キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

スーパーボールで眼と手の協応 その壱

子供のころ、私はスーパーボールが好きでした。

体育館のような広い場所で、思いっきりスーパーボールを弾ませて遊んでみたいと思っていましたが、それは一度もできませんでした。

最近、息子がスーパーボールで遊ぶのを気に入っているので、実家に置いてあるものも持ってこようと探しに行ったところ、

EOS_03779.jpg

これしかありませんでした。

もっと大きなものや、金平糖のように突起のついたものもあったはずなのですけれど。
何より、一番大事にしていた「夜光タイプ」のものが見当たりません。
どこかにあるとは思いますが。


このスーパーボール、当然ながら眼と手の協応トレーニングにも使えます。

小学校の頃、教室の後ろで、6mくらい離れて向かい、相手が弾ませてくるボールをキャッチする遊びをしていました。

1411161.jpg

単純に弾ませるのではなく、

こんな感じや

IMG_5832ss.jpg
IMG_5834ss.jpg

こんな感じや

IMG_5835ss.jpg
IMG_5838ss.jpg

こんな感じで

IMG_5843ss.jpg
IMG_5845ss.jpg

ボールに回転を加えると、変化をしながら弾んでいきます。

フローリングの部屋があれば、ご自宅でもできますね。


階段の上から転がしたポールを、

EOS_03780.jpg
EOS_03781.jpg

階段の下でキャッチするというのもアリです。

弾みすぎてしまって難しければ、単純に真上に弾ませたボールを

IMG_5830ss.jpg

紙コップでキャッチするだけでもいいと思います。
紙コップの替わりに、茶こしを使って、手から少し離れたところでキャッチするのもいいでしょう。


お風呂に複数のスーパーボールを浮かべ、

ixy_20141115_13.jpg

たとえば、一番大きなボールに狙いを定めて、

ixy_20141115_14.jpg

ボールを投げるというのも、

ixy_20141115_16.jpg

距離感や力加減を感覚的につかむトレーニングになると思います。

狙ったボールに当たれば10点、

ixy_20141115_17.jpg

違うボールに当たったら5点(もしくは-5点)みたいな感じで、ルールを決めるとよいかと。
水面でボールが揺れるので、床に置くより難しいかもしれません。


さて、どうせお風呂に浮かべるのなら・・・

続きは後日。

関連記事
  1. 2014/11/16(日) 23:27:30|
  2. ビジョントレーニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://optkibebe.blog55.fc2.com/tb.php/2280-921c75bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad