キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

眼の解剖と生理

眼鏡学校講義シリーズ、今日は「眼の解剖と生理」です。

2年生が履修する科目で、専攻生は1年目に受講しました。

内容は文字通り、眼の解剖学です。
眼球や脳神経の総論から始まり、角膜や網膜などの各論、視覚路、眼の発生に至るまでを1年間かけて学びます。

医学系の科目は好きなので、勉強するのはよいのですが、試験が基本的に暗記要素が多いため、10代のころのような「丸暗記」が苦手になっていた私には大変でした。

1306234.jpg
1306233.jpg
1306232.jpg
1306231.jpg


講義と並行して実習もあり、これは牛の眼球を解剖したり、犬の眼球組織を顕微鏡で見たり、頭蓋骨の模型を使って各部位や孔の名称を覚えたりしました。

1003241.jpg

これも暗記要素が強いため、自らの脳の衰えを実感したものです。

こういったことをすべて記憶できるドクターは、やっぱりすごいなと改めて認識したのを覚えています。

関連記事
  1. 2013/06/23(日) 23:16:33|
  2. 眼鏡専門学校のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://optkibebe.blog55.fc2.com/tb.php/1784-ea74fc90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad