キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

肩まわし健康法

頭痛がひどく、近所の脳神経外科へ行きました。

「筋緊張性のもので間違いないと思うけど、最後のMRIから2年近く経つから」ということで、念のため頭の中もチェックしてもらいましたが、特に重篤な所見なし。

ただ訴えている不具合の原因として「頸椎があるべき湾曲を保っておらず真っ直ぐになっている、むしろ逆方向に湾曲し始めているくらいだから、何とかしないとね」ということで、自律神経を調整するために紹介された前回の「指揉み健康法」に続いて「肩まわし健康法」の手ほどきを受けてきました。

ixy_20130421_01.jpg


「なかなか、リラックスするイメージを保つのが難しいんですけど」と訴えると、「別に難しく考えなくていいです。肩が回っているというのを意識してくれれば、そのときは他のことは考えていないわけですから」とのこと。


頸椎だけでなく、脊椎の湾曲もおかしいことは以前から指摘されていることでもあり、骨格から改善していかないといけないのは自明であります。
ですので、「肩まわし」は継続していくとして、一番のポイントは日々の生活での過度な緊張状態(気が張っている状態)を減らすことなわけですが、まぁ、私の性格では、仕事しているときにそれは無理なわけで。

なので、私は家で仕事をするのは好きではありません、というか、原則として家では仕事をしません。
一般の会社のように、何時以降は社内にいてはいけない、といった規則はありませんから、仕事は店でやればいいのです。
退店時、店のシャッターを下ろした瞬間に頭を切り替えないと、永遠にスイッチが入ったままになってしまいます。

家に帰って、お風呂の中で、あるいはガリガリ君を食べながら、好きな本を読んでいるのが、「余計なことを考えなくて済む」のには一番いい気がします。
息子と遊ぶのも一つの手ではありますが、そのときには、ふと、息子の将来のこととかいろいろ考えたりしてしまうわけです(遊ぶのが嫌だと言っているわけではありません)。


眼を閉じて、ガリガリ君の味を噛みしめつつ、溶けていく氷の粒を感じ取ることで雑念を払う「ガリガリ君健康法」が考案できるかもしれません。



関連記事
  1. 2013/04/21(日) 23:01:19|
  2. 健康
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://optkibebe.blog55.fc2.com/tb.php/1723-78ee7cf7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad