キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

眼鏡学校シリーズ 講義について

キクチ眼鏡専門学校では、具体的にどんな講義をするのか、という話に入っていきたいと思います。

私は、専攻科(2年制)ですので、4年制コースの講義は細かく語る立場にありません。
ですから、専攻科の学生が履修した講義についてのみ、触れることにします。

1年目に履修した講義は、

幾何光学
眼光学Ⅰ
幾何光学実習
眼鏡フレーム学
眼鏡レンズ学
眼鏡調製学Ⅰ
眼鏡調製学Ⅰ実習
眼の解剖と生理
眼の解剖と生理実習
神経解剖学
神経解剖学実習
微生物・薬理学
視科学Ⅰ
視科学Ⅱ
視科学Ⅲ
コンタクトレンズ学
基礎両眼視学
視科学Ⅰ実習
視科学Ⅱ実習
視科学Ⅲ実習
コンタクトレンズ学実習
総合実習Ⅰ

2年目に履修した講義は、

視覚生理学Ⅰ
視覚生理学Ⅰ実習
視覚生理学Ⅱ
物理光学
物理光学実験
眼光学Ⅱ
臨床眼鏡学
眼鏡素材学
眼鏡調製学Ⅲ
眼鏡調製学Ⅲ実習
眼科学
視科学Ⅳ
視科学Ⅴ
総合実習Ⅱ
総合実習Ⅲ
基礎両眼視実習
各種ゼミ(各自選択)

といった感じでありました。
今は多少違っているかもしれませんが。


さて、講義のことを語るのはよいとしても、14~15年前のことなので、当時のノートを見返しつつ思い出すのが常套手段ではありますが・・・


入学式のあと、専攻生6人が、担任となる関先生に呼ばれて今後のことについて簡単に話をしてくださいました。
その話の中で「試験のときは、過去問が出回っているから、それを入手して勉強するように」といった内容がありました。

ところが、特に上級生とのつながりがあるわけでもなく、4年制コースの学生たちとも親しくなる機会があるわけでもなく、過去問の入手がなかなかしにくい状況でした。
幸い、社交性の高い学友が入手をしてくれたので、ことなきを得ましたが、講義や試験に関する事前の情報量が圧倒的に少なかったのは事実です。

来年入ってくる専攻生には、同じ目にあってほしくないなと思ったので、翌年、新しく入ってきた専攻生との顔合わせの場所を設けていただき、その場で昨年度の私の試験問題と答案のコピーをすべて渡しました。

こんな小冊子も作ったので一緒に渡しました。

1211036.jpg
1211031.jpg

各講義の私自身の感想や試験のポイントをまとめたものです。
巻末に、私たち6人の自己紹介コーナーも設けました。

ixy_20121030_17.jpg


翌年も、過去問を渡し、小冊子を作って渡しましたが、

1211037.jpg

13年後、再び役に立つ時が来ました。

これを読み返しながら、それぞれどんな講義だったのか、次回以降、簡単に触れていきたいと思います。




関連記事
  1. 2012/11/05(月) 23:35:00|
  2. 眼鏡専門学校のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://optkibebe.blog55.fc2.com/tb.php/1547-19e65875
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad