キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

白内障の手術をするとメガネが不要に?

「白内障の手術をすると、メガネがいらなくなると聞いたんだけど」
なんてことをおっしゃられるかたがいます。

白内障というのは、眼内にある「水晶体」と呼ばれる組織が、

1603121.jpg

諸々の事由により混濁することで視力低下を招く疾患です。

どんなよい眼鏡レンズをもってしても、水晶体の混濁を取り除くことはできませんので、最終的な対処法は手術です。
混濁した水晶体を除去し、人工のレンズ(眼内レンズと呼ばれることが多いかと)に置換します。

水晶体というのは、眼のピント合わせの機能を司る組織ですから、これを除去して眼内レンズを装着すると、ピント合わせの機能が損なわれます。
眼内レンズが、カメラのオートフォーカスのように勝手にピントを合わせてくれるわけではありません。
ここが問題です。

以下、両眼の白内障手術をした場合での話ですが、

遠くが良く見えるように設定した眼内レンズを入れたとしますと、今まで遠くを見るのにメガネが必要だった人は、メガネが不要になります。
そのかわり、近くのものは、ピント合わせができないので、メガネを掛ける必要が出てきます。

逆に、本や新聞などが裸眼でよく見えるように設定した眼内レンズを入れたとしますと、遠くがはっきり見えないので、メガネが必要になります。

軽い近視状態になるように設定した眼内レンズを入れれば、裸眼で遠くも近くもソコソコ見えるようにはなりますが、その見えかたに満足がいかなければ、メガネが必要になります。

こうした問題は、多焦点眼内レンズを装着すれば、かなり解決できるようですが、費用が高額になることが多く、まだ一般的ではないようです。

結果として、対象物をよりハッキリと楽に見ようとするのなら、白内障術後もメガネを必要とされるかたが多いのが実情ではないかと思います。


もうひとつの選択肢として、「モノビジョン」という手があります。
片眼の眼内レンズを遠くが見えるように設定し、片眼の眼内レンズを近くが見えるように設定する方法です。

たとえば、右眼で遠く・左眼で近くといった風に、それぞれの眼を距離によって使い分けるということです。
これなら、裸眼でも結構融通が利くとは思いますが、眼前40㎝が左眼で見えても、60㎝はどちらの眼でも見にくい、という可能性がありますし、裸眼での両眼視はできなくなりますから、微妙な立体感は得られにくくなります。

この辺の問題点については、また後日。


関連記事
  1. 2016/03/12(土) 23:56:21|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://optkibebe.blog55.fc2.com/tb.php/2745-3bc055c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)