キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

ご同伴

当店は、均一価格での販売はしておりませんので、メガネ一式なりレンズ交換なりをご注文いただく場合には、ご予算に応じてフレームやレンズをご選択いただくことになります。

最終的に、
「ではこの金額で承ります」
「お願いします」
といったやり取りが、当店とお客様との間であれば、「合意に達した」と考えるのが普通でしょう。


しかし、この合意が第三者によって破棄されるケースがあります。

ご高齢のかたが単独で来店しメガネを注文された場合、というのがその一例です。

何歳を以って高齢とするのかが不明瞭ですが、ここでは90歳前後という想定にしましょうか。

たとえば、お客様との間では、上記のような合意があっても、あとになってご家族のかたから「私の親がメガネを注文したようですが・・・」と連絡がくる、なんてことは他店さんでも一度や二度はあるのではないのでしょうか。

パターンA・・・不要だからキャンセルしたい
パターンB・・・もっと安いものは、ないのか

このどちらかになることが多いように思います。
いずれにしても「年寄りに高いものを売りつけて」といったニュアンスがプンプンするのですが、当店に関して申し上げれば、そのように思われるのは誠に不本意です。

ご自分で立って歩いて自由にフレームを選ぶのが困難な場合、こちらでいくつか見繕ってお席までお持ちしますが、お安いものもきちんとご用意してお見せしています。
「いいものが欲しい」と思って、ご来店されているお客様もいらっしゃいますから、お安い物ばかりお見せするのも失礼になりかねませんが、少なくとも高い物しかお勧めしないということはありません。

レンズに関しても、高額なものはお勧めしません。
というか、正当な理由があっても、そもそもお勧めしにくいです。
あとで、ご家族から何か言われるのも嫌ですので。

逆に、お客様のほうから、「これ、素敵ね」なんて感じで18金のフレームにご興味をもたれたような場合、

1404131a.jpg
1404132a.jpg

私としては、お客様ときちんと意思の疎通ができるのなら、お客様の希望を尊重したいのですが、そうした観点から「お勧めして、本当にいいのかな」と、心配になってしまいます。

ただ、あまりにも気にしすぎると、何も売れなくなってしまいますし、終局的には「安く買えるお店がありますから、そちらへ行かれたらどうですか」と、最初からよそのお店を紹介したほうが親切なのではないか、という話になりかねません。


ですので、ご家族のかたがご一緒にご来店されていると、こちらとしては非常に対応がしやすいのです。
稀に、いいものを選ばれた場合に、ご家族から「もったいない、安いのにしとけよ」てな横やりが入って喧嘩になり、こちらとしても困ってしまう、といったこともあるわけですが。

あるいは、ご同伴はできなくても「のちほど親がうかがいますので、いいものを選んであげてください」といったお電話をいただけたりすると、これもまた非常に安心なわけです。


これとは別に、ご同伴者がいる場合のメリットとして、金銭や物品のやり取りがあります。

「お釣りをもらっていない」「いや、お渡ししましたよ」
「○○を返してもらっていない」「いや、お返ししましたよ」

などといったトラブルが生じた場合に、ご同伴のかたが現場を見ていてくれると話が早いのです。
まぁ、現場を見ていなければ意味がないのですが。


いずれにしても、さらなる高齢化社会を迎えるにあたって、ご高齢のお客様への応対の仕方というのは、今まで以上に注意が必要であると感じております。






関連記事
  1. 2014/04/13(日) 23:32:05|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://optkibebe.blog55.fc2.com/tb.php/2067-dc355df2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad