キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

テストレンズ

オートレフラクトメーターは、あればとても便利です。

ark700.jpg

けれども「これがなかったらどうにもならない」と頭を抱える眼鏡技術者は、いないでしょう。

両眼視機能検査を行なう上で、ターレット式検眼器は非常に便利です。

ixy_20150221_04.jpg

でも、両眼視機能検査を行わない場合には、なくても困るものではありません。

いろいろな視標の出せる視力表装置は、検査の幅が広がりますが、完全矯正値を求めればよいのなら、紙の視力表でも、とりあえずの用は足せます。

ixy_20150221_05.jpg


しかし、テストレンズだけは、眼鏡処方をする上で、ないとどうにもなりません。
これがあれば検査も、装用テストもできます。
(テストフレームも必要ですが)

ixy_20150208_09.jpg

日頃使うものだけに、使っているうちにレンズ表面に細かな傷がついてきます。

これが、

ixy_20150208_14.jpg

こうなってくると、

ixy_20150208_12.jpg

さすがに支障が出てきますから、傷が目立ってきたレンズは、適宜新しいものに交換をします。


テストレンズを交換すると、うれしいオマケ(?)がついてきます。

それについては、別の機会に。






関連記事
  1. 2015/02/21(土) 23:58:15|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://optkibebe.blog55.fc2.com/tb.php/2373-08c8ccae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad