キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

DEM

眼球運動の評価法は幾つかありますが、その一つがDEM(Developmental Eye Movement Test)です。

ixy_20130227_03.jpg

テストシートの画像は載せませんので、イメージがしにくいとは思いますが、縦読みと横読みの正確さと速さを記録・比較することでサッケードの評価が可能です。

被験者が6歳から14歳までであれば、得られたデータを平均値表と照合することで、どの程度の到達度であるかをチェックできます。
15歳以上の場合は、平均値が示されていないので、そういった形での評価はできませんが、サッケードの制度はある程度把握できます。

評価が検者の主観や経験に由来するものでなく数値化されること、短時間で簡単に行えることなどから、オプトメトリストでなくても実施しやすいのが特徴です。


なおDEMは、眼鏡店で行なわれる検査というよりは、視覚発達支援の方面で使われることが多いものです。
私個人としては、眼鏡店で通常実施される検査として強く推奨されるべきものとは思っていませんので、これをご覧になっている眼鏡店のかたは、実施していないからといって気になさらないでよろしいかと。




関連記事
  1. 2013/02/27(水) 23:53:27|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://optkibebe.blog55.fc2.com/tb.php/1670-3202bfba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad