キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

オリンピック総集編

週刊朝日増刊号の「ロンドンオリンピック総集編」を買ってきました。

ixy_20120819_01.jpg

読み物はほとんどなく、写真集みたいなものです。
日本の選手はメダルの有無や競技の注目度を問わず、全員に近いレベルで写真が載っています。
各競技・種目の、主に金メダリストの写真も載っていますし、巻末にはメダリストの一覧もありますから、記録誌としてはまずまずだと思います。

私は、これを1984年、ロサンゼルスオリンピックのときから買っています。
昔は「アサヒグラフ」の増刊号でした。

ixy_20120811_02.jpg

アテネまでは実家に置いてありますし、これまでも滅多に眼を通すことはなかったのですが、↑この写真を撮りに行ったとき、パラパラとめくりつつ、当時のことを思い出しました。


ロサンゼルスのときは中学2年でした。
夏休みの体育の宿題で、興味を持ったオリンピックに関する新聞記事をスクラップし、感想文を書くというのがありまして、私はカール・ルイス選手についてまとめました。
4種目で金メダルを取ったカール・ルイス選手ですが、最後の400mリレーのときはゴールに胸から飛び込む、記録にこだわるような走りをしていたことに触れ、仲間と一緒にメダルを取り記録を作るんだという彼の熱い思いを感じた、みたいなことを書きました。


ソウルのときは、高校3年生。
ベン・ジョンソンの筋肉はすごいなぁと思ったら、ドーピングに引っかかってしまったのが印象に残っています。


バルセロナのときは大学4年生。
ダイエーが内定者を対象にした宿泊研修を開催していたとき、怪我をしながら金メダルを取った柔道の古賀稔彦選手の試合をみんなで見ながら盛り上がったのを覚えています。
夜中に何気なくテレビをつけたら、女子100m平泳ぎの決勝をやっていて、岩崎恭子選手の金メダルシーンも見られました。


アトランタの時は、ダイエーで働いていたときでした。
朝、店に行ったら、支配人たちが日本対ブラジルのサッカーを見ながら「勝つんやないか?」と騒いでいたのは覚えていますが、連日仕事に追われていて、オリンピックどころではありませんでした。


シドニーのときは、アメリカにいましたので、総集編は友達に頼んで買ってもらいました。
日本選手の活躍はネットでチェックすることができたのですが、一番感激したのはは、中村真衣選手・田中雅美選手・源純夏選手の中大3人娘が400mメドレーリレーで銅メダルをとったことです。
金メダルを取ったのがアメリカで、テレビでも放映されましたので、録画しました。
まぁ、日本チームは画面の端っこに映る程度でしたが。
日刊スポーツのサイトで、紙面をPDFファイルとしてダウンロードできるようになっていて、しばらくパソコンモニターの壁紙にしていました。

これです。

競泳6


アテネのときは、当店で働き始めて2年目。
メダルラッシュの大会でしたが、柔道以外で7個の金メダルを取ったのは、すごいなと感じたものです。


北京のときは、結婚後丸2年のころ。

ixy_20120820_07.jpg

お盆の旅行中に車の中でオリンピックが見られるようにと、DVD&ワンセグのプレーヤーを買ったものの、電波の入らない地域ばかりを走っていたこともあり、ほとんどまったく役に立ちませんでした。


さて、気がつけば閉会してから2週間近く経ってしまったロンドンで、一番印象に残っているのは、柔道の松本薫選手の気合の入りかた。
ああいう気迫が何事にも必要ではないかと感じています。


とにもかくにも、4年に一度、その一瞬にピークを合わせていくスポーツ選手っていうのは、やっぱりすごいなと唸らざるを得ません。

リオデジャネイロでも、がんばれ ニッポン!!

関連記事
  1. 2012/08/22(水) 23:58:46|
  2. 書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://optkibebe.blog55.fc2.com/tb.php/1475-8ef22915
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad