キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

遠近累進レンズでのデスクトップパソコン

眼鏡店のスタッフなら当たり前にわかっていることでも、一般のかたには知られていないこと、たくさんあります。

「手元が見にくくなり、パソコン作業もしんどいので、遠近両用にしたけれど、とても眼が疲れる」といったご相談を受けること、結構あります。

この場合の遠近両用というのは、境目のない累進レンズとお考えください。

で、こういうお客様に「お使いのパソコンは、ノートタイプですか?デスクトップですか?」と尋ねると、「デスクトップ」もしくは「両方」と答えられることが多いです。

通常の遠近両用累進レンズ(以下、遠近累進)は、正面視時に遠くのもの(数メートル以上先のもの)が見える度数が見えるような設定にしています。

enken.jpg

近くのもの(書籍等)を見るときには、レンズ下部に設定されている近用度数を通して見る必要がありますので、下眼遣いになります。

sitame.jpg

デスクトップパソコンの場合、ほぼ正面にモニターが来るケースが多いのではと思います。
そうしますと、遠近累進でモニターを見ようとすると、近用度数領域に視線を通すために、こうなります。

pcruisin_20170411204059742.jpg

首が疲れます。

普通に遠くを見るような感じでモニターを見ると、

enken.jpg

首は楽ですが、数メートル先を見るための度数でモニターを見ることになりますので、遠近累進の用を成さず、眼が疲れます。


結果として、遠近累進ではデスクトップでの作業がしんどいということになります。

こうした問題を解決するため、正面視時に近見可能な度数を配分した「中近」「近々」などといったレンズが用意されています。

私は、「デスクトップモニター以遠は見えなくてよい。モニターと手元をしっかり見たい」という場合には、「モニターの距離に遠用度数を合わせた、累進帯長の短い、遠近累進」をおすすめすることがあります。
加入度が少なくて済むので、「中近」「近々」よりも反応が良好なことが少なくないです。
イレギュラーなやりかたでしょうが、「これが見やすい」と言われれば、それはアリでしょう。

建築系のかたで、モニターがかなり大きい場合に、バイフォーカルレンズでうまくいったときもあります。


使われるかたの環境・クセなどで、着地点は異なりますので、いろいろなパターンを試してみることが大切だと思います。



  1. 2017/04/11(火) 23:41:08|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad