キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

箱根登山鉄道

「箱根登山鉄道に乗ってアジサイがみたい」という妻の希望で、箱根好きの私はホイホイと出かけてきました。

登山電車は、夜間にライトアップされた中を走る「夜のあじさい号」というのが運行されるくらい、アジサイで知られているのですが、今年は警戒レベルが「3」に引き上げられてから「夜のあじさい号」の運行は中止されました。

大涌谷の不安定な状況は危機管理の観点から気にはなりますが、雨の日は大きな地震や噴火は起きにくいのではないかということで。
何よりも、来年息子が小学校に上がってしまうと、なかなか出かけられなくなりますからね。


まずは、本厚木からEXEに乗ります。

IMGa_0171.jpg

LSEやVSEのような展望席はありませんが、一番前の座席を押さえました。

IMGa_7125.jpg

運転席の後ろだと、大人でも前方は見えないに等しいですがね。

IMGa_7127.jpg


私は、小田原を過ぎて箱根登山線に入るとワクワクします。
箱根駅伝と気持ちがシンクロするというのもありますが。

予定通り、箱根湯本に到着。

IMGa_0174.jpg

ここから箱根登山鉄道の車両に乗り換えて強羅へ行くわけですが、

IMGa_0175.jpg
IMGa_7132.jpg

すぐには乗らずに、2本見送りました。

30分ほど待って入線してきたのが、本日お目当ての「アレグラ号」。

IMGa_7135.jpg

ローレル賞を受賞した、一番新しい車輛です。
3両編成の1両目に配置されています。
窓が大きく、足元まで外が見えるあたり、気が利いています。

IMGa_7140.jpg

早くから待った甲斐あって、一番前の座席をゲット。

IMGa_7136.jpg
IMGa_7139.jpg

この座席は争奪戦になるのではないかと思っていたのですが、楽勝でした。
というのは、そもそも乗客が非常に少ないからでありまして。
雨模様ということよりも、やはり大涌谷の影響でしょう。

何はともあれ、標高96mの箱根湯本から、標高541メートルの強羅へ出発です。

IMGa_7144.jpg

最初の駅は塔ノ沢。
箱根登山線は単線なので、上り電車と入れ替えです。

IMGa_7149.jpg

上りのホームには弁財天があります。

IMGa_7152.jpg

塔ノ沢を過ぎると、有名な「出山の鉄橋」を渡ります。

IMGa_7153.jpg

そして、渡ったばかりの「出山の鉄橋」が左手に見えてくると、

IMGa_7156.jpg

行き止まり。
出山信号所に到着。

IMGa_7157.jpg

箱根登山鉄道の見どころの一つ、スイッチバックです。
強羅に行くまでに、3回の方向転換があります。

運転士さんと車掌さんが入れ替わり、一番前だった車両が、一番後ろになって出発です。

IMGa_7164.jpg

進行方向左手から線路が見えてくると、次のスイッチバックとなる大平台駅に到着。

IMGa_7168.jpg
IMGa_7170.jpg

さらに上を目指して出発です。

IMGa_7173.jpg

上大平台の信号所で、最後のスイッチバック。

IMGa_7182.jpg

結局、箱根湯本で先頭だった我々の車両は、最後尾となって強羅へ向かいます。

IMGa_7183.jpg

登山鉄道の特徴はスイッチバックと、急カーブ。
車輛を短くし、小さな半径でも曲がれるようにしています。
急カーブでは、3両編成ですが、一番後ろから先頭が見えます。
レールと車輪が擦れる音が響きます。

IMGa_7190.jpg

箱根駅伝で話題になる、国道1号線との踏切を超えると、小涌谷。

IMGa_7194.jpg

そうそう、そういえば、アジサイを見に来たのでした。
見ごろは少し過ぎてしまいのしたが、ところどころに、きれいに群生していましたよ。

強羅に到着。

IMGa_7239.jpg

乗ってきた車両が霧の中に消えていくのを見送って、

IMGa_7207.jpg

食事に行きます。

IMGa_7209.jpg

妻の希望で、「田むら銀かつ亭」さんに。

IMGa_7212.jpg

入口に受付機があるくらい、特にお昼時は混むのが普通なのでしょうが、お昼どきにもかかわらず、待つことなくすんなり入れました。

IMGa_7213.jpg

それだけ、今、箱根には観光客がいないということです。
そんな状況下でも、こちらのお店は順次途切れることなくお客様が来店されていまして、さすがです。

さて、食事を終えて、どうするか。
せっかくなので、箱根登山ケーブルカーに乗って、標高750mの早雲山駅へ向かうことにします。

本来なら、早雲山からロープウェーへ乗り継ぐのが箱根ゴールデンルートですが、ロープウェーは運休ですし、芦ノ湖方面への代替バスの発着は強羅駅なので、早雲山へ行っても特にどうということはないのですが。

なので、ケーブルカーもガラガラです。
私たちのほかに、外国人のファミリーが一組いただけでした。

IMGa_7215.jpg

向かう先は、強羅以上に霧の中です。

IMGa_7219.jpg

早雲山駅の外に出たのは初めてでした。
いつもは、ケーブルカーからロープウェーに乗り換えるだけの駅なので。

IMGa_7223.jpg

乙女像というのがありました。

IMGa_7225.jpg

雲がかかっていて、景色は全く見えません。
大涌谷界隈に近づいたこともあり、ほのかに硫黄のにおいがしました。

残念ですが、これ以上先へは勧めませんので、

IMGa_7230.jpg

乗ってきたケーブルカーに乗って下山します。

IMGa_0181.jpg

ですが、強羅までまっすぐ戻るのも芸がありませんから、「公園上」で、下車します。

IMGa_7231.jpg
IMGa_0184.jpg

強羅公園へ立ち寄り、公園内を歩きながら、強羅駅へ向かうことにします。

IMGa_7233.jpg

園内で、息子は長靴から運動靴に履き替え。

IMGa_7234.jpg

運動の時間です。

IMGa_7237.jpg

適当に過ごして、強羅駅へ。
妻がソフトクリームを食べたいというので、先ほどの田むらさんの並びのお店に立ち寄って、再びアレグラ号に。
帰りも難なく先頭座席に。

IMGa_7242.jpg
IMGa_7244.jpg

本当に、観光客が少ないです。
いたとしても、外国人、それもほとんどが中国人でした。

日本人は、どこへ行ったのだろうという感じです。

お蔭で混雑によるストレスなく、登山鉄道の旅を楽しめました。
これまでは、こんなに車窓を眺める余裕というかスペースは車内にはありませんでしたので。

ただ、それはそれで、寂しさもあり。
とどめは箱根湯本駅前です。

IMGa_7252.jpg
IMGa_7253.jpg
IMGa_7254.jpg

箱根駅伝の時の活気はどこへやら、閑散としています。
雨の平日ということをさしおいても、いつもとは全く違います。

レベル2になって、かなり観光客が減ったところに、レベル3になって、さらに減ったとのこと。
観光を生業としているかたたちには大打撃です。

半年後の箱根駅伝もどうなるかわからない状況の中、私にはこんな風に足を運ぶことしかできませんでしたが、何とか踏ん張ってほしいです。

「絶対安全」なんてことは、私が言えるわけもありませんし、何か起きても責任は持てませんけれど、とにかく今はすいているので、落ち着いて見学できると思います。
平日は、閉まっているお店も少なくないようですけれど・・・

頑張れ、箱根!!







関連記事
  1. 2015/07/10(金) 23:15:09|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://optkibebe.blog55.fc2.com/tb.php/2501-269602d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad