キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

ナイロールフレームのコバ厚

レンズのコバの周りに溝を掘って、そこに糸を張ってレンズをフレームに固定するタイプを、一般にナイロールフレームと呼んでいます。

1412231_20141227205557a84.jpg
1412232.jpg

レンズのコバに溝を掘るわけですから、ある程度のコバの厚みが必要です。

1412237.jpg

遠視系のレンズですと、特に耳側のコバがペラペラになることがあり、そうすると溝が掘れません。

近視系の場合では、天地の浅いフレームのときに、上下方向の厚みがかなり薄くなることがあります。

1412236.jpg


ですから、少なくとも溝が掘れるだけの厚みはないとどうにもならないわけですが、溝が掘れさえすればいいのか、というとそれだけではありませんで、このように掘れたとしても

1412233.jpg

溝の両脇のコバにある程度の厚みがないと、糸を張るとき・何かぶつかったりして力が加わったとき・横着してレンズをはめたまま型直しをしようとしたとき、などにレンズにバリが入ることがあります。

1412235.jpg
1412234.jpg

ですので「ちょっと薄くなりすぎそうだ」というときには、少しコバ厚を余分に取るようなオーダー(右側)をします。

1412238.jpg

コバを厚くすれば、同じ分だけ他のレンズの部位は厚くなります。
高屈折のレンズを選んでも、場合によっては思ったほど薄くならないこともあるわけです。


遠視系の場合は「径指定」とか「薄型加工」などを合わせて施すことにより、「特注レンズ」としてのオーダーに最初からなることが多いかと思いますが、「特注レンズ」は仕入れ料金に加算が生じます。
近視系のレンズの場合はコバ厚(中心厚)指定をすることによって「特注レンズ」になるのですが、それを避けるために在庫レンズを使って、かなりギリギリのコバで溝を掘られているものを何度となく目にしてきました。

確かに、全体の仕上がりは薄くなりますが、あとあとのことを考えたときに、丈夫さという点では不安が残ります。
これはお店の考え方によって変わると思いますが、当店は「0.何ミリ」か厚くなっても丈夫さを取ることが多いです。
(厚みを確保するために生じる特注料金は当店が負担していますので、お客様のご負担はありません)


「とにかく薄くしたい」というときには、レンズの周囲をフレームが囲むタイプ(フルリム)のほうが具合が良いこともありますので、フレームを選ぶ際に気に留めておかれるとよいと思います。



関連記事
  1. 2014/12/27(土) 23:56:38|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://optkibebe.blog55.fc2.com/tb.php/2321-e24c50ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad