キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

伝言ゲーム?

電話でこんな質問を受けたことがあります。

「眼のトレーニングで発達障害が治ると聞いたんですが、本当ですか?そんなの信じられないんですけど」

そうですよね、信じられないですよね。
信じられなくて当たり前です。

だって、だれもそんなこと言っていませんもの。
きっと、人づてに話が伝わっていく過程で、過大評価されてしまったのでしょう。

大きな誤解をされているかたがおられるのですが、ビジョントレーニングでは「発達障害そのものを治す」ことはできません。

発達障害を抱える人たちの中には「視覚」に関連する能力の弱さを持っていることが少なくありません。
ビジョントレーニングを通じて、その弱い部分を(少しでも)改善できることは珍しくないのですが、中には改善が難しいこともあります。
もし改善できたとしても、それは「発達障害が治った」わけではありません。

ですが、たとえ、その人の抱えている問題の1つでも2つでも、トレーニングを通じて改善ができるのであれば、そしてそれにより少しでも生活が・勉強がしやすくなるのであれば、それは立派なトレーニングの効果だと思います。

上記のお電話をくださったかたは「治らないのなら、やったって意味がない」みたいな感じの様子でしたが、私たちは決して意味がないとは思っておりません。

もっともっと、広く・正しく、ビジョントレーニングを伝えていかなければなりませんね。

あさっては、名古屋でビジョントレーニング研究会です。

おかげさまで定員に達することができました。
申し込みをされていないかたが当日いきなり来られても、ご参加いただけませんので、ご容赦ください。





  1. 2016/07/31(日) 23:25:39|
  2. ビジョントレーニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

82回目

おととい、永田町からクネクネと12km歩いてたどり着いた池袋。

目的は、もちろん、

ixy_20160728_29.jpg

献血。

東口からすぐ近くのビルです。
最近は、お洒落な佇まいのルームが多くなってきたように思います。

ixy_20160728_30.jpg
ixy_20160728_35.jpg

そのお洒落な空間に、低山ハイク帰りみたいな恰好のオッサンが現れたわけですが、入り口で出くわしたスタッフの女性が引いたのがわかりました。

まず、トイレでシャツを着替えてからと思ったものの、受付の人に「どうぞ~」と言われてしまいました。

カードを出したら、血圧を測るように言われたので、おとなしく従います。

が、ここまでスローペースながらも歩いてきたわけで、こんな結果になりました。

ixy_20160728_33.jpg

さすがに、最低血圧が100を超えるのは、いかがなものかと思ったので、リュックをロッカーにしまい、トイレでシャツを脱ぎ、制汗シートで体を拭いて、替えのシャツを着てから再測したら、マシな数値になりましたので、手続きを済ませます。

献血の前に大事なのは、脂っこい食事を避けることと、水分を十分に摂ること。
ここに来るまでに、1.5リットルは飲んでいますが、相当汗をかいているので、ジュースを2杯飲んで本番へ。

最近の献血ルーム、待合室はお菓子や雑誌・マンガなどが充実しているのですが、採血中の過ごしかたは、テレビを見るくらいしかなく、どこへ行っても大して変わり映えがしません。
DVDが見られるところもありますが、ここのルームはテレビのみ。
せめてベッドにマッサージ機能とか欲しいんですけど。

あいにくテレビは電波の入りが悪く、音声と映像が途切れがちで、一番まともに映ったのがNHK教育でした。
時間的に「おかあさんといっしょ」とか「はなかっぱ」とか「みぃつけた」とか、要はその手の幼児向け番組の時間で、まぁそれを見ていたわけですが、歩いた後に横になっているものですからだんだん眠くなってきてしまい、「クッションをニギニギしていないと、出が悪くなるので、寝ないでくださいね~」と言われる始末。

終わった後は、お一人様1個でレディボーデンが。

ixy_20160728_34.jpg

ガリガリ君との2択にできませんかね?

ここのルームの利用者は、休日にコーヒーを飲みながら雑誌を読んで過ごすようなイメージの若い女性が多かったです。
オッサンにとっては長居は無用の空間なので、早々に撤退。

帰りの道中、新宿駅南口を出て、はじめて「バスタ新宿」の建物を見ました。

ixy_20160728_36.jpg

年2回のペースでは、100回になるまで9年かかってしまいます。
本来なら、とっくに200回を超えていなければいけないはずなだけに、もう少し、何とかしたいのですが。

ixy_20160728_38.jpg

82回目、コンプリート。





  1. 2016/07/30(土) 23:47:58|
  2. 献血
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大学めぐり

昨日は、永田町で研修があったわけですが、終了後、ウォーキングに繰り出しました。

会場のトイレで、ウォーキングコスチュームに着替えるという、合コン前のOLみたいな小技を使い、出発。

ixy_20160728_05.jpg

今回は、高校時代の友人が通っていたり、私の思い出があったりする大学を巡りながら、池袋をゴールとするコースを組みました。

永田町という、日本の中枢ともいえる地域に、えらく場違いな恰好でいることに耐えがたいものがあり、さっさと歩きます。

まずは、妻の母校、大妻。

ixy_20160728_07.jpg
ixy_20160728_06.jpg

千鳥ヶ淵方面へ出て

ixy_20160728_08.jpg

代官町通り。

ixy_20160728_09.jpg

ここはジョギングしている人が多く、私も違和感なく歩けます。

ixy_20160728_12.jpg

白山通りに出て、学士会館の脇に、こんなモニュメントが。

ixy_20160728_14.jpg

向かいのブロックには共立女子。

ixy_20160728_16.jpg

その後、専修大の脇を通り、

ixy_20160728_17.jpg

子供の頃に通院していた、東京歯科大学病院のある三崎町界隈へ。

ここは日大の校舎が幅を利かせているエリアです。

法学部。

ixy_20160728_18.jpg

経済学部。

ixy_20160728_19.jpg

再び、白山通りを進んでいくわけですが、都心部は信号が多く、ストップ&ゴーの繰り返しで効率が悪いです。

立ち止まると、汗がダラーッと出てきます。
とても汗臭いのがわかりましたので、東京ドームシティに立ち寄り、トイレを済ませて、薬屋さんで制汗シートを買いました。

ixy_20160728_37.jpg

講道館の先を左折し、富坂を上がっていくと、春日局の像があり、

ixy_20160728_20.jpg

それを過ぎると、中大理工学部。

ixy_20160728_21.jpg
ixy_20160728_22.jpg

「ナイトハイク」以来です。

この後、しばらく首都高速五号線の下を歩いたのですが、ここまでで8kmほどにもかかわらず、ふくらはぎが痛くなってきました。
先週・先々週と、どちらも5~6km程度しか歩けていないツケがきたようです。

そんなこんなで、入試で玉砕した早稲田に。

ixy_20160728_23.jpg

シゲシゲと大隈講堂を眺めたのは、Z会の早大模試以来ですので、平成になって初めてということになります。

構内に入って、大隈公の銅像を撮ってこようかと思ったものの、中大タオルを首に巻いていたことと、どう見ても部外者なので、今回は遠慮して、先を急ぎます。

都電の早稲田駅を横目に、細い路地へ。

ixy_20160728_24.jpg

至る所に坂があるのですが、この先にあった「豊坂」は、

ixy_20160728_25.jpg

ふくらはぎの痛い私には、結構きつかったです。

豊坂を登りきると、日本女子大。

ixy_20160728_26.jpg

大学4年の12月、サークルの最後の全日本大会の会場でした。

写真を撮っているときに、お嬢様風の学生とすれ違い、その後、彼女のあとを追いかける形になったのですが、ストーカーと思われるのも不本意なので、急いで追い越しました。

そのまま目白通りを進んで行き、学習院。

ixy_20160728_27.jpg

大学2年の12月、サークルの全日本大会の会場でした。

26年前、この場所で、学習院を挑発していた私。

1607291_20160730001937e8b.jpg

ということで、池袋に到着。

ixy_20160728_28.jpg

今回の行程は12kmでした。

ixy_20160728_39.jpg

写真を撮ったりするし、所要2時間半の予定でいたのですが、ことのほか信号につかまり、足も痛かったことからペースが上がらず、結局3時間かかりました。
時速4kmは、ちょっと遅すぎます。

都心部を歩くのは、「ぶらり散歩に」はいいですが、ウォーキングには向かないですね。


ところで、なぜ池袋なのか。
私は何のために池袋に来たのか。

毎年、研修のあとの恒例なので、コアな読者は、お分かりかと思います。

それについては、また後日。

ちなみに、私は今話題のゲームには興味がないので、これだけ歩きましたが、一匹も捕まえておりません。






  1. 2016/07/29(金) 23:55:12|
  2. ウォーキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

これから研修

毎年恒例のものです。

もう一年経ったのかという思うがします。



会場の砂防会館、取り壊すと聞いた気がします。
来年は、別会場でしょうか?



  1. 2016/07/28(木) 09:57:44|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メガネで何とか・・・

当店はメガネ店です。
メガネを売らないことには、やっていけません。

ですが、中には、お売りすることを躊躇してしまうようなケースもあります。

たとえば、

・今のメガネが見えにくい

・眼科で白内障の手術を勧められている

・手術はしたくない

・メガネで何とか見えるようにしてほしい

というようなお申し出。

このような場合、眼前に当てたレンズ度数にかかわらず、視力の変化が得られない、ということが少なくありません。
つまり、現在使っているメガネの度数から変えたところで、数値的(視力的)には効果がないということです。

だから手術を勧められているのだけれど、ご本人はやりたくない、と。

八方ふさがりの状況ですが、ちょっと度数を変えることで視力は同じだけれど、「見やすい(ような気がする)」とおっしゃられることがあります。
「ちょっと明るく見える」「ちょっと濃く見える」とか、そのレベルの変化でも、今より少しはマシになるから、この度で新しくメガネを作りたい(レンズを交換したい)、という流れになるわけです。

たとえ「気のせい」であったとしても、お客様の「見えかた」は、私にはわかりませんので、お客様の反応を信用するしかありません。
それでお客様がご満足していただけるのなら、喜んでお受けすればいいのですが・・・

過去に一度、上記のような背景でお作りしたメガネの納品後に、ご家族から物言いがついたことがありました。

「メガネを変えたのに、ちっとも見えるようになっていない」
とのことです。

こちらとしては、「視力的な変化はない」ということを説明したうえで、お客様のご要望に従ってお作りしたので、その辺の事情はご説明しましたが、後味の悪さが残りました。

「買う気満々で来たのに、売ってもらえなかった」と言われたこともあるくらい、当店では「無理におすすめ」することはしていません。
その辺のスタンスは、お含みおきいただければ幸いです。



  1. 2016/07/26(火) 23:43:34|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レンズメーター間での誤差

過日、レンズメーカーから送られてくるレンズの度数には、規格範囲内の誤差があることが多いというネタをアップしました。

こういう度数でオーダーしても、

1607251.jpg

こんな度数で届くことがあるわけです。

1607255.jpg

この度数は、レンズメーターの測定精度を「0.01D」刻みにしたときの数値です。

これを「0.25D」刻みで表示すると、こうなります。

1607254.jpg

これなら、オーダーした度数と同じですから、当店では「誤差があるけれど、OK」としています。

ですが、もし、「0.01D」強い度数だとすると、

1607252.jpg

「0.25D」刻みの表示では、

1607253.jpg

一段階強い度数になるので、この場合は「アウト」です。
原則として、メーカーに再作を依頼することになります。

が、ここで、ひとつ疑問が湧いてきます。

レンズメーカーは、出荷の際に、当然、度数の検品をしています。
そのときに、なぜ引っかからなかったのか、ということです。

これが、先日の記事の中で、「レンズメーカーに、誤差ゼロで仕上げてほしい、という注文を出しても、それは難しい」と述べ他ことに関連してきます。

その理由として、「測定環境によって生じる誤差」が挙げられます。

たとえば、同じレンズでも、測定するレンズメーターによって誤差が生じることはあり得るのです。

すなわち、メーカーの検品値と、当店の測定値とで誤差があったとして、検品時のデータ通りならOKでも、当店測定値ではアウトになってしまうケースがあるということです。


以前、当店のレンズメーターがおかしいのかと思い、実験をしたことがありました。

注文度数 S-7.50 C-0.50 のレンズですが、当店レンズメーターでは(球面値のみに着目)、-7.63Dなので、0.25D刻みの表示だと、S-7.75Dで「アウト」となります。
メーカーの検品値は、S-7.60Dくらいだったと思います。

これを、当店レンズメーターのメーカーに送って測ってもらったところ、当店のレンズメーターと同じS-7.63Dが出たとのことでした。

次に、別のレンズメーターのメーカーに送り、もう少し踏み込んで調べてもらいました。

レンズメーターで、度数を測定するために使用されるLEDには、赤系の光源と、緑系の光源があります。
この光源の色によって、微妙な誤差が生じることがあります。

当店のレンズメーターは緑系の光源です。

先方でも、緑系光源のメーターで測ってみると、

egreen.jpg

となりました。
当店の測定値と同じです。

赤系光源のメーターで測ってみると、

ered.jpg

0.01D弱めに出ました。
(この度数なら、「OK」なわけです。)

もう一つ、別の方法で調べてみます。

20世紀末に、レンズメーターやその他の光学機器の基準波長が、e線に統一されました。
それまで、レンズメーターは、e線とd線の2つの基準波長があったのです。
難しいことは置いておいて、

赤系光源のe線で測ったのが先ほどの、こちら。

ered.jpg

これを、赤系光源のd線で測ると、

dred.jpg

0.06D弱めになります。
(補足、アッベ数はe線・d線および、緑系光源ともに、32に設定して測定しています)


ですから、レンズメーターの基準波長や、光源の色が異なれば、それだけで誤差が生じるということです。

仮に、全く同じ仕様であっても、機械物である以上、正直、誤差はあると思います。

また、経験上、室内の明るさというか、光の反射の仕方(レンズメーター測定部への光の侵入程度)も、影響を与えることがあるようです。

私自身は、誤差が生じることは、当たり前だと思っています。
問題なのは、その誤差が、たとえ0.01Dであっても、0.25D刻みで表示させると、1段階違ってしまうケースがあるということ。

これについてのエピソードは、また後日。








  1. 2016/07/25(月) 23:45:01|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地方紙

眼鏡業界の場合、福井県からの荷物のやり取りがどうしても多くなります。

先日の荷物の隙間に入っていた新聞。

ixy_20160723_06.jpg

甲子園の予選が開幕するにあたっての、各校球児名簿が載っていました。

ixy_20160723_07.jpg

ほとんどの学校は「有志一同」みたいな囲みがあるのですが、中には企業名のものもあります。

ixy_20160723_08.jpg

当然、広告料を払って掲載しているのだと思いますが、スポンサーがどこであれ、新聞社にしてみれば、確実に広告収入が得られるわけですね。


代表校が、少しづつ決まってきました。

福井はどこになるのでしょうか?
明日が準決勝のようですね。

神奈川は、5回戦に入ります。



  1. 2016/07/24(日) 23:45:18|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お祭り

今日は、相武台神社のお祭りでした。
例によって、妻子が顔を出してきました。

以前は、かなりの確率で雨が降っていましたが、最近は降らないほうが多いです。

演芸大会があったり、

ixy_20160723_22.jpg

屋台が出たり、

ixy_20160723_30.jpg

まぁ、いつも通りです。


昔は、道路にもテキヤが連なっていて、いろいろなお店があったものですが、もう相武台で、そういうお祭りはなくなりました。


こういう、地域のお祭りの運営というのは、地域の人たちからのご寄付によるところも大きいのでありまして、もちろん当店もささやかながら、花かけしております。

ixy_20160723_34.jpg




  1. 2016/07/23(土) 23:30:59|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レンズ度数の誤差

メガネレンズの度数は「ジオプトリー(D)」という単位で表すことは何度も述べています。
そして、通常、度数を測定する際や、レンズを注文する際は、「0.25D」刻みで増減させることも述べています。

つまり、正視の度数は「0.00D」。
一段階の近視であれば、S-0.25D
二段階の遠視であれば、S+050D
ということです。

では、たとえば、「S-7.05D」といった度数は、あり得ないのか、というとそんなことはありません。
この辺の話は、以前中間度数というネタで触れていますが、仮に「S-1.00D」で注文したとして、納品される度数が真に「S-1.00D」であるとは限りません。

JIS規格で許容されている誤差の範囲であれば、出荷されてきます。

この度数で注文しても、

1607222.jpg

納品されてくるのは、

1607221.jpg

だったりしますし、

この度数で注文しても

1607229.jpg

こんな度数で

1607228.jpg

納品されてきたりします。

上図は、レンズメーターの測定単位を「0.01D」刻みにした場合の表示ですが、いずれも「誤差の範囲」であり、レンズメーターの測定単位を「0.25D」刻みにすれば、注文した度数で表示されます。

当店では、この程度の誤差(つまり当店のレンズメーターで、「0.25D」刻みで測定した時に、注文した度数で表示されるのであれば)については許容しています。
というか、許容せざるを得ません。

逆に、「誤差ゼロで仕上げてほしい」とメーカーに注文を付けても、それは非常に難しいです。
(これについては、別の機会に触れることにします)

とはいうものの、問題点もあります。

たとえば、左右共に

S-4.00D

のメガネを掛けている人の度数が厳密には、

R: S-4.11D
L: S-3.89D

だったとします。

この人が、「同じ度数で」別のメガネを注文した時、

R: S-3.88D
L: S-4.10D

こういう誤差のレンズをこの組み合わせで作製し、お客様が微妙な誤差を感じ取れる人であると、「前のメガネに比べて右眼が見えにくい」「何かおかしい」と言われてしまう可能性がゼロではないということです。
(左右が逆であれば、よかったわけです)

ですから、特に他店購入のメガネと「同じ度数で」と言われて作る場合は、このあたりも注意しておかないと、「同じ度数なのに、前の店のほうが見やすい」と判断される憂き目に遭うリスクが上がります。
まぁ、極めて稀なこととは思いますが。


また、乱視なしのレンズを注文しても、

1607223.jpg

「誤差の範囲」で乱視が入ることは珍しくありません。

1907223.jpg

ですので、完全矯正値がわかっていて、乱視があるのに何らかの理由があって乱視抜きで調製する場合には、完全矯正値の乱視軸に合わせて加工するのが安全なわけです。

ですが、このようにハーフ染色のレンズで、

1607226.jpg

乱視軸を合わせると、こんな風になってしまうのなら、

1607227.jpg

それでは納品できませんから、見た目を優先した加工をするしかないでしょう。


念のため、申し添えますが、前述のように、この誤差は規格として「認められているもの」であり、実用上も、普通は問題にならないものです。
ここでは、あえて、非常に細かい話をしているだけのことです。


そうすると、「度数を検査するためのレンズにも誤差があるのではないか」という話になりますが、

1607225.jpg

テストレンズの精度はかなり高いので、

1607224.jpg

その点はご安心ください。




  1. 2016/07/22(金) 23:35:43|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のウォーキング

午前中、病院で定期検査。
午後は小学校へ行ったり、諸々あるので、病院のあとに5km歩く段取りにしました。

ウォーキングコスチュームに着替えて、自宅を出たら雨でした。

カッパを持っていないので、傘をさして歩くことにします。

20160721114910319.jpeg


コース途中のホームセンターで買った木材のおかげで、両手がふさがって歩きにくいです。


  1. 2016/07/21(木) 11:55:18|
  2. ウォーキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

通知表

今日が終業式の学校、結構あるみたいですね。

終業式といえば通知表。

IMG_9418a.jpg

私は毎回毎回、通知表を親に見せては、叱られていました。

私が小学1年の1学期の通知表

1607202.jpg

問題となったのは、「くらしのようす」

1607201.jpg

「ものをだいじにし、せいとんができる」がCだったこと。
これについて、両親から、ケチョンケチョンに叱られて号泣しました。

後日、「○○ちゃんは、全部Aだったらしいわよ」と、ダメ押しをされました。

毎回こんな調子で、私にとって、終業式の日は、無条件に叱られる日だったのです。


息子も今日、通知表を持って帰ってきました。
内容はともかく、「学校がとても楽しい」と言っていること、それが一番です。


  1. 2016/07/20(水) 23:58:19|
  2. 私が若かったころ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

書き順

一年生で習う漢字の一覧表に、書き順が書いてあります。

1607191.jpg
1607193.jpg
1607192.jpg

この三つ、私は、それぞれ、下記の順で書いています。

1607194.jpg

書き順は、ほとんど意識したことがなく、「最終的に合ってりゃいいじゃん」と思ってきたので、息子に教える資格はありませんです。


  1. 2016/07/19(火) 23:31:58|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雲霧

初めてメガネを作りに来られたかた、当店だと、特に深視力がらみのかたに多いのですが、オートレフラクトメーターでチェックすると、こんな風な結果になることがあります。

1607181.jpg

S(球面度数)、C(乱視度数)ともに、3回の測定値での変化が大きく、測定毎に遠視度数が(0.00 → +0.25 → +0.75)と強くなっています。

当然、遠視性乱視ないし混合乱視と予測して屈折検査に入るわけですが、検査に入る前に、+3Dくらいを装着したテストフレームを5~10分くらい装用してもらうことがあります。
遠くの景色はボヤけて見えにくくなるはずなので、そのまま辛抱してもらいます。

このタイプのかたは、裸眼状態で常にピント合わせの機能を働かせていますので、その機能が凝り固まってしまっている可能性があります。
凸レンズで強制的にボカした見えかたを作り、ピント合わせの機能をほぐしていくのがねらいです。

このように凸レンズでボカすことを「雲霧(うんむ)」と呼んでいます。

雲霧をかけたあとは、そのまま両眼開放で屈折検査に入るのがルーティンですが、試しに雲霧直後の状態をオートレフラクトメーターでチェックしてみると、

1607182.jpg

結構、数値が安定しているのがわかります。

余計な時間はかかりますが、この一手間をかけたほうが、度数測定中の反応がよいことも多いです。




  1. 2016/07/18(月) 23:37:47|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

評価中

昨日のビジョンスクリーニングの結果を評価中です。



素点に反映されていない部分、上手にできなかった部分を、どのように解釈・分析するかが難しいところです。



  1. 2016/07/15(金) 23:25:29|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のウォーキング

午後から仕事なので、今日は軽く5kmにしておきます。

フェンスの向こうはアメリカ。

20160714082506cd4.jpeg
2016071408251162b.jpeg


  1. 2016/07/14(木) 08:25:28|
  2. ウォーキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明日の準備

明日は、午後から、小学校の支援級を訪問します。

最終チェックの前に、取り急ぎ、三軒隣の台湾料理店さんでディナーを済ませることにします。

ひとりで来るときに注文するのは決まっています。

201607132258283af.jpeg

いわゆる海鮮ラーメン。

おすすめです。


  1. 2016/07/13(水) 23:05:30|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

テストフレーム

今年の初めごろでしたか、新しいテストフレームが発売されました。

ixy_20160712_01 (1)

当店で使っていた従来のPD可変式テストフレームも、テンプルの長さや傾斜を変えたり、パッドの高さを変えたりといった微調整はできる仕様でしたが、

ixy_20160712_01.jpg

新しいテストフレームは、さらに改良を加え、PDを各眼別に設定できることと、80mmまでのPDに対応できるところがよいです。

従来のPD可変式・固定式は74mmまでしか対応していなかったので、

ixy_20160712_02.jpg

それを超えるPDの場合には、こちらを使っていましたが、

ixy_20160712_03.jpg

使い勝手というか安定感(フィット感)がイマイチでした。
新しいもののほうが、安定しやすさで優るようです。

この新しいテストフレームが完璧とは思いませんが、使いやすい製品の研究開発を、これからもお願いしたいです。


ところで「75mmを超えるPDの人なんて滅多にいないのでは?」と思うかたもいるかもしれませんが、「大きいメガネ」を扱っている当店では、普通に来店されます。

今日のお客様も79mmでしたので、

ixy_20160712_04.jpg

新しいテストフレームがあって助かりました。







  1. 2016/07/12(火) 23:50:20|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スタンプ台

仕事の一環として、近々に、こんなスタンプを押す予定があります。

1607111.jpg

これは、昔からある「シャチハタ」のスタンプ台を使って押印したものです。
綺麗に絵・文字が出ています。


今回の仕事では、スタンプ台が複数必要になります。
自店にあるシャチハタと朱肉で足りるのですが、店のものを持っていって無くしてしまっても困るし、ということで、取り急ぎ100円ショップでスタンプ台を1個買ってきました。

で、その100円ショップのスタンプ台を使って、↑と同じ紙に試しに押印してみたところ・・・

1607112.jpg

ふざけなさんな!!

同じスタンプ、同じ用紙なのに、このクオリティの低さは一体・・・

これでは、ちょっと使えません。

事前に確認しておいてよかった。





  1. 2016/07/11(月) 23:39:43|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

投票日

営業時間中の合間に行ってきました。

ixy_20160710_01.jpg

前回の参院選を下回る時間帯別投票率。
高齢者が多く、気温の上がらない早い時間帯にという意識が働くかと思いましたが。

元々、うちの地域は、市議選にしても何にしても参加意識が高くないですが、もう少し、何とかならんかなと思います。

出口調査って、一度やられてみたいのですが、今回もあたりませんでした。


  1. 2016/07/10(日) 23:50:01|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

屈折率による重さの違い

昔ネタにしていますが、まぁいいでしょう。

レンズを選ぶとき、「薄型レンズでも追加料金なし」というお店でなければ、屈折率によってお値段が変わることが多いと思うので、当然屈折率による仕上がりの違いを説明することになります。

その際、「屈折率が高いと、薄くなります・軽くなります」などという説明をするのは、ホントのところどうなのかという話です。

こちらの一般的な紳士フレーム(53□17)に、

1607088.jpg

右 S+5.00D
左 S+6.00D C-1.00D AX120

を、「スライス加工」「プラスメッツ加工」などと呼ばれる、フレーム形状を考慮した注文の仕方をしたときの、中心厚と重さの比較をしました。
凸レンズなので、中心が厚くなるわけです。

こんな画面で数値の確認をします。

1607081.jpg

今回は外面非球面設計での比較です。
乱視の入っていない右のみ公開します。

屈折率1.60

1607082.jpg

屈折率1.67

1607083.jpg

屈折率1.70

1607084.jpg

屈折率1.74

1607085.jpg

屈折率の変化に伴い、中心厚は、わずかながらでも薄くなる方向に変化をしますが、重量の変化が1.67・1.70・1.74て゛は生じません。

これは、高屈折率のほうが比重が大きいことに由来します。
同体積なら、高屈折率のほうが重くなるということです。
しかし、屈折率が上がると体積自体は減る(厚みが減るため)ので、比重の増加分と相殺された結果、重量が同じ、という理屈です。

もちろん、もっと玉型が大きいとか、度数が強い場合は、変化が生じると思いますが、屈折率1.67以上であれば、厚みの変化に比して重量の変化は期待しにくいということになります。


また、下のような小さな玉型(41□23)に、

1607089.jpg

上記と同じ度数を入れたときには、

屈折率1.60

1607086.jpg


屈折率1.67

1607087.jpg

大きな玉型に比べて、低屈折率でも、薄く軽くなりますが、屈折率を上げたときの変化の幅は、大きな玉型の時に比べて少なくなります。


つまり、弱度で、玉型が小さいほど、屈折率を上げることによるメリットを享受しにくいという、当たり前の話なのですが、数値で示すと具体性が増します。


  1. 2016/07/08(金) 23:50:29|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウォーキング中

すでに、かなり暑いです。

20160707081636849.jpeg

座間市役所を通過しました。

あと2時間、歩けるでしょうか?

今日は、ゆっくりペースにします。


  1. 2016/07/07(木) 08:19:21|
  2. ウォーキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ポスター

「シーメンス・シグニア補聴器」を扱うシバントス社から、販促ポスターが届きました。

IMG_9000a.jpg

「聲の形」という映画を応援しているそうです。

IMG_9002a.jpg

キャンペーンの案内も載っているので、店頭に掲示したいのはやまやまですが、

IMG_9001a.jpg

お蔵入りです。

なぜかというと、併せて記載されていた

IMG_9003a.jpg

「2分で聞こえ体験」というのは、当店では無理だからです。

仮に、すぐにご視聴いただけるデモ機があったとしても、他のお客様の応対中であれば、お待たせすることになります。
「できます」と宣言する以上は、責任を持たないといけないと思いますので、できもしない文言の入ったポスターを掲示することは気が進みません。

せっかく送っていただきましたが、ごめんなさい。




  1. 2016/07/06(水) 23:42:58|
  2. 補聴器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

また梨

ご近所のセブンイレブンさんから「スイカ」がなくなり、ついで登場したのは、今年も



「梨」でした。

夏場の定番になってしまっておりますが、ご存知のように私の趣味ではありません。
夏こそ、レモンとかグレープフルーツとかの柑橘系を食べたいです。

「梨」のでている間は、購入数が減る=お財布に優しいわけですが。

梨ファンのかたがた、ゴメンナサイ。


  1. 2016/07/05(火) 23:50:32|
  2. ガリガリ君
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

度なし、それとも、度入り?

ダイエー時代の部下から、こんな質問を受けました。

質問

(現在働いている)会社の人で、下記の状態なのですが、ブルーライト対応のメガネを作るべきですか?

・小学生のころから、裸眼視力が右眼0.2、左眼1.2
・普段肩こりと頭痛がある
・仕事で平日はPCを5~6時間使用。
・最近、目がチカチカするようになった。PCの位置が窓際にあり、その日差しも気になる。
・ブルーライト対応だけのメガネにするか、いっそ度付きのメガネを買った方がいいか悩んでいる。
・昔からずっと視力に差がある状態で過ごしていたので、今になって右眼の視力をよくしてしまうと、生活に支障が出ないか?
・年齢は40代なかば


私の回答(加筆・修正あり)

端的に申し上げると、きちんとした検査ができる眼鏡店で、必要な測定をした上で、度付きのものを作ることをおすすめします。
逆に言えば、度なしのものを使っても、気休めにしかならないはずです。

ブルーカットは、やるべきことをやった上でのオプションです。
このかたの場合、左右の裸眼視力に差があるわけですから、少なくとも右眼には何らかの屈折異常(近視・乱視・遠視)があるはずです。
私と同年代ということは、そろそろ老眼になります。

度なしのブルーカットいうのは、

・左右の眼に屈折異常がない、もしくはコンタクトレンズで適切な矯正がされており、かつ、パソコンモニターに負担を感じることなく焦点を合わせることができる人
・左右の眼に同程度の弱い近視があるため、裸眼でパソコンモニターの距離に負担なく焦点が合う人
(ここでいう、負担なく、というのは、調節力・輻輳力を含めてのことです)

であれば、度数矯正の必要性が低くなりますので、アリだとは思います。
ただし、効果を感じるか否かは個人差がありますが。

ですが、このかたの場合、この条件に当てはまらないのが明確ですから、「度なし」をお勧めする合理的な理由が何一つありません。

参考
http://optkibebe.blog55.fc2.com/blog-entry-1390.html


なお、今まで、右眼を矯正せずにきているようですが、

①矯正すると、違和感が強くて装用できない
たとえば、右眼: S-1.25D 左眼: S-0.00Dといった具合に度数差がある場合など。

②矯正しても十分な視力が出ない
たとえば、右眼: S+5.00D 左眼: S+0.25Dといった感じで、右眼が弱視になっている場合など。

といったケースも考えられます。

このような場合、裸眼では両眼視を放棄し、片眼でモニターを見ている可能性が高いですが

少なくとも、

①の場合なら、右眼に
②の場合なら、左眼に

適切な度数を付与する必要性が考えられます。


いずれにしても、そこのあたりを十二分に踏まえて度数を決めてもらわないと、結果的に使えないメガネになります。

度数を決めるときは、タブレットなりパソコンなりを、自分の作業距離に置いて、20~30分くらい装用テストをさせてもらえると、ある程度、納得しやすいかと思います。
このときに、ブルーカットレンズのある・なしの比較を併せてさせてもらえると、よりベターですね。

繰り返しますが、ブルーカットレンズを完全否定しているわけではありません。
ただ、「最初に適切な度数ありき」ということを、念頭におくことが大切です。




  1. 2016/07/04(月) 23:50:10|
  2. 視機能・視覚・検査など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

妻、加齢

妻が1つ歳を取りました。

手ぶらで済ませるわけにもいかないので、ケーキを。

ixy_20160703_05.jpg

「釣った魚に餌をやらない」というわけではありませんが、昔に比べてコストの掛けかたが貧弱になっていることは否定しません。


  1. 2016/07/03(日) 23:52:49|
  2. 記念日・○○の日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日の更新はお休みします

皆さん、こんばんは。

今日はお休みします。

明日もお休みしたら、ごめんなさいです。


  1. 2016/07/01(金) 23:25:59|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0