キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

私とお酒

私はふだん、ほとんどお酒を口にしません。
一滴も飲めないというわけではありませんが、飲みません。
要は、好きではないのです。

飲んでいるうちに、耳が遠くなるような感じがしてきて、頭がボーっとします。
これ、不快です。
そのうち頭が痛くなり、気持ちよくなる前に気持ち悪くなり、ゲロゲーロ・ゲロゲーロとなります。

そういう風にならないように、チビチビやっていればいいのかもしれませんが、そもそも基本的においしいと思わないので、飲む気にならないわけです。

大学生のときは、サークルの祝勝会やらなんやら、年に数回はそれなりに飲まざるを(飲まされざるを)得ないコンパがあり、そういうときにはエチケット袋持参で臨みました。
帰りの電車で、人間スプリンクラーになるのだけは避けたかったので。

エチケット袋といっても、スーパーで買い物した時にもらってくるビニール袋なんですが、中身が見えないように不透明で、使用中落っことさないように持ち手がついており、

1301301.jpg

間違っても穴の開いていないものを厳選しておく必要がありました。
二枚重ねておくと安心です。

一回だけ使ったことがありました。
南武線の車内で。


ダイエー時代・眼鏡学校時代は幸いにして、仲間内で、自分のペースで参加できるような食事会・飲み会しかなかったので、とても気楽でした。
アメリカにいたときも、ほとんど飲む機会はありませんでしたが、レモンビールは何本か飲んだ記憶があります。
何となくレモンの風味がして、苦みが少ないので、何とか飲めたのでした。

眼鏡業界で働くようになり、勉強会やら学会やらの懇親会に参加するようになると、やはりお酒が出ます。
とりあえずビールが。
私も乾杯+αくらいはお付き合いしますが、量にして中ジョッキ一杯はもてあまします。

どこかのお店で着席しての会だと、ウーロン茶に逃げられるのですが、立食形式だとどこを見渡してもビールしかない事が多く、結構難儀します。
「どうも、どうも」とビール瓶を持ってこられたら、飲まないわけにいきませんし、逆に私が「どうも、どうも」とお酌に行けば、「あれ、キベさん、グラスは?」となりますのでね。

立食パーティには、ビールだけでなく、ぜひ炭酸飲料のご準備を。


今、この時間もビール片手でなく、三ツ矢サイダーを片手にパソコンに向かっています。
私の父も、妻の父も、お酒が好きなのですが、私がこんななので、申し訳なく思います。
あと20年近く経てば、息子がお相手できるようになると思いますから、そのときまで元気でいてもらいたいなと願っています。


関連記事
  1. 2013/01/30(水) 23:52:43|
  2. グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://optkibebe.blog55.fc2.com/tb.php/1642-8e3bf6c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad