キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

自己評価

私は2001年の暮れに帰国して、2003年の初めから当店で働き始めました。
2002年は何をしていたかというと、他社さんで研修勤務をさせていただいていました。

その会社には、年に一度(?)、業務に関するいろいろな項目に対してABC3段階での自己評価を行ない、それをもとに上司と面談をする、という仕組みがありました。
私も立場上は正社員なので、一応自己評価をすることになったのですが、ダイエー時代には経験のなかったことで、とても悩んでしまいました。

実践経験がないから研修にきている=仕事が十分にできないわけですから、A(良い)をつけるなどおこがましいというか、全項目C(良くない)が妥当だと思ったものの、Cをつけるということは「私は仕事をしていません」ということをアピールするようなもので、「わかっているなら、ちゃんと仕事しろよ」ということになりかねず、ではBにすれば・・・となってくると、それはもはや自己評価ではなく、ただの駆け引きでありまして。

結局、「これとこれなら、こっちのほうがまだまだダメだな」と感じる項目をC、それ以外をBにして提出しました。
上司からは「他の社員と比べたら、できていないかもしれないけれど云々」といった話があって、「自己評価は難しい」と感じたものです。


先日、眼鏡店を検索するポータルサイトみたいなものを発見したのですが、各店の紹介ページに自店を自己評価するレーダーチャートがありました。

品揃え
おもてなし
加工技術
スピード
測定
知識

の各項目を5段階評価するものです。

自己評価ですから、どう評価しようが自由ですし、これは宣伝と同じなのですから、全項目が「5」というお店がゴロゴロあるわけです。

1510123.jpg

ですが、たとえば「品揃え 5」としてしまうと、「○○のフレームがほしいのですが」「○○なデザインのフレームがほしいのですが」という要望に対して「当店には、ございません」とは言えなくなるのではないですかね?


翻って、ふだん偉そうに能書きを垂れている私は、たとえば「測定」について自己評価で5をつけるかと考えると・・・

仲間内の情報交換で参考になる意見を聞くことも多いですし、乳児の乱視軸をレチノスコープにて5度単位で判断するパシフィック大のドクターのような神業テクニックもありません。
まだまだ青いですから、恥ずかしくて「5」なんてつけられませんね。
だからといって「1」にはしませんが。

まぁ、あくまでも各項目毎に相対的に評価をすればいいわけで、他人と比較する必要はないのかもしれませんが、そんなひねくれた見方をしてしまうために、オール5よりもオール4だったり、

1510122_201510112047140b6.jpg

冷静かつ正直に(?)評価を載せているお店のほうが、

1510121.jpg

むしろ好感がもてたりします。


でも、一般ユーザーからしてみれば、

1510123.jpg

このお店に行ってみたくなりますよね。


やっぱり自己評価は難しいなと感じます。





関連記事
  1. 2015/10/11(日) 23:15:23|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://optkibebe.blog55.fc2.com/tb.php/2592-f670909c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad