キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

講演を終えて

昨日は、都内の区立中学校の通級指導教室にて講演をしてきたわけですが、日々講義をすることが仕事である先生がたを前に話すのは、眼鏡業界のかたたちを前に話すのとは、また違った「怖さ」があります。

「知っていることばかりで、レベルの低い講義だな」と思われることがない代わりに、「素人以下の、下手くそな教えかただな」と思われるかもしれないわけですから。


いつものようにユンケルを飲んで、

ixy_20151124_01.jpg

スタートです。

ixy_20151124_02.jpg

「見る力」を、入力系・視覚情報処理系・出力系の三要素に分けて、それぞれの要素を解説するとともに、

入力系のチェック法として、
・生理的複視の自覚
・輻湊近点
・固視・パスート・サッケード
の簡易的なチェックの仕方を練習していただき、

最後に、上記三要素のトレーニング法をいくつかピックアップしてご紹介&体験、という、(私の中では)王道的な内容でした。

二時間という枠の中で細かく解説していくのは難しい面もあり、私の講義としては、かなりハイスピードで進めざるを得なかったのが心残りでした。

先生がた皆さん、わかりにくいところもあったと思いますが、リアクションもよく、話しやすい環境を整えてくださり、ありがとうございました。

今回は、校長先生もご出席くださいまして、その点は非常にありがたかったです。
こういった取り組みは、トップの意向でやりやすくも、やりにくくもなってしまうものだと思いますので、好意的におむかえいただきましたことを、改めて感謝申し上げます。

現在、当店の環境が整わず、視覚認知の検査やトレーニングに応じられない状態が続いています。
ですので、このくらいのことしかできませんが、少しでもお役に立てるのであれば、できるだけのことはしたいと思っております。


ところで、もしや「赤い男」で突撃したのではないかと思っておられる読者のかたがいるかもしれませんが・・・

私は、当店のイメージカラーをブルーにしておりまして、
(↓この色)

1511242.jpg

ここ一番の勝負服はスーツが紺、シャツがブルー、ネクタイは背景がブルーのコアラに決めております。

1511241.jpg

ふだんスーツを着ないので、礼服以外に、今の体型に合うスーツがこれしかないというのも理由ですが。

おととしの眼鏡学会での講演のときと同じです。

ixy_20130522_21.jpg


キャリーバッグも紺ですが、収納できなかったバランスボードは、当然のように赤ではなく、

ixy_20151124_09.jpg

青いトートバッグに入れて持っていきました。

仕事のときは、「青い男」なのでございます。




関連記事
  1. 2015/11/25(水) 23:30:02|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://optkibebe.blog55.fc2.com/tb.php/2638-c6e953aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad