キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

災いは突然に

当店の視表装置は、昔の電車やバスの行先表示幕のように、ロールが巻き上がる(巻き下がる)ことで、表示される視標が変わるタイプです。

ixy_20121215_04.jpg


本日、お客様の検査中に視標を変えようとリモコンのボタンを押し、どんどん巻き上がっていく最中、ものすごい音がしました。

装置を見ると、視標がビリビリに破れています。
原因は、今でもわかりませんが、とにかく装置が作動不能になりました。
焦りました、すっごく焦りました、はい。

既にお客様に必要な検査は終えており、念のため補足的な検査をしておこうという段階でしたので、装置を使うのはあきらめて、お客様の応対を済ませ、壊れた装置への対応を迫られました。

既に20年近く使っているので、元通りになるような修理は不可能なことはわかっていますが、とにかくこのままでは検査ができません。
明日は定休日ですが、買い替えるにしても、あさっての開店前に新しい視表装置を準備することは不可能です。
何とか使える状態にしないことには、仕事になりません。

幸か不幸か、すでに夕方で、検査希望のお客様はいらっしゃらなかったので、父と母に手伝ってもらって破れた視標を貼り合わせ、何とか作動するようになりました。

しかし、結果として、「使えないと困るけれど、最悪、使えなくても何とかなる視標」と「使えなくても、ほかで代用すれば対処できる視標」とが、各一枚づつ発生。

上から順に巻き上げていったとき、最後の2つがそれです。
その前までの視標は提示できるので、さしあたっての業務はこなせます。
これは非常にラッキーでした。
仮に作動したとしても、「使えないと困る視標」が使えないのでは、結局仕事になりませんからね。


さて、使えない視標を提示しようと、リモコンのボタンを押したらどうなるか。
破れている部分に負荷がかかり、深刻な状態になりそうな気がします。

1212202.jpg

しかし、ボタンがあると押したくなるのが人間です。
実際、押してみたくて仕方ありません。
また、押す気はなくても、不注意で押してしまうこともあります。

なので、押せないようにしました。

1212201.jpg


いずれにしても、このままでは理想的な状態ではありませんので、新しい装置を導入することになりました。
年内に納品が間に合うかどうかわかりませんが、それまでは今の装置に頑張ってもらわないといけません。

先日、大掃除を済ませたばかりだったのに。。。
最後まで、どうぞよろしく。

関連記事
  1. 2012/12/19(水) 23:05:22|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://optkibebe.blog55.fc2.com/tb.php/1595-e98d850b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad