キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

健康講座

昨年に引き続き、地元の社会福祉協議会の依頼を受けて、「健康講座」にて、ご高齢のかたがたをお相手にお話をしてきました。

IMG_0139aa_20130216205348.jpg

ご出席者のご興味は、私の話のあとの「演芸・カラオケ大会」に注がれているような気もしますが~。


私のお話のテーマは去年と同じ「眼鏡と健康」でお願いしますとのこと。
サブタイトルも去年と同じ「視力に合った眼鏡とは」。

1302162.jpg

サブタイトルは、先方がおつけになられたものですが、「視力がすべてではない」のは再三このブログでもお話ししている通りですので、あまりこだわらずに内容を考えます。

実は、今年も声がかかるとは思っていませんでしたので(2年続けてやるのが通例だったようです)、去年のお話で自分の伝えたいことは、うまくまとめてしまっていました。
ですので同じテーマで、去年を超えるものをやろうとしても、困ってしまいます。

役員さんをはじめ、去年も今年も出席されるかたはいらっしゃいますから、去年と全く同じ内容を話すのは気が引けます。
かといって、中途半端な話をしてしまうと、今年初めて聞かれたかたは「なんだ、こんな話しかできないのか」と思われるかもしれません。
悩みどころです。

結局、自店でご年配のかたから聞かれる質問をピックアップして(去年の内容と重複する部分もあり)解説するのを38分、「見る」ということは「視力がすべてではない」という話を7分、残りの15分を体験コーナー「眼のトレーニングで脳を活性化してみましょう」、とすることにして会場に乗り込みます。

1302161.jpg


去年の体験コーナーは「簡単にできる眼の体操」の紹介でしたが、今年は少しグレードアップです。
実際にトレーニングで使用するプリント教材を使用します。

正しく線をたどりましょう。
ixy_20130216_02 (1)

素早く眼を動かしましょう。
ixy_20130216_03 (1)

隠された絵柄を見つけることができますか?
ixy_20130216_04 (1)

見本の通りに指を動かすことができますか?
ixy_20130216_02.jpg

指示の通りに手で机を叩くことができますか?
ixy_20130216_05 (1)

最後の3つは、視覚情報処理や出力(眼と手の協応)のトレーニングになりますので、「視力がすべてではない」という話を事前にしておく必要があったわけです。

老眼鏡を忘れたかた、メガネの度が合っていなくて教材が見えにくいかたには酷になりますので、ポスターサイズに拡大したものも掲示することで、いらぬクレームが生じにくいようにしておきます。

ixy_20130216_03 (2)

皆さん、食いついてくださってよかったです。


事前におうかがいしていた出席予定人数よりも、配布資料は多めに用意していったのですが、5部ほど足りなかったそうで申し訳ないことをしてしまいました。
反省点はいろいろありますが、何か一つでも出席されたかたの記憶に残るお話ができていたらよいなと思います。

貴重な場をご提供くださいまして、ありがとうございました。


関連記事
  1. 2013/02/16(土) 23:24:15|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://optkibebe.blog55.fc2.com/tb.php/1659-36fad18c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad