キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

良いお年をお迎えください

本年の営業が無事に終了いたしました。

支えていただきました皆様に、感謝申し上げます。

新しい年も、皆様のご期待を裏切らぬよう務めますので、変わらぬご愛顧をよろしくお願い申し上げます。

新年は6日9時より営業いたします。


ixy_20161231_09.jpg



  1. 2016/12/31(土) 23:37:49|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3日後

私の生きている間に、中央大学の出場しない箱根駅伝が開催されるとは思ってもいませんでしたが、3日後に迫ってまいりました。
が、どうにもこうにも、例年のような高揚感が湧いてまいりません・・・


ところで、今秋、幾つかの箱根本を買いました。

箱根駅伝観戦初心者には、それなりに役立つ豆知識が載っています。
ixy_20161227_10.jpg

中大の記事が載っていたので買いました。
ixy_20161227_06.jpg
ixy_20161227_07.jpg

中大が出ないという悔しさを忘れないために買いました。
ixy_20161227_05.jpg

最新データが載っているかと思い、いつもの癖で買ってみました。
ixy_20161227_02.jpg
ixy_20161227_03.jpg
1612301.jpg

毎年入手している、公式プログラム。
ixy_20161228_11.jpg

去年買った本の著者による
ixy_20161227_08.jpg

新刊も買ってみました。
ixy_20161227_09.jpg

中大の凋落ぶりについて、前作よりもページを割かれていますが、前作の文章をそっくり引用している箇所があるのはいただけませんね。
話題になっているから触れているだけで、前作同様、中大は著者の眼中にはないような感じを受けました。
現状では仕方ないですが。

今年は「連続出場途切れる」ということで、いろいろな媒体でネタにしてもらえていますが、来年の予選会もコケてしまうと、本当に忘れ去られてしまいそうです。


まぁ、とやかく言いつつも、箱根には行くんですがね。

学生連合として出場する堀尾選手は2区のエントリーなので、直接応援はできませんが、監督車に乗るはずの藤原監督を5区で熱く応援してきたいと思います。

いつもの「赤い男」ではなく、

1601031a.jpg

「白い男」で参戦です。
ベンチコート、袋から出して準備完了。

1612301_20161230210214138.jpg

といっても、ベンチコートを脱げば「赤い男」なので、正確には「白赤の男」ですね。

今回は、白い中大帽子を装着しますが、

ixy_20161021_10.jpg

もう一品、この日のために、予選会終了後すぐにオーダーした特製ハチマキを締めて臨みます。

1612302.jpg

端っこでなく、中央部に文字を入れなかったのは、ちょっと恥ずかしかったからです。

「中央大学」と入れたタスキも掛けようかと、かなり悩んだのですが、そんなふうにタスキを使われるのは、自分が駅伝関係者だったらかなり嫌だと思うので、やめておきました。


今回は、中大の応援団はいませんし、校歌を歌うこともないので、どこで観戦してもいいのですが、往路5区については、人の少ないところで見られればなと考えています。
国道1号線の最高地点のあたりを当初は予定していたのですが、妻子が同伴するようなので、どうなるかはわかりません。
元箱根の付近で済ませるかもしれません。

復路6区は、例年通り、函嶺洞門バイパス手前(湯本駅側)を予定しています。
この辺(もうちょい右寄りを狙います)

1601037.jpg

赤い中大タオルを振り回している白いのがいたら、私だと思ってください。


ということで、今回は学生連合チームを応援します。
藤原監督のデビュー戦を、良い順位で飾ってください。

頑張れ、学生連合!!

頑張れ、堀尾選手!!

頑張れ、藤原監督!!



中央の名よ 光あれ




  1. 2016/12/30(金) 22:30:30|
  2. 箱根駅伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おうちで簡単 ビジョントレーニング

日本視覚能力トレーニング協会代表理事を務める飯田覚士さんの著作です。

ixy_20161228_12.jpg

理論的な話は最小限度に抑え、様々なトレーニングメニューの紹介にページを割かれています。
12週間分のメニューと、グループトレーニングのメニューとが、豊富な写真でわかりやすく解説されていますので、全くの初心者さんにも取り組みやすいと思います。

一読されれば、「ビジョン」トレーニング、といいつつも、体を動かす「粗大運動」にウェイトを置かれているのがわかります。
その理由は、当ブログでも再三にわたり述べてきました。


これまでご紹介してきたビジョントレーニングの指南書同様、おすすめの一冊です。





  1. 2016/12/29(木) 23:50:36|
  2. ビジョントレーニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

年末年始の営業

おととしは、この時期に、ある問屋さんから年賀状が届きました。

今年は近隣の飲食店から年賀状が届きました。

ixy_20161221_03.jpg

と思ったら、

1612251.jpg

年賀ハガキを使用して、年末にまいたDMでした。

というわけで、暮れも押し迫ってまいりましたが、当店の営業スケジュールは

ixy_20161227_01.jpg

ご覧の通りです。

当店は、レンズ在庫がありませんので、明日・明後日にご注文をいただいた分のお渡しは、7日以降になりますので、ご了承ください。

なお31日は、シャッターは開けていますが、掃除をしています。
通常の業務を行なうことは想定しておりませんので、その点を踏まえていただき、急を要するかたは、お早めにご来店ください。
夕刻にはシャッターを閉めて加工作業に入ります。

以上、宜しくお願い致します。






  1. 2016/12/28(水) 23:53:21|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

72の壁

先月、体重が減ったというネタをアップしました。

MAXから10kg近く減らして、これくらいになったわけですが、

20161128232914239.jpg

ここから先が減りません。

あれから1ヶ月経ちましたが、帰宅直後でこれです。

20161227223628dd2.jpg

食事を摂れば、こうなります。

201612272236308bc.jpg

常時72kgを下回ることは、ここ20年ありません。
骨格がそれを許してくれないのか、ここに大きな壁があるのです。

これ以上落とすのは、毎日運動しないと無理な気がします。


  1. 2016/12/27(火) 23:50:12|
  2. 健康
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

不自由がない

昨日、メガネの替え時として「不自由を感じたら」、という話をしました。

これについて、少し補足しておきます。

「不自由がない」のであれば、「度の合っていないメガネ」を掛けつづけても問題はないのか、という疑問が出てくると思います。
無論、度が合っているほうが、視機能の保護の観点からは好ましいとは思います。

ですが、こんなケースはどうでしょう。

6~7年前にあつらえた近用鏡をご使用のお客様がいたとします。
特に不自由はないけれど、だいぶ年数も経っているし、もし度が変わっているのなら買い替えてもいいかな、ということで検査をしました。

現在眼鏡度数
右 S+2.50
左 S+3.50

読書距離を考慮した推奨度数
右 S+3.75
左 S+4.00

となったとします。

当然、近くの文字の見やすさは実感できますので、これで新調したとしたらどうなるか。
もちろん、これでうまくおさまれば、それに越したことはないのですが、現在眼鏡で不自由がない理由を考えていくと・・・

納品数日後、「近くは見えるけれど、テレビが全く見えない」という訴えがくる可能性がゼロではありません。

このかたは、ここしばらくは右眼で多少離れたところが見えていて、左眼で近くのものを見ていたわけです。
それが、左右のバランスを取ってしまったために、両眼とも近くの文字が見えるようになってしまい、今まで右眼で見えていたものがボケてしまうということです。

両眼視の観点から言えば、両眼のバランスを取ったほうがいいとは思います。
ですが、これまで不自由を感じていなかった人に、そんな理屈は通りません。
これまで見えていたものが見えないのですから。

そもそも、度数を決める段階(装用テスト)で、こういう状況になることは想定できますが、近くの見やすさに意識がいってしまうと、ふだんの生活シーンが抜けてしまうということはあるでしょう。
「実際に使ってみて気がついた」というパターンです。

仮に、装用テストの段階で気がつけば、遠近両用なり、中近両用なりをおすすめするという選択肢も出てきますが、「不自由がない」というかたには、かえって使いにくい場合もあると思います。

「不自由がない」=「主訴がない」状況では、おすすめしてもうまくいかない場合が少なくないということです。


一方、「不自由がない」と思っていても、適切な度数を装着することで「今まで気がつかなかった不自由さに気がついた」ということもあるとは思います。
たとえば、両眼視を考慮することで、立体感が得やすくなったとか、読書中に行を飛ばすことがなくなった、といったことはあり得ます。
あるいは、片眼の矯正視力が大きく低下していた、という気づきが得られることもあるかもしれません。
その場合、眼疾患の可能性は否定できないわけです。

自覚的な主訴はなかったけれど、検査をしていく上で「主訴の掘り起し」になった、といってもいいかと思います。


ですので、「不自由がない」からといって「度数をチェックする必要がない」と申し上げているのではないという点、誤解のないようにお願いします。
「不自由がないので新調しない」というのと、「度数が変わっていることはわかったけれど、特に不自由はないので、今回は新調しない」というのとでは、ちょっと意味合いが違うと思います。



  1. 2016/12/26(月) 23:50:20|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メガネの替えどき

「メガネの寿命は?」
「メガネは何年くらいで買い替えたらいいの?」
などというご質問を、たまにいただきます。

どんな時に、買い替えることが多いかと考えてみますと、

1、度が合わない、使い勝手が悪い
2、レンズのコートハゲやキズによる見にくさ
3、フレームのメッキハゲや変形・破損
4、フレームに飽きてきた

などといったことが挙げられるかと思います。


人によっては、レンズが傷だらけだったり、クリングス(鼻パッドの土台)が片方折れて無くなっていても、気にせず使っていることもありますし、10年以上使われているかたも少なくないでしょう。

価値観は人それぞれですが、私は「フレームに飽きてしまったというような、おしゃれ的な側面を除けば、不自由を感じるようになった時が替え時では」と伝えることが多いです。



全然関係ないですが、今日のネクタイはサンタ柄でした。

20161226001606935.jpg

  1. 2016/12/25(日) 23:56:14|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016 フクの日

年に一度、フクの来る日。

20161224230543a25.jpg

また来年も、3世代みんなでフクをつつけることを願っています。



  1. 2016/12/24(土) 23:55:02|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

THE WORLD'S HARDEST MAZE

パシフィック大学のVTルームに貼ってあった一枚のポスター。

3D puzzle

不覚にも、初めて目にしたとき、言わんとするところが分かりませんで、「3D pictureだ」と気がつくまで、しばらくの日数を要しました。

私はこの手の絵を見るのは得意芸の1つですが、この迷路をやるには、眼を動かすのと立体視を維持するのとを同時に行なわなければならず、確かに難しいです。

で、「このポスター、欲しいなぁ」と思いつつ、特に自分から探すこともせずに、15年過ぎました。

ようやく入手です。

ixy_20161223_09.jpg

パネルに入れて吊るそうと思ったものの、吊るすスペースが店内にありません。

入手早々、お蔵入りです。


  1. 2016/12/23(金) 23:03:31|
  2. ビジョントレーニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

インフルエンザ

例年、箱根駅伝を見据えて、早めにインフルエンザの予防接種を済ませておりますが、こういう状況なので

201612202207305e7.jpg

全く気持ちが盛り上がっておりません。

藤原監督と、学生連合チームの応援のために、箱根に行くことは行きますが、盛り上がろうというのがそもそも無理な話でありまして。

ということで、箱根のためというよりも、仕事に穴を開けないために、遅ればせながら予防接種に行ってきました。

ixy_20161219_08.jpg

息子の学校では、胃腸炎がはやっているようです。

年の瀬、皆さんもお体にはお気を付けください。


  1. 2016/12/20(火) 23:48:28|
  2. 健康
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

たまにはフレームの話題を

私が常用している「シュン・キワミ」の新作が入荷してきました。

とりいそぎ、紳士向けが3本。

1612191.jpg
1612192.jpg

こちらと、

1912196.jpg
1612195.jpg

こちらとは、

1612197.jpg
1612193.jpg

玉型が違うだけで、フレーム部分は同じです。
顔幅の広い私でも掛けられます。

私が現在使用しているのは、箱根駅伝5区で中大が途中棄権するより前から使っていますし、リピート生産の予定がないということなので、モデルとしての効果もなくなりましたから、こちらに乗り換えようかなと考え中です。

それを踏まえて仕入れた色は、当然「赤」です。

1612194.jpg

鮮烈な赤ではありませんので、「赤初心者」のかたにも、お勧めできる色合いです。



  1. 2016/12/19(月) 23:50:43|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シーズンシート

なぜだかわかりませんが、東京ドームのジャイアンツ戦シーズンシート特別プランのDМが届きました。

ixy_20161214_01.jpg

あらかじめ指定された試合のみのプランなので、年間契約のシートよりはお安いみたいです。

私は、後楽園球場に一回、東京ドームに二回、眼鏡関係の問屋さんが抑えていたシーズンシートの券をいただいて見に行ったことがありますが、自店で購入するのは・・・

残念ながら、遠慮しておきます。






  1. 2016/12/18(日) 23:52:08|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シン・アボロ

視覚認知トレーニングの王道として使われていた「シェイプ・バイ・シェイプ」



これが入手困難になったため、木製の「アボロ」が登場しました。

ixy_20140804_11.jpg

そして、「アボロ」もまた入手困難になり、登場したのが「シン・アボロ」

ixy_20161217_04.jpg

素材が硬質のスポンジに変わりました。
木枠は「富士ヒノキ」という良質素材を使っております。

アボロ同様、課題と解答が付いてきますが、

ixy_20161217_07.jpg
ixy_20161217_08.jpg

今回は、一部の解答が原寸大シートになっておりまして、

ixy_20161217_05.jpg

まず、見本の上に重ねて形をつくる、という難易度を下げたトレーニングがやりやすくなっております。

ixy_20161217_06.jpg





  1. 2016/12/17(土) 23:50:03|
  2. ビジョントレーニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のウォーキング

右脚の具合がよくなかったのと、ウォーキングどころではない事情もあったので、1ヶ月以上歩いていませんでした。
来週が年内最後の定休日で、歩く時間が作れないので、今日は軽めに歩いてきました。

歩き納めは、まず座間神社へ行き、

201612151818578f7.jpg

そこから町田方面へ、午後の予定を踏まえながら時間を考慮して歩きました。

来春の箱根駅伝観戦、往路は10キロくらい歩いて、人の少ないところでと考えたりもしているので、そのウォーミングアップも兼ねたのですが、4キロ過ぎから痛めた右脚が痛くなってきました。

靴が良くないのかなと思ったりもしたものの、これまで何の不具合もなかったので、原因はわかりません。
箱根に向けて、一抹の不安が。。。

サポートタイツが、やけにすんなり履けたので、体重減少に併せて、腿周りも少し細くなったのかもしれません。




  1. 2016/12/15(木) 20:19:13|
  2. ウォーキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

複式フレームにて

今年の初夏、ある眼科さんから「遠見と近見とでプリズム量の異なる処方のお客様に貴店をご紹介しましたので、よろしくお願いします」というご連絡をいただきました。

ご持参された処方箋を拝見しますと、遠用度数にはプリズムあり、近用度数にはプリズムなし、となっていました。

使用目的をおうかがいした結果、遠用鏡をひとまずお作りいただきました。
近見時は、今まで使っているプリズムなしの累進レンズ(度数は処方箋度数とは異なります)があるので、それを使うということでした。


で、このたび、この処方箋の遠用度数をベースにした累進レンズを試してみたいとのご要望をいただきました。

この場合の最大の問題点は、「遠用にプリズムあり、近用にプリズムなし」という点です。
遠用と近用とでプリズム量を変えることができる累進レンズを私は知りません。
(ご存知のかたがいらしたら、教えていただければ幸いです。)

今回のケースでは、遠用のプリズムに合わせれば、近用には不要なプリズムが付加されてしまうことになります。
かといって、近用に合わせてプリズムなしにすれば、遠見で複視が生じます。
そもそも、遠見の複視を解消するためのプリズム処方なので、プリズムを抜くわけにはいきません。

遠用と近用とでプリズム量が異なる場合、遠用単焦点と近用単焦点を上下半分にわけて組み込む「フランクリンタイプ」という手もありますが、「累進レンズ希望」という大前提があるので、それは候補になりません。

累進レンズの遠用部分にフレネルプリズムを貼るという手はアリですが、膜によって運転時の視力が少なからず低下するのは避けたいところです。

ということで、初回ご来店時にご紹介していた「複式跳ね上げフレーム」を使うことにしました。

1612131.jpg

跳ね上げる側に、度なしのプリズムを入れることで、遠見はプリズム入りの累進として

1612132.jpg

跳ね上げたときに、プリズムなしの累進として近見ができるように

1612134.jpg

ということです。

さて、上の画像を見ると、跳ね上げる側のレンズコバが、随分とリムより前にはみ出しています。
お世辞にも見た目が良いとは言えないかもしれませんが、リムより後ろにレンズがはみ出るような組み方をしてしまうと、
跳ね上げていないときに後ろの累進レンズに、コバが干渉してしまうことになります。

強度マイナスレンズでたまに見られる、「コバの斜めカット」は、正面視時の印象がイマイチなので、私は好きではありません。
お客様にその辺の事情を説明した上で、後ろのレンズに干渉しないような対処をしたということです。

1612135.jpg
1612133.jpg

ちなみに、プリズム量は、2△B.U.&4△B.O.と、2△B.D.&4△B.O.です。

レンズを4枚使っていますが、玉型サイズが40ミリと小さめですので、プラスチックレンズ使用での重量は、

1612141.jpg

まぁ、こんなものでしょう。


納品時のご感想としては、跳ね上げた瞬間にプリズムが無くなることによって生じる違和感のようなものがあるものの、しばらく使ってみますとのことでした。

実際のところ、プリズム付加でも短時間の近見は可能なご様子ですが、長時間の近見に耐え得るかどうかは、実際にいろいろなシーンで使ってみないと、判断はできないと思います。
そこら辺のことは、随時フォローできればと考えています。



  1. 2016/12/14(水) 23:51:11|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

公式プログラム

中大の出場しない箱根駅伝なんて想像もしませんでしたが、これが現実です。

来春も、箱根には行きますが、いつものような熱いものがありません。
だもんで、公式プログラムを注文するのを忘れていました。

今年の。

ixy_20151227_08.jpg

ゴール地点で買えばいいのですが、当日、どこでレースを見るかが、決まっているようで決まっていないので、買いそびれるリスクを考慮し、注文しました。

IMG_9548a.jpg

締め切りは現金書留で明日必着なので、この記事を見て、今から対応しても間に合いませんのでご注意のほど。





  1. 2016/12/13(火) 23:36:14|
  2. 箱根駅伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

贅沢いちご

体重が落ちてきたここしばらく、セブンイレブンさんにはコピーをするくらいしか足を運ばなくなっていたのですが、先ほど寄ってみましたら「大人なガリガリ君 贅沢いちご」が入荷していたので、一本だけ買ってみました。
高価ですから。

20161212233815dfc.jpg

20161212233819ba2.jpg

確かに濃厚なあじわいではありますが、わざわざガリガリ君として販売しなくても「赤城しぐれ」で十分かな、というのが、嘘偽らざる感想です。




  1. 2016/12/12(月) 23:48:04|
  2. ガリガリ君
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

丸8年

ご無沙汰いたしております。
2週間近く、更新をお休みしておりました。

どこか具合でも悪いのか、店は営業しているのかと、ご心配くださったかたもおられますが、私も店も通常通り何も変わりはございません。
更新を怠ったのは、ブログに向き合う時間が取れなかったからです。
どうもすみませんでしたm(__)m

ということで、12月1日投稿予定だったネタを。


おかげさまで、当ブログは、開設してから丸8年が経ちました。

去年の記事数

1512011.jpg

今年の記事数

1612112.jpg
1612111.jpg


今年は「ウォーキング」というカテゴリーが増えました。
1年間の記事337本のうち、業務に関連した真面目ネタは104本。
占有率は30.8%なので、ほぼ予定通りです。
8年間トータルでの真面目ネタの割合は、24.9%となりました。

一方で、更新をしなかった日が、延べ1ヶ月近くになりました。
毎日更新が当たり前だった頃と比べると恥ずかしい限りです。

今期は、記事の中に必ず画像を入れるというポリシーを捨てましたが、それでも予告なしに更新をお休みすることが多かったです。

今後も、ブログに向き合える時間が、従来より格段に減りますので、お休みする日が増えざるを得ないと思います。
今月、あと何回更新できるかもわかりません。

ブログのクオリティは下がりますが、そのぶん、店のクオリティは上げていきたいと考えておりますので、引き続き宜しくお願い申し上げます。


  1. 2016/12/11(日) 23:50:55|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad