キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

消えたB-CASカード

朝、店の掃除をしているとき、妻から電話がありました。
「朝の連ドラの録画分を見ようとしたら、見られない。レコーダーの前面に刺さっていた赤いカードがなくなっている」とのこと。

どうやら、息子がB-CASカードを引っこ抜いて、どこかにやってしまったようです。

このカードが、

ixy_20121226_04 (1)

レコーダーの前面、つまり息子が容易に触れる場所にささっていたのですが、

ixy_20121226_12.jpg

これがなくなっている、と。

このカードがないと、デジタル放送の視聴や録画ができません。
普通は、裏側に差込口がある機種が多いのではと思うのですが、私の家の機種は前面なのです。
当然、購入時にネックになりましたが、最終的に妥協したのが災いしました。

元々、箱根駅伝をきれいな画像で録画したいという意向があって購入したものですが、一週間後に迫ったこのタイミングで引っこ抜かなくてもいいだろうに・・・と思うものの、仕方ありません。

妻に店へ取扱説明書を持ってきてもらい調べてみると、カードの再発行はできるらしいのですが、カードのナンバーを控えていなかったので、それがわかりません。
危機管理の甘さを露呈しましたが、本体のシリアルがわかれば何とかなるのでは、と自宅に戻って確認。

一体どこにほっぽったのだろうかと、試しにディスクテーブルを開けてみましたが、

ixy_20121226_07.jpg

ここには乗っていませんでした。
もし、この奥に入っていたら、取り出しようがないので、ディスクも見られなくなるだろうし、まぁ最悪です。
ゆっくり探す時間もないので、ひとまず店に戻ります。


年末ですし、新しいカードが届くのは年明けになるかもしれないなと思いつつ、電話をしてみると、カードの番号はわからなくても大丈夫で、代引き速達にて手配いただけるとのこと。
手数料が二千円かかりますが、箱根駅伝には替えられません。
もし、届く前に見つかれば、受け取り拒否もできるとのこと。

とりあえず、カードの手配はできることになったので、その点は安心です。
最終的には当座の措置として、テレビに外付けHDDをつないで録画できるように配線を変えるつもりでしたが、そういった手間もかからずにすみそうです。


夜、帰宅して、無駄だと思いつつ息子に聞いてみました。
「赤いカードがないと、パピー困るんだけど、どこにしまったの?」

そうしたら・・・

レコーダーの下に置いてあるビデオデッキの差込口をピラッと。


こ、こんなところに・・・

1212271.jpg

知らずにビデオテープを差し込んでいたら、やばかったです。

幸い、カードは損傷なく取り出すことができ、無事復旧しました。


同じことを、大晦日あたりにまたやられたら、たまったものではありません。
簡単に引っこ抜かれないよう、カードはテープで塞いで固定することにしました。



関連記事
  1. 2012/12/27(木) 23:50:57|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://optkibebe.blog55.fc2.com/tb.php/1603-9735c1cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad