キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

気をつけること

眼鏡学校の「視科学Ⅲ」の講義で、津本O.D. がおっしゃっていたこと。

「オプトメトリストとして、前の検査担当者の批判をしてはならない」

6501508281.jpg

たとえば、他店で(度数測定をして)作ったメガネの具合が悪いということで相談に来られた人の度数を測定してみたら、測定値がかなり違っていたとします。
理論的に考えて、自店測定(決定)度数のほうが良いだろうと思っても、お客様に対して(もしくは、お客様に聞こえるように)「なんで、こんな度数にしたんだろう」「何やってるんだ、この店は」といったことを言うのは慎みなさい、ということです。

では、どう言えばいいのか。

仮に「ここがこうなっているのが原因かもしれません。こうすればよくなるのではと思います」という言いかたをしたとして、それは突き詰めれば批判にならないのかと問われたら、グレーなところもあるかとは思います。
ただ、少なくとも、侮辱的な言いかたにはなっていないでしょう。

ここでお客様に「前の人が下手だったっていうこと?」と聞かれたら、「その時の状況がわかりませんので、何とも・・・」といった返答になると思います。

難しいところですけれど、一歩間違えれば、自分が批判される立場になることもあるわけです。

当ブログで、批判的な意見を述べたこともありますので、偉そうなことは言えませんが、こういった場合では、少なくともお客様の目の前での言葉選びは慎重にするように心がけています。

当たり前のことといえば、当たり前のことなんですけれどもね。


関連記事
  1. 2015/08/28(金) 23:21:23|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://optkibebe.blog55.fc2.com/tb.php/2549-ebca96a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad