キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

累進レンズの度数

いわゆる「累進レンズ」と呼ばれるレンズがあります。
境目のない遠近両用とか、中近両用なんていうカテゴリーの総称といっていいでしょうか。

この累進レンズ、遠近両用であれば、遠用度数と近見度数(加入度)を明記してレンズをオーダーします。

こんな風にレンズ袋に印字されたものが届きます。

1601191.jpg

届いたレンズは、度数が正しいかをチェックしないといけないのですが、「単焦点レンズ」のように、光学中心が明確に設定されているわけではありませんので、厄介です。

一応、度数測定位置というのが定められているのですが(納品時には、こんな感じでマーキングされていることが多いです)

1601194.jpg

そのマーキングの位置もアバウトな部分があり、レンズメーターの置きかた次第で度数は簡単に変わります。

1601192.jpg
16011932.jpg

球面度数や乱視度数は、ある程度の精度で推測できますが、乱視軸を見極めるのは難しいです。


他店で作られたメガネと同じ度数で作ってほしいというご要望、当店ではあまりないのですが、たまにあります。
フレーム目当てで来られるケースです。

このとき、使用されているレンズが累進レンズだと、上記の理由により、正確な度数を確定することができません。
万一、納品したメガネの見えかたにご不満がある場合、前回と同じ度数であるか否かとうのは、原因を探る上で重要です。

メーカーから発行される証明書とか、他店さんの発注控えなどがあれば別ですが、そうでない場合、大変申し訳ないですが、当店で改めて度数を測定いたします。
前眼鏡の正確な度数がわからないわけですから、結果として、必ずしも同じ度数にならないこともあり得ますが、ご了承ください。




関連記事
  1. 2016/01/19(火) 23:47:44|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://optkibebe.blog55.fc2.com/tb.php/2693-f705be5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)