キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

同じ度数・レンズなのに

気に入ったフレームを見つけたので、現在使っているメガネのレンズと同じ度数・同じレンズ・同じ光学中心間距離で、新しく作ったとします。

このとき、「何か違和感を感じる」「見にくい」といったことが起こる可能性は、実はゼロではありません。

違和感が起こる理由は幾つかあります。
以前、同じ度数でも球面レンズと非球面レンズとで感じ方が違うことがあるという話をした気がしますが、今回はレンズの種類は同じなわけですから、フレームに起因するものを考えてみます。

たとえば、フレームの「反り」。

こんな感じのフレームを使っていた人が

1602261.jpg

こんな感じに顔のほうに反ったフレームにした場合。

1602262.jpg


それから、フレームの「傾斜」。

水平視線に対してのレンズ面の角度が

1602263.jpg

違うことで違和感が出ることがあります。

1602264.jpg


あるいは、フレームの玉型サイズ。

小さい玉型から

1602265.jpg

大きい玉型に変えると、

レンズ周辺部を通して見たときの違和感が気になることがあります。


他にも、眼とレンズとの距離(頂間距離)の違いであったり、いろいろ考えられるかと思います。

特に、現在使っているメガネと、新しいメガネと、買ったお店が違う場合にこうしたことが起きてしまうと、責められるのは新しいメガネを買ったお店でしょう。
お客様にしてみれば「同じ度数・同じレンズなのに。この店ダメなんじゃないのか」という気持ちがあるでしょうから、何を言っても言い訳にしか受け取ってもらえなかったりします。

「反り」「傾斜」「頂点間距離」などといったフィッティングで改善できそうな要素であればまだしも、玉型サイズの違いなんていうのは、お客様が気に入って選んだわけですから、これはもう、やむを得ないでしょう。
事前に、違和感が生じるリスクを伝えなかったと言われればそれまでかもしれませんけれど、違和感を事前に体験してもらうというのも難しかったりするわけで。

どうしても違和感が改善しないという場合の対応は、お店によって異なると思いますが、少なくとも「同じ度数・レンズであっても、フレームが異なると、違和感が生じることがある」というのは、頭に入れておかれるとよいかと思います。




関連記事
  1. 2016/02/26(金) 23:40:17|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://optkibebe.blog55.fc2.com/tb.php/2732-593760cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad