キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

テストレンズを新しくすると

過日、傷んだテストレンズを新しくすると、うれしいオマケが付いてくるという話をしました。

オマケというのは・・・

テストレンズを新しくすれば、古いテストレンズは不要になります。

ixy_20150208_09_201502282111444f0.jpg

レンズそのものは廃棄してかまわないのですが、周りの枠が大事なのです。

実は「テストレンズ用の枠のみ」を入手するのは、なかなか困難なのです。
なので、コツコツと溜めておく必要があるわけです。

なぜこれが必要かといえば、新たなテストレンズを自分で作れるからです。

たとえば、一般に用意されているテストレンズは-6Dを超えると、0.50Dないし1D刻みになります。
つまり、-5.75Dはあっても、-6.25Dはないということです。
これはいただけません。

ですので、足りない部分に関して、レンズを注文してこの枠に組み込んで作るのです。

ixy_20150208_07.jpg
ixy_20150208_06.jpg

今のところ10Dを超えると0.50D刻みでの用意にしていますが、この辺の度数のお客様も普通に来店されますから、できれば0.25D刻みで用意しておきたいところです。

また、特にパソコン用のレンズオプション、たとえばカラーレンズやブルーカットの類なども、こんな感じの見本はあっても、

ixy_20150208_15.jpg

実際に、パソコンをいじってもらいながら装用テストをする上では、不便です。
片手で見本を持っていないといけませんから。

ですから、これらもテストレンズ式にして仮枠に装着できるようにしておけば便利なのです。

ixy_20150208_04.jpg

他にも、メーカーでテストレンズを用意していない各種機能レンズも、同じ要領で用意をしておくと便利です。

本当は、S-1.00C-0.50といった球面+乱視のレンズもほしいのですが、これをやりはじめると、きりがなくなるので手は付けていません。

いろいろ作ろうと思うと、それだけ枠が必要になりますので、不要になったテストレンズは貴重な資源なのであります。





関連記事
  1. 2015/02/28(土) 23:15:07|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://optkibebe.blog55.fc2.com/tb.php/2380-d86bd74c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad