キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

セル枠のカスタマイズ

セルフレームの鼻周りが骨格に合わない場合、ということで何回かカスタマイズネタをアップしました。

これを

1312081.jpg

こうしたり、

1312084.jpg

奥の鼻当てを、手前の鼻当てにしたり。

1405106.jpg

この手のカスタマイズは、たいていは「フレームが下がってしまう」「レンズに睫毛があたってしまう」という場合に行なうことが、当店では多いのですが、今回は「鼻当ての部分が鼻に食い込んで痛い」というお悩みでした。

お客様の鼻の幅に比べて、選ばれたフレームの鼻バッドの幅が狭いために、

1601253.jpg

鼻が痛くなってしまうというわけです。

それを防ぐために、あらかじめ鼻当てを薄く削り、幅を広げたのですが(画像なし)、しばらく使っていると痛くなるようで、
幅の広げかたが不十分のようです。
「このフレームなら、痛くならない」と、前に掛けておられたメガネをお持ちくださいました。

お客様が、前にかけておられたフレームが上、痛いフレームが下です。

1601255.jpg

初期設定の時点で、鼻幅がだいぶ違います。
何とか、上のフレームに近づけるようにしないと改善は難しいです。

金属のパッド足をつけて、思い切り広げる方法もあります。
ただ、金具を貼り付けるタイプでは、十分な鼻幅を確保しにくいように思われ、
かといって、フレームに穴を開けて金具を取り付けるのは気が進みません。
万一、金具が折れたときに閉口するからです。

ということで、こんな感じの鼻当てに付け替えました。

1601254.jpg

広げた分、正面から見ると、このように目立ってしまいますが、やむを得ません。

1601252.jpg

率直に言うと、フレームの選定ミスということになるのですが、このブランドのフレームをご希望で来店されたお客様だったこともあり、今回はこの対応で、改善されたようです。







関連記事
  1. 2016/01/25(月) 23:11:58|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://optkibebe.blog55.fc2.com/tb.php/2699-75ac7470
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)