キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

工具はお貸ししておりません

当店では、時計の電池交換や修理は、私の父が担当しています。
父が所用で不在の時は、お預かりするか、改めてご来店いただくことになります。

電池交換なんて、蓋開けて、古い電池を外して、新しい電池を入れて、蓋を閉めるだけなんだから、簡単にできると思うかたも少なくありません。
なので、不在ですぐに承れない旨を伝えると、「じゃあ、工具を貸してください。自分でやりますから」とおっしゃられることが稀にあります。

が、工具をお貸しすることはできません。
「自己責任でやるから」と言われても、お断りをします。

技術者にとって、工具はお金を稼ぐための、とてもとても大切なものなのです。
それを、おいそれと、他人に貸せるかというと、嫌がる技術者が多いのではないかと思います。
ましてや、持ち主が不在のときに、持ち主の許可なく貸せるわけがありません。

プロスポーツ選手が、自分が今使っている道具を、ファンに貸すでしょうか?
中には貸す人もいるかもしれませんが、普通は貸さないでしょう。
触られるのすら嫌がる選手も、大勢いると思います。

プロスポーツ選手と同列に語るなと言われるかもしれませんが、商売道具である以上、本質は同じです。

「なぜ、貸さないのか」という理由・心情については、皆さんが大切にしているものを、みずしらずの他人に貸せるかどうかという視点で考えていただければ、何となく通じるものがあるのではないかと思います。

「工具さえあれば自分でやれる」という気持ちは分かりますが、そこは持ち主の心情を汲んで、ご遠慮いただきたいと思います。

翻って私はどうかと考えると、たとえば「テンプルネジが緩んだから、ドライバーを貸して」と一般の人に言われたら、ふだん私が使っているドライバーは、

ixy_20160122_09.jpg

貸さないと思います。

精密ドライバーは何本かありますから、お貸しするとしたら、そっちでしょうね。

フッティングに使うヤットコ類は、前に一度だけお貸しして、ものすごく嫌な思いをしたので、基本的にお貸しいたしません。
あしからずご了承ください。




関連記事
  1. 2016/01/22(金) 23:08:47|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://optkibebe.blog55.fc2.com/tb.php/2696-dc118869
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)