キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

変形するリスク

「壊れないフレームがいいのですが」と言われることがあります。

形ある物、必ず壊れると思いますので、「壊れにくい」と考えたとして、壊れにくい=変形しにくいということであれば、フィツテイングのできない(しにくい)フレームになってしまいますので、それはそれでいかがなものかと思います。

現実的には、フレームの素材や構造などを踏まえたうえで、お客様にお勧めすることになります。
たとえば、以前も当店でお作りいただいお客様が、結構まめにフレームを変形させてしまって修理に持ってくるタイプであれば、メガネを新調されるときには、その点を考慮したおすすめがしやすくなります。

当店のご利用が初めてのかたでも、使われているメガネを拝見すれば、扱いが丁寧か否かの推測はある程度可能です。
ところが、メガネを初めて掛けるかたの場合は、そのあたりの予測ができません。
ここが難しいところです。

いずれにしても、取扱いに注意が必要なフレームの場合は、きちんと説明しておかないと、あとで痛い目に遭いかねないので要注意です。

こちらのフレーム。

1509071.jpg

テンプルの飾りに特徴がありますが、

1509072.jpg
1509073.jpg

構造的に、過度な力が加われば、このアーチ状の部分は潰れるでしょう。
潰れたものを、綺麗に修復するのも難しそうです。

あらかじめ、そういったリスクがあるということをご説明の上、ご購入いただきました。
末永くご愛用くださいませ。
ありがとうございました。


関連記事
  1. 2015/09/07(月) 23:28:48|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://optkibebe.blog55.fc2.com/tb.php/2559-c5f35362
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad