キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

ガラスレンズ

現在のメガネレンズの素材は、ガラスorガラス以外(プラスチック系という言葉が適切かはわかりませんが)に大別されるかと思います。

ガラスレンズ自体の市場規模はかなり小さくなっていますし、ガラス製での新レンズというのも滅多に聞かなくなりました。

これはあるメーカーのレンズガイドブックの見出し。

1602161.jpg

ガラスレンズは一応三つのグループに分けられています。
累進レンズ・単焦点レンズ・バイフォーカルレンズです。

しかし、各見出し単位でのページの厚みを比較しても分かる通り、

1602162.jpg

種類がほとんどありません。

たとえばプラスチック系累進レンズなら、何種類かの設計があって、ご予算によって選択の余地がありますが、ガラスの場合は設計は一種類のみ、違いは屈折率だけです。


ガラスは「重たい」「割れる」といったデメリットはありますが、「傷のつきにくさ」や、そこから派生する「レンズ寿命」に関してはプラスチックよりも優位だと思いますし、「プラスチックよりもガラスのほうが見やすい」というお客様も少なからずいます。
強度数で高屈折率のものを選ぼうと思えば、必然的にガラスになります。

なので、メリットもいろいろあるわけですが、店舗によってはガラスレンズは扱わないところもありますし、ガラスを削れない加工機もあります(その分、安い)。

当店は、強度数のかたがそれなりに来られますので、ガラスレンズの需要もソコソコありますが、それでも販売数としては圧倒的にプラスチックレンズのほうが多いです。
やはりそこまで強度数でなければ、ガラスの高屈折レンズよりも、「軽さ」を優先されるお客様が多いように思います。

店頭で細かく説明を受けなければ、メリット・デメリットを踏まえての違いは分かりにくいと思います。
ガラスレンズにご興味のあるかたは、遠慮なくお店でお尋ねになってみられるとよいのではないでしょうか。









関連記事
  1. 2016/02/16(火) 23:19:39|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://optkibebe.blog55.fc2.com/tb.php/2722-1d331aed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)