キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

日本特急旅行ゲーム

私は一人っ子ですので、子供のころは一人で遊んでいることが多かったように思います。
カードゲーム(トランプとかプロ野球カードゲームとか)であったり、ボードゲームだったりというのは、基本的に一人二役でやっていました。

ボードゲームの中で、一番好きだったのが、こちら。

1304232.jpg

日本特急旅行ゲーム。


要するに双六なんですが、東京駅をスタートとして、各自が選んだコースに指定された駅(8地方8駅)を周って東京駅に帰ってくるというのが大筋。

移動の際に、いかにうまく特急列車を使うかがポイントになります。
特急を使わないと、普通列車になりますので、歩みが遅くなると同時に、ルーレットで決まった数字が出ないと進めなかった気がします。

銀行券や株券などはありませんが、かわりに切符が各プレーヤーに各車種一枚ずつ渡されます。
つまり、特急は各々一回ずつしか利用できません(臨時特急は数回乗車可)。

関東から東北、四国から九州などとエリアを超えるたびに「ハプニングカード」を引かねばならず、「次で上がれるかな」というときに稚内へ飛ばされたり、他のプレーヤーを道連れに好きなところへ移動できたり、といった、どんでん返しが起こり得ます。

ボードゲームというと、やたらとルールが複雑だったりすることもありますが、いたってシンプルなので、初めてやる人でもすんなり入れます。


乗れる特急は、下記の通り。
ルーレットの出目によって、時刻が1時間ずつ進んでいき、その時刻によって乗れる特急が変化します。

1304231.jpg
1304233.jpg

昭和54年のクリスマスに買ってもらったものだったと思います。
まだ、東北・上越新幹線も走っておらず、日本中をいろいろな特急が走っていた時代です。

今だと、新幹線ばかりで、すごく味気ないゲームになってしまいます。
寝台特急もほとんどないですし。


必要な部品はきちんと残っているので、今でも普通に遊べます。


関連記事
  1. 2013/04/23(火) 23:09:55|
  2. 私が若かったころ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://optkibebe.blog55.fc2.com/tb.php/1725-78b049fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad