キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

当店で対処しにくい変形

私が業界に入ったのは21世紀になってからです。

既に、メタルフレームの素材といえばチタンが定番になっていましたので、昔のような合金フレームをいじったことは、あまりありません。
なので、昔のフレームでも同じだったのかはわかりませんが、「椅子の上に置いてあったメガネに気づかず座ってしまった」みたいなアクシデントでフレームが大きく変形した場合に、この「レンズ止めねじ」を通す金具の部分が、

201502f_2015030320495133e.jpg

歪んでしまっていることがあります。

ちょっとわかりにくいと思いますが、正常ならこんな具合になっているところが、

201502i_20150303204955464.jpg

曲がってしまうんですね。

201502h_201503032049531c2.jpg

(わかりにくい・・・)


このように歪んだ状態でネジを締めようとしても、

201502j_201503032049562c7.jpg

リムの端同士が、しっかり合いませんので、実際にネジを締めるとこの通り。

201502e.jpg
201502g.jpg

これでレンズをはめるとテンプルに不要な傾斜がついてしまいます。

201502l.jpg
201502k.jpg



この変形した金具自体を、元の形に戻すのが、私にはとても難しいです。
下手をすると、ロー離れしてしまったりしてアウトになります。

なので、他の箇所でテンプルの傾斜を調整するしかないのですが、それも難しい場合は、修理専門の業者に送って直してもらっています。

ここの部分にもっと厚みを持たせてガッシリつくれば変形しにくいのではと思いますが、軽量化が優先される昨今では、そうもいかないのかもしれません。

ここを直すのに具合の良い道具があれば、教えてください。



関連記事
  1. 2015/03/03(火) 20:18:15|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

うーん、ここの曲がりはどうしようもないことも多いですね。

折れたり、ネジがバカになったり・・・・
ニシムラの155か122あたりで挟んで
リムを指かプライヤーでつまんで曲げてやるくらいですね。
  1. 2015/03/04(水) 15:28:20 |
  2. URL |
  3. Specky! #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

Specky!さん、こんばんは。

時計の裏蓋を締める道具や、ネジ抜きの道具など、徐々に力を加えていけるものを使ってみたりしていますが、リムを固定するのが難しく、難儀します。

当店では、かなり多くみられる変形です。
結構丈夫だと思っている、ルチアノバレンチノでも変形させてこられますから・・・
  1. 2015/03/04(水) 23:25:10 |
  2. URL |
  3. キベベ #-
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://optkibebe.blog55.fc2.com/tb.php/2383-1004ed4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad