キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

対処の難しい複視

「メガネで複視を解決できますか?」という問い合わせがポツリポツリとあるわけです。

ここでいう複視というのは、単眼複視ではなく、「片眼で見れば一つだけれど、両眼で見たときに二つになる」という両眼複視とご理解ください。

また、眼科や脳外科で診察を受けたけれど、特に異常がないとか、原因はわからないとか、具体的な解決策の提示がない、など、要は「受診済み」という前提での話です。

複視というのは、これまでにも何度となくご紹介している通り、右眼で見ているイメージと左眼で見ているイメージとを

1507051.jpg

頭の中で一つのイメージに合成する、いわゆる「融像」が

15070517.jpg

できずに、二つのイメージがダブって認識されてしまう状態です。

1507057.jpg


「融像ができる条件」の復習しておきますと

①左右眼それぞれで見た(ほぼ)同じ像が「網膜対応点上」、もしくは、「ほぼ網膜対応点上」にあること。
②左右の網膜像が、大きさ・色・形・コントラストなどの面で類似していること。

ということになりますが、斜視があれば①が成り立ちません。

その結果、上図のように左右にダブる場合もあれば、上下にダブることも、

15070510.jpg

斜めにダブることもあります。

1507054.jpg

単純に、上下・左右・斜めにダブっている場合は、プリズム入りのメガネで解決できることも多いです。

神経麻痺などの原因により、両眼を右方向に向けたとき

15070513.jpg

正面を向いたとき

1507057.jpg

左方向に向けたとき

15070517.jpg

あるいは、上を向いたとき

1507056.jpg

正面を向いたとき

15070510.jpg

下を向いたとき

15070517.jpg

といった感じで、視線の方向によってズレの程度が変わることもあります。

このような時は、最も必要な視方向でのズレを最小限にすることを優先し、他方向でのズレは我慢していただくこともあります。
レンズの一部分にだけ、フレネルプリズムを貼り付けるような対処も考えられるかと思います。

厄介なのは、上記の①と②が組み合わさっているケース、もしくは②のケースです。

たとえば、左眼のイメージは正常で、右眼のイメージが回旋しているといった場合。

1507053.jpg

右眼と左眼の角度が違えば網膜対応点の関係は崩れますし、イメージの角度も違うため「類似のイメージ」とみなすことは困難ですから、当然、融像はできません。

15070514.jpg

この回旋しているイメージをプリズムで修正するのは困難です。


また、仮に視線のずれがなくても(①の条件は満たしていても)、

左右眼のイメージの大きさが違いすぎる場合(たとえば不同視による不等像視)

15070516.jpg
15070515.jpg

左右眼のイメージの鮮明さが違いすぎる場合(たとえば視力差が大きい場合)

1507055.jpg
1507059.jpg


左右眼もしくは片眼のイメージに歪みがある場合(たとえば網膜疾患)

15070520.jpg
15070512.jpg

いずれも、「類似のイメージ」ではありませんので、プリズムメガネで位置のずれは修正できたとしても、完全な融像はできません。鬱陶しさが残るわけです。
しかも「類似のイメージ」を作ることができない原因をメガネで解決することは困難な場合が多く、結果としてご満足いただけないことになったりします。


ですので、複視といってもいろいろなパターンが考えられるため、「解決できるかどうかはお調べしてみないとわかりません」という返事になります。






関連記事
  1. 2015/07/05(日) 23:00:10|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://optkibebe.blog55.fc2.com/tb.php/2496-eb978332
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad