キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

カラー付きの糸

レンズに溝を掘り、そこにワイヤー(テグスなど)をひっかけるタイプのフレームをナイロールと呼ぶわけですが、

1308273.jpg

このワイヤー、透明であることがほとんどです。
眼鏡店では、テグスを利用するケースが多いですから、当然といえば当然です。


ちなみに、私の使っているナイロールフレームの糸は、

1308272.jpg

赤です。


ナイロール用の色がついたワイヤーが出回っていますので、それを使っています。

1308271.jpg


フレームにレンズを新規に組み込む場合、あるいは使用後ある程度の期間が経過した場合、ワイヤーを新しいものに交換しますから、その際にこういったカラーワイヤーに変えようと思えばできるわけです。

が、これまで、お客様にそういったご提案をしたことがありません。
通常のテグスと比べて、強度の点でどうなのかがよくわからないので、一抹の不安があるからです。
無論、強度に問題があれば製品化されるはずはないのでありますが。

ならば、自分で試してみるのが一番、ということで試しているものの、いつ赤いワイヤーに変えたのかを忘れてしまいました。

今年の正月には赤かった気もするのですが、当時の画像を見ても、色が微妙に分かりません・・・

EOS_02723.jpg


とりあえず、今年一年使ってみて、問題がなければ、来年からはご提案するだけしてみようかなと思ったりもしております。

関連記事
  1. 2013/08/27(火) 23:38:35|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://optkibebe.blog55.fc2.com/tb.php/1849-d72da01f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad