キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

トライアルレンズ

身も蓋もないことを書きますが・・・

最終的な度数を決定する際に、通常はトライアルレンズを装用していただいて確認をします。
見えかたはどうか、違和感はないか、等々、実際に体感していただくわけです。

が、以前にも書きましたが、一般的なトライアルレンズの直径は38ミリで、一般的なメガネフレームよりは小さめです。
ですので、周辺部の見えかたに関しては、玉形サイズ55ミリのフレームにレンズを組み込んだ時の見えかたにはなりません。

また、トライアルレンズは、乱視が入っていたり、度数が強い場合などは、数枚のレンズを重ねて再現します。
一方、実際のメガネレンズは、1枚のレンズです。
当然、同じ見えかたにはなりません。
(違和感という観点から見れば、複数枚重ねるトライアルレンズよりはマシになることが多いのではと思います。)

さらに、一般的なトライアルレンズは単焦点であり、球面設計です。
なので、外面非球面・内面非球面・両面非球面といった、単焦点非球面レンズの見えかたは再現できません。

靴や服なら試着ができますし、車であれば試乗ができます。
実際の装用感・使用感のイメージは容易です。

ですが、上記の理由により、メガネレンズは実際の見えかたを確実に体感していただくことができない状況で販売をしないといけません。

まぁ、外面非球面レンズに関しては、球面レンズより薄くできるというアドバンテージがあるため、「薄さ」をたてに取れば、事前の体感はできなくても販売はできます。
ですが、内面・両面非球面レンズに関しては、セールストークに頼らざるを得ないことが多く、当店では強くお勧めすることはありません。

「商売下手」と言われたら否定はしませんが、当店の場合、内面・両面非球面レンズは、外面非球面よりお高くなりますので、違いを体感していただけないのに「周辺部の歪みが少ないですよ」「見やすいですよ」といった抽象的な説明でお勧めするのは、私自身が良い気分がしないのです。
もちろん、お客様ご自身が試してみたいとおっしゃるのであれば、そのご意思は尊重いたします。

同じ悩みが累進レンズにも出てきます。
昨今の上位累進レンズ(=高価)は、トライアルレンズそのものがありません。
お客様一人一人のデータ、例えば度数であったり、フレームの構造であったり、を踏まえて完全オーダーメードになるので、汎用的なトライアルレンズは作りようがない、という理屈です。

本来なら、お客様に体感していただいて「こりゃ、いいわ」となって初めて商談に入るものだと思うのですが、そのステップを踏むことはできません。

「よいものをお勧めしたい」という気持ちがある一方で、「事前に良さを感じていただけないのに、勧められるわけがないだろう」という気持ちもあるわけです。

これから先に出てくる累進レンズは、トライアルレンズがない、というパターンが多くなります。
「事前に体験ができないのなら」ということを突き詰めていくと、販売自体ができなくなってしまいます。

幸いにしてというか、ここにきてようやく、「累進レンズで手元が見やすくなる」という感覚が何となくわかってきた(加齢による調節力の低下を実感できるようになった)ので、これからは、もっといろいろなランクの累進レンズを試してみたいと思います。
今までは、手元の見やすさの違いを実感できなかったので、レンズごとの違いをうまく説明できませんでした。

お客様にじかに体感していただくことはできなくても、自身の体験をもとに、自分の言葉で説明ができれば、「自分が良いと感じたものをお勧めできる」ことになり、それは少なくとも「無責任なセールストーク」にはならないと思います。

無論、「自分が良いと感じたものが、すべてのかたにもよい」とはなりませんが、「あなたが良いと思うものをお勧めください」と言われたときに、裏付けができますからね。

少しづつトライしてみたいと思います。
その前に、フレームを新調したいのですが・・・






  1. 2017/09/29(金) 23:50:34|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日は健診

生活習慣病予防検診に来ました。

今回はオプションで3年ぶりの脳MRIと、お初の胸部ヘリカルCT、各種腫瘍マーカーを加えました。
費用はかかりますが、後悔することになるよりは、いいかなと。

バリウム飲んだので、下剤をいつ内服するか考え中です。
前回は、かなり早めに効いて外出中に難儀したので。



  1. 2017/09/28(木) 11:41:28|
  2. 健康
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

+24D

以前、+21Dのキャタラクトレンズをトマトグラッシーズに組み込んだ話をしました。
当店のレンズメーターの構造上、レンズに印展がうまく打てず、若干の改造をするなどして難儀したという内容でした。

初夏、そのメガネをお求めいただいたお客様のご紹介で、同じようにキャタラクトレンズをトマトグラッシーズに入れてほしいとのご相談をいただきました。
9月になったら新しい処方箋が出ますのでとおっしゃっておられ、度数は、その時の話だと+30Dくらいになりそうだとのことでした。

+21Dで難儀したわけですから、+30Dへの印点打ちが当店のレンズメーターでできるとも思えず、別の機器メーカーさんに事情を話して、その時が来たら、そのためだけにレンズメーターを貸していただくお願いをしました。
もちろん、「今のレンズメータが壊れたら、御社に乗り換える」という口約束もしましたが。

そんなこんなで、お客様ご来店。
度数は+24D。

予想通り、当店のレンズメーターでは、まともに印点が打てません。

ixy_20170927_009.jpg

光学中心だけでなく、両脇にも印をつけたいのに、つきません。

ixy_20170927_010.jpg

乱視なしなので、光学中心にさえ印点が付けばよさそうなものですが、やはり水平を取ってチャッキングしないと、上下△の発生するリスクが跳ね上がります。

ここで、お借りしていたレンズメーターが登場。

ixy_20170927_011.jpg

バッチリです。

ixy_20170927_012.jpg

チャッキングの際は、+21Dよりも、さらにわかりにくくなります。

ixy_20170927_013.jpg

サクションカップもレンズ面全体には付きません。
なので、撥水コートではなく、マルチコートで注文しました。

ixy_20170927_014.jpg

今回も、乱視なしなのでよいですが、C-2.00Dなんていうのを付加されたら、チャッキングの精度が落ちる以上、絶対軸ずれします。


無事完成です。

ixy_20170923_003.jpg

ixy_20170923_004.jpg

こちらのお客様(一歳)も、前回のお客様同様、テンプルを耳に掛けるのではなく、頭部にバンドを掛けて固定するタイプのフレームからの、お乗り換えでした。

喜んでいただけてよかったです。


ちなみに、当店のレンズメーターと、お借りしたレンズメーターとでは、測定度数にそれなりの違いが出ました。
どっちがどう、とは、ここでは書きませんが、まぁ思っていた通りでした。


ニデックさん(言っちゃった)、快く貸し出ししてくださって、ありがとうございました!!









  1. 2017/09/27(水) 23:54:00|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

情報サイト

クリニックの場所や診療時間をまとめた情報サイトがあります。
たとえば、「座間市 眼科」で検索すると、いろいろな情報サイトが出てくるわけです。

それで、そのサイトの情報を頼りに、当店2階の眼科に来られるかたが一定数いらっしゃるわけです。
今日も「日曜診療」って載っていたからということで来られたかたがおられたのですが、日曜診療していたのはかなり前までの話で、今は日曜・祝日は休診です。

同じように、日曜に来られたかたが過日もおられまして、これは訂正しておかないと、眼科さんが怒られてしまいかねないいうことで、どのサイトなのかを探しました。

で、とりあえず一つ見つけました。

1709242.jpg

1709241.jpg

早速修正依頼を出そうと思ったのですが、問い合わせ窓口がわかりません。
あちこちリンクをあけて、やっと見つけたので、一通り必要事項を入力して送信しましたら・・・

送信事項確認の画面が出てきて、「修正依頼については、こちらが窓口です」と、情報入手先の企業のリンクを表示してきました。
最初に教えてくれよ、という話です。

リンクに飛んで、同じように入力して送信しましたが、

・修正できるまで、数日~一か月程度かかる
・修正依頼者への修正完了連絡はしない

ということで、修正が済んだかどうか適宜確認をしないといけないようです。

クリニックの診療時間とか診療日というのは、下手をしたら命に関わる重要事項だと思うのですが、なんだかなぁと感じます。
きっと「情報を鵜呑みにせず、きちんとクリニックに電話をするなりして確認しないのが悪い」と開き直るのでしょうね。






  1. 2017/09/24(日) 23:58:26|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リニューアル作業でのミス?

昨日リニューアルした当店ホームページ。
今日も、引き続きメンテナンス作業をしていましたが、問題を発見しました。

現在、当店のホームページで「プリズムメガネ」についての解説をしているページのURLは、

http://www.megane-isshindo.jp/prism/prismRx.html

なのですが、

「プリズムメガネ」で検索をかけたときに上位表示されるURLが、

1709231.jpg

http://www.megane-isshindo.jp/prism/prismrx.html

↑これです。

「prismRx」と「prismrx」の違いです。
リニューアル作業の時に、「r」を大文字にしてしまったのかもしれません。
その前から大文字だった気もする、つまり何かのはずみで両方のファイルがアップされていた気もするのですが、今となってはわかりません。

サーバーでは大文字と小文字を違うものとして認識してしまうらしいのですが、パソコン上では大文字と小文字は同じものとして認識してしまうようで、「prismRx」のファイルと同じものを「prismrx」で保存しようとしても、上書き扱いになり、うまくいきません。
「prismrx」のファイルをレスポンシブにできないということです。

モバイルフレンドリーでないページを残しておくのは不本意なので、最初、「prismrx」のファイルをサーバーから削除したのですが、そうしますと当然、この検索画面から飛んで来ようとすると「リンク先が存在しない」というエラーになります。
それはまずいです。

私の危機管理術が幸いし、消してしまったファイルを何とか再アップはできたのですが、モバイルフレンドリーでない旧ページのままです。
まぁ、やむを得ないでしょう。

なので、何とか「prismRx」のページが上位表示されるように、あれこれ策を弄しています。
例えば、今日の記事は、このブログから「prismRx」へのリンクをつけるための姑息な手段です。

徒労に終わる気もしますが。





  1. 2017/09/23(土) 23:50:09|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホームページリニューアル

今月、ブログの更新がめっきり少ないですが、遊んでいたわけではなく、ホームページのリニューアル作業に傾注していて余裕がありませんでした。

何とか形がついたので、本日リニューアルしたページに差し替えました。

パソコンでの閲覧時には、これが

1709224.jpg

こうなったということです。

1709223.jpg


グーグルが「モバイルファーストインデックス」という、新しい検索ルールを構築したため、スマートフォン等のモバイル端末で閲覧しにくいサイトは検索順位が大きく下がる可能性が出てきます。
これは死活問題です。

当店のサイトはグーグル関連のタグを仕込んだりしていたため、グーグルで検索すると

1709222.jpg

昨年あたりから、「ページがモバイルフレンドリーではありません」と、頼んでもいないのに、モバイル端末では見にくいサイトだということをアピールしてくれるようになりました。

「早く改善しないと、いじめちゃうぞ」という無言の圧力におののきつつ、どうすりゃいいんだと、ずっーと悩んでいたわけです。
業者に頼めば100万円単位の費用が掛かりますし、自分で好きな時に書き換えができないのは致命傷です。


そんな折、新潟のメガネの朝日堂 来迎寺店さんが、「レスポンシブデザインテンプレートでモバイル対応のサイトにリニューアルしました」と教えてくださいました。

ただ、私はCSSやHTMLは、さっぱりわかりませんので、使いこなせるのだろうかと思っていたところ、ホームページビルダーで編集作業ができることがわかり、金沢のオプトパルさんが、このテンプレートでリニューアル作業を始めたと教えてくださいまして、私の希望するCSSの構築方法をご教授いただき、息子の同級生のお父様からもアドバイスをいただいたりして、何とか第一歩を踏み出したのが6月。

また、兵庫のカネコメガネさんには、wordpressをお勧めいただきましたが、当店のホームページの特性を考えると旧来のスタイルのほうが具合がよいと判断しました。
アドバイスありがとうございました。

7月・8月は補聴器の勉強やら講義の準備やらで時間が取れず、9月に入って「今月中に仕上げる」という決意のもと、コツコツ仕上げたのでございました。
数えていませんが、HTMLファイルが150くらいはありますし、変な操作をしておかしくなってしまったりして、結構な時間がかかってしまったのです。

基本的に旧サイトのコピペですので、内容的には変化はありませんが、

1709221.jpg

「モバイルフレンドリーである」と、グーグルに認めてもらえたようなので、ここ2年ほど悩み続けていた案件が片付きました。


前述の「モバイルフレンドリーではありません」の表示がちゃんと消えるかわかりませんし、検索結果にどんな影響が出てくるかも未知数ですが、少しづつ手直しを加えて行きたいと思います。
数年後、この形式では具合が悪いということで、新たなリニューアルが必要になるかもしれませんが・・・


今回のリニューアル作業、私ひとりでは、どうにもなりませんでした。
アドバイスをくださった皆様、どうもありがとうございました。

メガネの一心堂ホームページ







  1. 2017/09/22(金) 22:20:00|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

11回目

今日は結婚記念日ですが、お彼岸なので、お墓参りに来ています。

息子は学校ですので、妻は置いてきました。

何か、手土産を買って帰ります。

交通安全運動で、「ぐんまちゃん」のストラップをもらいました。

20170921143050f28.jpg


  1. 2017/09/21(木) 14:33:31|
  2. 記念日・○○の日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vivid Vision


斜視・弱視のビジョントレーニングをバーチャルリアリティーの環境下で行なえる「Vivid Vision」という器械がアメリカで開発されています。

IMG_0368.jpg

実際にアメリカで、この器械を使ってのトレーニングをされた当店のお客様からのご紹介で、今日は、Vivid Vision社のCEOとセールスさん、近日開設されるアジア法人の代表のかたがお見えになり、実機を体験させていただきました。

ヘッドマウントディスプレイとパソコンをつなぎます。

ixy_20170918_005.jpg

ixy_20170918_008.jpg
ixy_20170918_044.jpg

プログラムによって、コントローラーが変わります。

ixy_20170918_012.jpg

ixy_20170918_027.jpg

立体的に見えるシャボン玉をつついたり、こちらに飛んでくるボールを籠に入れたり、木にぶら下がっている果物をつかみ取ったり、といった、さまざまなメニューがあります。

トレーナーはパソコン画面を見ながら、出来栄えをチェックしたり、難易度を変化させたりすることができます。

ixy_20170918_029.jpg
ixy_20170918_013.jpg
ixy_20170918_023.jpg

元々は、斜視・弱視のトレーニングを念頭に置いたものではありますが、スポーツビジョントレーニングにも応用が可能です。
一点を凝視した状態で、周辺に点灯するライトをつつく、といった周辺視トレーニングなどのメニューも組み込まれています。

私がアメリカにいたころは、アナグリフの手法を使ってパソコン画面を見ながらできる両眼視トレーニングがありましたが、それをさらに発展させているわけです。

ちょうど息子が来たので、体験させてもらいました。

ixy_20170918_051.jpg

ixy_20170918_047.jpg

ixy_20170918_039.jpg

ixy_20170918_056.jpg

そりゃ、子供は楽しんでやりますわな。


実際に体験させていただいた上で、感じたことを率直にお話しさせていただきました。
私は、純粋なユーザーとしての目線というよりも、トレーナー目線で見てしまう、すなわち、どういうふうにメニューを組み立てていくか、どういうケースに有効か、など、「自分なら、どう使うか」という観点になってしまうので、お三方が求められているはずの感想というかコメント、「そういう意見が聞きたかったんですよ」というのは、できなかったと思います。
その点は、申し訳なかったです。

日本国内では、まだ販売されておらず、これからプロモーションを強化させていくそうなので、いろいろなメディアで紹介されることもあるかと思います。

アメリカでは、ユーザーが個人で購入できるものではなく、ドクターの指示の下で処方というか取り組まれるものであり、同じ方法にて日本で普及させていこうとしたら、クリアすべき課題も多いですが、大いなる可能性を秘めたシステムだと感じました。






  1. 2017/09/18(月) 23:53:41|
  2. ビジョントレーニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

恥ずかしいミス

相模原市役所に送った郵便が戻ってきてしまいました。

ixy_20170912_001.jpg

原因は、これです。

IMG_0307.jpg

切手と収入印紙は別の箱で管理しているのですが、同じ引き出しに入れているので、慌てて処理して間違えたのだと思います。

1709121.jpg

そうですね、切手と収入印紙は別物ですよね。
ご丁寧に教えていただいて、ありがとうございました。



  1. 2017/09/13(水) 23:50:48|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明日の予定

明日13日、店長は午前中不在です。

また、19時ごろには閉店の予定です。

ご迷惑をおかけしますが、ご了承くださいませ。


  1. 2017/09/12(火) 20:11:24|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水中を歩く

二学期の水泳教室が始まりましたので、私は水中ウォーキングです。

25mプールの単調な往復の繰り返しに、とっくに飽きてしまっていますが、最近全然歩けていないので、黙って歩きます。

  1. 2017/09/07(木) 15:53:52|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明日の予定

明日6日(水)、午前中は店長不在です。
早くに戻れるかもしれませんが、時間が読めないので、午前中は不在というご理解でお願いします。

検査をはじめ、たいていの用件は妻が対応できますが、お待たせしてしてしまうこともありますので、ご容赦ください。


  1. 2017/09/05(火) 20:27:49|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オリンピックセンター

昨日、小田急線の参宮橋駅を下車して向かった研修会場は、

ixy_20170831_001.jpg

国立オリンピック記念青少年総合センター。

ixy_20170831_002.jpg

「オリンピックセンター」と称される施設です。
東京オリンピックの選手村を転用して作られた施設で、20世紀末に建て替えられました。

私とオリンピックセンターとの出会いは大学2年の5月。
所属していた大学のサークル「速記研究会」が出場する「全日本大学速記競技大会」の選手として、1泊2日の強化合宿に参加した、その会場が、ここでした。
もちろん、まだ古い建物の時でしたが。
初日の練習を終えた後は脳が疲れてしまって、お風呂に入った後、早々に寝てしまったのを覚えています。

毎回、強化合宿はここを舞台に行なわれていて、早稲田は1週間くらい合宿していましたので、出稽古に出向いたこともありました。
中大の多摩キャンパスからは結構離れていますので、同じように1週間の合宿というのは、なかなか厳しいものがあり実現できませんでしたが、 個人的には毎回楽しみにしていた合宿でした。
4年生になったときから建て替え工事が始まって使えなくなってしまい、合宿会場は八王子の青年の家になりましたが、オリンピックセンターのほうが合宿の雰囲気はあったように感じます。


その後、2002年に、スペシャルオリンピックスのビジョンスクリーニングチームの一員として、オリンピックセンターに来たときは、すでに現在の形になっていました。
もう、学生時代のころの面影は全くありません。

ixy_20170831_003.jpg

ixy_20170831_007.jpg

ixy_20170831_008.jpg

ixy_20170831_010.jpg

研修は滞りなく終了。

ixy_20170831_009.jpg

最前列に座ったので、スライドを見るのに首が疲れました。


せっかく都内へ来たので、10kmくらい歩きたかったのですが、息子の夏休み最後の木曜日ということもあり、新宿駅まで2kmほど歩いて帰ることにしました。

ixy_20170831_011.jpg

東京乗馬倶楽部。
向こうに見えるのがドコモの代々木ビル。

ixy_20170831_012.jpg

南新宿を通り過ぎると、代々木ゼミナール。
高校の時に模試を受けに何度か来ましたが、そのときと同じ建物かは記憶がありません。

ixy_20170831_014.jpg

目の前が代々木駅です。

ixy_20170831_015.jpg

小田急線の踏切を越えて、

ixy_20170831_016.jpg

あっという間に新宿南口。

ixy_20170831_017.jpg

MSEに乗って帰ってきました。

ixy_20170831_018.jpg

来年の研修、コンタクトレンズ協会が木曜を外してきたら、またオリンピックセンターに来ることになるかもしれません。
その時は、食堂にでも行ってみようと思います。







  1. 2017/09/01(金) 23:55:42|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad