キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

展示会

今日から3日間、都内各地でメガネフレームの展示会があります。

メインとなるのが「IOFT」と称されるもので、多くの業界関係者のかたは、この展示会を軸に1年間の企画・生産や仕入れの計画を立てているのではないかと推察します。

私がこの展示会に初めて足を運んだのは、帰国2年後の2003年でした。

IOFTでは、展示会と併行して、業界関係者向けのいろいろな有料セミナーが企画されています。
販促に関することだったり、技術的なことであったり、3日間に10を超えるセミナーが用意されています。

そのうちの一コマを例年、関真司O.D.が受け持たれているのですが、この年は同時期に日本で初めて開催されるWCO(World Council of Optometry)の理事会に関する業務で多忙を極めるために、私が代役を務めることになりました。

当時32歳で、実務レベルでの実績がほとんどなかったため、アメリカで学んできたことを中心に、自分でできることを精一杯やらせてもらおうということで、お話ししました。

1210223.jpg
0301010013.jpg


とてもよい経験になったことは言うまでもありませんが、何よりもここで名前が挙がったことで、業界で活躍している諸先生がた、諸先輩がたとお会いする機会を得られやすくなりました。
また、妻と知り合ったきっかけ(間接的でしたが)も、このセミナーでした。
ここで講師を引き受けてなかったら、その後に妻と会う機会はあったとしても、大人の関係にはならなかったと思います。


2005年にも、APCO(The Asia Pacific Council of Optometry)の大会が日本初開催ということで多忙となる関O.D.の代役を務めることができました。
このときは、自分が応対した事例を交えながらのお話でした。

1210222.jpg
DSCF1419aa.jpg


その翌年は、関O.D.とは別枠での講義依頼をいただき、非常に光栄なことではありましたが、9月に私の結婚式が控えており、満足のいく準備が到底できそうにないので、お断りせざるを得ませんでした。

このような背景がありますために、IOFTというかIOFTセミナーには感慨深いものがあったりします。


さて、そんなIOFTですが、今年も主催者をはじめ、あちこちの問屋さん、メーカーさんから招待状をいただきました。

1210221.jpg

どのみち私しか行ける人がいないのだから、招待状は一通あれば十分なんですけどね。


が、今年の日程は月・火・水です。
定休日である木曜が含まれておりません。
3年前だか4年前だかも、やはり月・火・水で行けなかったのですが、今年も行けません。

IOFTに限らず、他の展示会も、定休日のお店が多い水曜は外しませんが、2日間開催としても火・水のパターンが圧倒的に多いです。
木曜は外さないでほしいなぁ、と思うのですがこればかりは仕方ありません。

大人の事情により、IOFTの開催される会場以外の場所で展示会を開催される業者さんも少なくないのですが、日程はIOFTに合わせるので、それにも行けません。


当店の場合は、取引のある業者さんのほとんどが定期的に店へ顔を出してくださいますので、新商品に関してはその時に見られますからよいのですけれど、展示会の醍醐味である、取引のない会社のフレームや製品を見たりいじったりすることができないのが口惜しいところです。


私の耳には入ってきませんが、もう来年の日程は決まっているはずです。
来年は、木曜を外さないでほしいのですが、どうなんでしょう?





関連記事
  1. 2012/10/22(月) 23:00:15|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://optkibebe.blog55.fc2.com/tb.php/1537-79642510
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad