キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

腕力

私は、子供のころから、同年代・もしくは年上相手に腕相撲で勝った記憶がほとんどありません。
勝てるとしたら、左腕(利き腕でないほう)でやるときくらいで、右腕勝負なら女の子にも負けたことがあります。

私が、自分に腕力がないことを痛感したのは、高校一年の時の体力測定で、懸垂がかろうじて一回できた、というときです。
今は体重が増えてしまっていることもあり、一回もできないと思います。

米軍基地でオプトメトリーの研修をしたとき、基地内のトレーニングジムに連れて行かれ、ベンチプレスをさせられましたが、私は重りが付いたものを持ち上げられず、棒のみを持ち上げるのにヒーヒー言っていました。

息子が胎児のとき、生まれてきてから抱っこするのに苦労しないよう、腕立て伏せや腹筋運動をして鍛えようと思ったものの見事に腰を痛めてしまい、以後慎んでおります。


腕力のなさに関係があるのかわかりませんが、私は手首が細いです。
がっしりした足腰と比較すると、かなり細い気がします。

ixy_20150722_01.jpg

当然腕時計のバンドの長さも短めです。
私のサイズに合わせると、たいていの男性はきつくてはめられません。
ダイエー時代には、職場の女の子が私の腕時計をはめてみたらサイズがピッタリで気に入ってしまったらしく、そのまま持っていかれたこともありました。
後日、返してもらいましたけれど。

よくゲームセンターにあったパンチ力を測るマシン。
手首が折れてしまいそうで怖くてできません。
実際、大学時代に、あれで手首を折った友人もいましたし。


そんなワタクシ、息子にいつまで腕相撲で勝てるでしょうか。
せめて小学校を卒業するくらいまでは、父親の威厳を保ちたいところですが。






関連記事
  1. 2015/07/22(水) 23:15:57|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://optkibebe.blog55.fc2.com/tb.php/2514-5e01e256
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad