変えることで視力は同じだけれど、「見やすい(ような気がする)」とおっしゃられることがあります。
「ちょっと明るく見える」「ちょっと濃く見える」とか、そのレベルの変化でも、今より少しはマシになるから、この度で新しくメガネを作りたい(レンズを交換したい)、という流れになるわけです。

たとえ「気のせい」であったとしても、お客様の「見えかた」は、私にはわかりませんので、お客様の反応を信用するしかありません。
それでお客様がご満足していただけるのなら、喜んでお受けすればいいのですが・・・

過去に一度、上記のような背景でお作りしたメガネの納品後に、ご家族から物言いがついたことがありました。

「メガネを変えたのに、ちっとも見えるようになっていない」
とのことです。

こちらとしては、「視力的な変化はない」ということを説明したうえで、お客様のご要望に従ってお作りしたので、その辺の事情はご説明しましたが、後味の悪さが残りました。

「買う気満々で来たのに、売ってもらえなかった」と言われたこともあるくらい、当店では「無理におすすめ」することはしていません。
その辺のスタンスは、お含みおきいただければ幸いです。



関連記事
  1. 2016/07/26(火) 23:43:34|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://optkibebe.blog55.fc2.com/tb.php/2873-199b5a20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)