キベベワールド

「メガネの一心堂」の店長が、タメになること・ならないことをつづります

お調べしてみませんと・・・・

これまでにも何度となくお話ししてきたことですが、繰り返します。

電話やメールで、「メガネで解決できますか」という問い合わせをいただきます。

たとえば、片眼で見ると1つのものが両眼で見ると2つに見える「複視」であったり、

1507054.jpg

「深視力検査に合格できなくて困っている」というお悩みであったり、
「左右の視力がかなり違うのですが、掛けられるメガネはできますか」とか、
「他店で作ったメガネが合わないのですが、おたくなら使えるメガネが作れますか」とか、

まぁ、とにかくいろいろなパターンがあるわけですが、求められている回答はただ一つ。
「できるか、できないか」です。

「できる」と言ってしまえば、できなければ大変なことになります。
「できない」と言ってしまって、他店さんで解決できたら立場がありません。

「○○の在庫がありますか」といったご質問に答えるのとは、わけが違います。

お問い合わせをいただくのは一向に構いません。
ですが、「できるか、できないか」と問われても「お調べしてみないとわかりません」としか言えないのです。

「遠くから、わざわざ出かけて行って、できないのでは無駄足になる」というお気持ちはわかります。
「貴重な時間を使われて、挙句にできませんと言われて、相談料を払うのは納得できない」そうおっしゃるかたもいます。

だからといって、調べてみないとわからないことを、こちらの気分ひとつで「できます」「できません」とは言えません。
藁をもすがる気持ちで問い合わせをされてくる人も少なくありません。
「安心してください、できますよ」という返答を期待されているのは痛いほどわかりますが、普通のお店はそういう返答はしないと思います。

「こちらがこれだけ情報を与えているのに、何で答えられないんだ。お前はそれでも専門家か。」と言われたこともあります。
でも、与えられた情報と、専門家が求める情報とが合致しなければ答えようがありませんし、専門家は専門家であるがゆえに、自分で調べもしないで、安易な返答はしないと思います。

もちろん専門家の立場で「それなら何とかなるかな」「これは難しいだろうな」といった推測はします。
ただ、それはあくまでも推測です。
「何とかなるかもしれません」「難しいと思いますが、やるだけやってみましょう」といった返答をすると、多くのかたは「できる」と解釈するでしょう。
期待を持たせるような返事をしてしまうと、後で大変なのです。

決して、意地悪をして答えないのではありません。
そこのあたり、どうかご理解をいただきたいのです。




  1. 2016/01/31(日) 23:34:16|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宇宙

ちょっと前に、息子に「宇宙」の図鑑を進呈しました。

20160130233018507.jpeg

といっても、息子が読むのには難しいので、基本的に私が読んであげるのを、図や写真を見ながら聞いているわけです。

「鉄道」や「人体」の図鑑を読むときは、何か聞かれても私の言葉で説明できることが多いのですが、
高校時代に「理科Ⅰ」や「地学」を真剣に勉強していなかったので、私の理解を超えている内容も多く、
勉強させていただいております。

子供向けの図鑑といえども、かなり詳しく載っていますので、侮れません。



  1. 2016/01/30(土) 23:55:13|
  2. 書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いちごサワー

今月上旬から、ガリガリ君の新商品がセブンイレブンさんに並びました。

「いちごサワー」

1601271.jpg

濃くなったらしいですが、見た目ではよくわかりません。

ixy_20160121_02.jpg

さて、去年一年間での当たり本数は、結局5本でした。

5年前・・・9本
4年前・・・9本
3年前・・・13本
2年前・・・7本

ということで、下降傾向にあるのですが、これは私自身に気合が入っていないからというのもあると思います。

どうも、一時期の「ガリガリホリック」から脱却したというか、人生における「ガリガリ君の定量」をすでに食べてしまったような気がします。
冷凍庫に2~4本入っているのが当たり前だったのが、最近は数日ゼロということも珍しくありません。

ブログネタとして定着していますので、適宜アップはいたしますが、もう「昔の私」ではないと思っていただければ幸いです。


  1. 2016/01/29(金) 23:15:34|
  2. ガリガリ君
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

都内へ

小田急ロマンスカー「EXE」の先頭座席にて。

20160128094933ed4.jpeg

20160128094937740.jpeg

前面ガラスが、もう少し下まであるとよいのですが。




  1. 2016/01/28(木) 09:53:07|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デジカメ壊れる

ふだん店で使っているキャノンのコンデジが突然おかしくなりました。

電源を入れるとレンズが出てはくるのですが、スタンバイ状態にならず、電源を切ってもレンズが格納されません。

ixy_20160127_08.jpg

通常なら、内部の絞りやらレンズやらが見えるのですが、

1601272.jpg

完全に「瞳孔が開いちゃった」状態です。

1601271_20160127192433dd5.jpg

デジタル一眼を持ってくれば仕事に支障はないのですが、乱雑に使うには怖すぎるので、コンデジの手軽さは捨てきれません。
そうなると、もう4年前の製品ですし、新しい機種が欲しくなるのが人情というものですが、パソコンの調子も良くありませんし、ガラケーはいつ壊れてもおかしくないし、春先は出費も増えますので、おとなしく修理に出すことにします。


実のところ、以前使っていたコンデジ(08年モデル)が眠っているので、修理中はこちらを使うことにします。

canon.jpg

↑これが壊れて、修理に出している時に新調したのが、今回壊れたものです。

直しておいてよかったですが、

充電器が色覚障害者に優しくないのが減点ポイントです。

ixy_20160127_12.jpg

充電中なのか、充電完了なのか、ライトの色の区別がつきません。









  1. 2016/01/27(水) 23:07:21|
  2. 家電・パソコン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

太鼓の達人

「太鼓の達人」というゲームが、ゲームセンターにあります。
画面の指示通りに太鼓をたたくというシンプルなルールですが、「眼球運動」と「目と手の協応」が要求されます。

iPadでもアプリがありまして、だいぶ前にインストールしていたのですが、去年の春ごろから息子が興味を示しました。

ixy_20160126_05.jpg

最初は、やりかたがわかっているのかいないのか、超適当でしたが、そのうち上達し、簡単モードならノーミスで終えられるようになりました。

夏が終わるころには、私よりも上手になりました。
ゲームセンターで実機をやらせても、iPadでやるのと遜色ありません。

IMG_0664a.jpg
IMG_0912a.jpg

「太鼓の達人」が、結構うまくできるようになってきてた辺りから、実生活でもいろいろなことが(息子なりに)上手にできるようになってきました。
単純に、成長過程とのタイミングがマッチしただけの可能性もあり、必ずしも、「太鼓の達人」効果によるものとは言えないのですが、繰り返しやることで「だんだん、上手になっていく」という経験を得ることは、とても大切なことととらえています。



  1. 2016/01/26(火) 23:03:35|
  2. ビジョントレーニング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

セル枠のカスタマイズ

セルフレームの鼻周りが骨格に合わない場合、ということで何回かカスタマイズネタをアップしました。

これを

1312081.jpg

こうしたり、

1312084.jpg

奥の鼻当てを、手前の鼻当てにしたり。

1405106.jpg

この手のカスタマイズは、たいていは「フレームが下がってしまう」「レンズに睫毛があたってしまう」という場合に行なうことが、当店では多いのですが、今回は「鼻当ての部分が鼻に食い込んで痛い」というお悩みでした。

お客様の鼻の幅に比べて、選ばれたフレームの鼻バッドの幅が狭いために、

1601253.jpg

鼻が痛くなってしまうというわけです。

それを防ぐために、あらかじめ鼻当てを薄く削り、幅を広げたのですが(画像なし)、しばらく使っていると痛くなるようで、
幅の広げかたが不十分のようです。
「このフレームなら、痛くならない」と、前に掛けておられたメガネをお持ちくださいました。

お客様が、前にかけておられたフレームが上、痛いフレームが下です。

1601255.jpg

初期設定の時点で、鼻幅がだいぶ違います。
何とか、上のフレームに近づけるようにしないと改善は難しいです。

金属のパッド足をつけて、思い切り広げる方法もあります。
ただ、金具を貼り付けるタイプでは、十分な鼻幅を確保しにくいように思われ、
かといって、フレームに穴を開けて金具を取り付けるのは気が進みません。
万一、金具が折れたときに閉口するからです。

ということで、こんな感じの鼻当てに付け替えました。

1601254.jpg

広げた分、正面から見ると、このように目立ってしまいますが、やむを得ません。

1601252.jpg

率直に言うと、フレームの選定ミスということになるのですが、このブランドのフレームをご希望で来店されたお客様だったこともあり、今回はこの対応で、改善されたようです。







  1. 2016/01/25(月) 23:11:58|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

また破れる

仕事時にはいている綿パンの、膝の部分が破れました。

ixy_20160124_01.jpg

外で働いているわけでもないのに、膝とお尻は、

ixy_20150623_02.jpg

良く破れます。

お尻が破れるのは体型に由来しているのですが、膝が破れるときは必ず左足です。

なぜかというと、お客様が椅子に座った状態のときに、耳周りのフィッティングをチェックしたり、耳穴型補聴器の耳型を採ったりする際に、左膝をついた姿勢になることが多いからだと思います。

なぜ膝をつくかというと、単純に腰をかがめると、腰を伸ばした時に「ピキッ」となるリスクが半端なく上がるからでありまして。

ということで、新しい綿パンに変えないといけないのですが、あらかじめ用意してあるおニューが、どこかに行ってしまって見当たりません。
探しませんと。



  1. 2016/01/24(日) 23:30:43|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

神奈川は曇り?

夜から雪、なんていう予報でしたが、極端に寒いわけでもなく、今のところ気配がありません。




  1. 2016/01/23(土) 23:51:45|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

工具はお貸ししておりません

当店では、時計の電池交換や修理は、私の父が担当しています。
父が所用で不在の時は、お預かりするか、改めてご来店いただくことになります。

電池交換なんて、蓋開けて、古い電池を外して、新しい電池を入れて、蓋を閉めるだけなんだから、簡単にできると思うかたも少なくありません。
なので、不在ですぐに承れない旨を伝えると、「じゃあ、工具を貸してください。自分でやりますから」とおっしゃられることが稀にあります。

が、工具をお貸しすることはできません。
「自己責任でやるから」と言われても、お断りをします。

技術者にとって、工具はお金を稼ぐための、とてもとても大切なものなのです。
それを、おいそれと、他人に貸せるかというと、嫌がる技術者が多いのではないかと思います。
ましてや、持ち主が不在のときに、持ち主の許可なく貸せるわけがありません。

プロスポーツ選手が、自分が今使っている道具を、ファンに貸すでしょうか?
中には貸す人もいるかもしれませんが、普通は貸さないでしょう。
触られるのすら嫌がる選手も、大勢いると思います。

プロスポーツ選手と同列に語るなと言われるかもしれませんが、商売道具である以上、本質は同じです。

「なぜ、貸さないのか」という理由・心情については、皆さんが大切にしているものを、みずしらずの他人に貸せるかどうかという視点で考えていただければ、何となく通じるものがあるのではないかと思います。

「工具さえあれば自分でやれる」という気持ちは分かりますが、そこは持ち主の心情を汲んで、ご遠慮いただきたいと思います。

翻って私はどうかと考えると、たとえば「テンプルネジが緩んだから、ドライバーを貸して」と一般の人に言われたら、ふだん私が使っているドライバーは、

ixy_20160122_09.jpg

貸さないと思います。

精密ドライバーは何本かありますから、お貸しするとしたら、そっちでしょうね。

フッティングに使うヤットコ類は、前に一度だけお貸しして、ものすごく嫌な思いをしたので、基本的にお貸しいたしません。
あしからずご了承ください。




  1. 2016/01/22(金) 23:08:47|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

家内安全

また一つ歳をとりましたので、座間神社でご祈祷を。




  1. 2016/01/21(木) 15:20:43|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

砥石の交換

当店で使用している、レンズを削る機械。
多分、今月で導入してから丸8年経ったと思うのですが、砥石が減ってしまって、プラスチックレンズの切削にとんでもない時間がかかるようになりました。

左端が問題のプラスチック荒削り用の砥石です。

ixy_20160113_01.jpg

砥石の真ん中付近に筋が入っています。

ixy_20160113_01aのコピー

寿命です。

一番レンズが当たる箇所がダメになってしまったわけです。
切削中にボタン操作で、砥石の当たる位置を変えることはできるのですが、乱視軸のズレ等の弊害が生じるリスクが高くなる気がして、ふだんはその対応はしていません。
(さすがに、この状態になってからは、そうせざるを得なくなりましたが、面倒です)

新しい機械にサクッと交換したいところですが、パソコンを買い替えるのとはわけが違います。
普通車(軽自動車ではない)が買える値段がしますので、今回は砥石の交換のみで対処です。

ixy_20160120_02.jpg

リーズナブルな価格で、交換してもらえました。
これで、また当分は使えます。

次はオートレフケラトメーターが寿命を迎えそうです。
(既に、危ない)



  1. 2016/01/20(水) 23:30:26|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

累進レンズの度数

いわゆる「累進レンズ」と呼ばれるレンズがあります。
境目のない遠近両用とか、中近両用なんていうカテゴリーの総称といっていいでしょうか。

この累進レンズ、遠近両用であれば、遠用度数と近見度数(加入度)を明記してレンズをオーダーします。

こんな風にレンズ袋に印字されたものが届きます。

1601191.jpg

届いたレンズは、度数が正しいかをチェックしないといけないのですが、「単焦点レンズ」のように、光学中心が明確に設定されているわけではありませんので、厄介です。

一応、度数測定位置というのが定められているのですが(納品時には、こんな感じでマーキングされていることが多いです)

1601194.jpg

そのマーキングの位置もアバウトな部分があり、レンズメーターの置きかた次第で度数は簡単に変わります。

1601192.jpg
16011932.jpg

球面度数や乱視度数は、ある程度の精度で推測できますが、乱視軸を見極めるのは難しいです。


他店で作られたメガネと同じ度数で作ってほしいというご要望、当店ではあまりないのですが、たまにあります。
フレーム目当てで来られるケースです。

このとき、使用されているレンズが累進レンズだと、上記の理由により、正確な度数を確定することができません。
万一、納品したメガネの見えかたにご不満がある場合、前回と同じ度数であるか否かとうのは、原因を探る上で重要です。

メーカーから発行される証明書とか、他店さんの発注控えなどがあれば別ですが、そうでない場合、大変申し訳ないですが、当店で改めて度数を測定いたします。
前眼鏡の正確な度数がわからないわけですから、結果として、必ずしも同じ度数にならないこともあり得ますが、ご了承ください。




  1. 2016/01/19(火) 23:47:44|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今朝は雪でした

予報通り、深夜から明け方にかけて雪が降りました。

出勤するころには雨になっていましたが、この程度の積もりかたです。

ixy_20160118_01.jpg
ixy_20160118_02.jpg

昼には溶けると思っていましたが、午前中の気温が上がらず、まだ少し残っています。


これまで、息子は雪と戯れるのを嫌がっていましたが、

↓4年前
IMG_0265aa.jpg

今年になってようやく、遊べるようになり、

ixy_20160118_04.jpg

家に持って帰りました。

ixy_20160118_08.jpg


  1. 2016/01/18(月) 23:32:15|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

抽選会

今日は、座間市相武台商店会「歳末大売り出し」のガラポン抽選会がありました。

年末は、運営する商店のかたたちも忙しいので、例年、この時期の抽選会です。
城南信用金庫さんのご厚意で、駐車場をお借りして開催です。

ixy_20160117_43.jpg

我が家も抽選券があったので息子がトライ。

ixy_20160117_41.jpg

簡単なゲームもあり、息子は景品をもらって喜んで帰ってきました。

ixy_20160117_45.jpg

私は店があるので、当日のお手伝いはできず、父が終日手伝いに行っていました。
運営に携わられた皆さん、お疲れ様でした。



  1. 2016/01/17(日) 23:34:17|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大きいメガネ 新作

昨年末に入荷している「大きいメガネ」の新作ですが、当店HPにいまだにアップできていませんので、先にこちらでご紹介します。

「マンハイム」

Mannheim340.jpg

玉型サイズ59、鼻幅16

ということなので、「大きいメガネ」の中では小柄な部類に入りますが、普通のフレームに比べればだいぶゆったりめです。

当店では、

黒とデミのグラデーション

MannheimA34023.jpg



MannheimM59551.jpg

ダークネイビー

MannheimTK0053.jpg

クールアンバーレッド

Mannheim225-8231T.jpg

の4色を在庫いたしております。


  1. 2016/01/15(金) 23:44:18|
  2. メガネ・フレーム・レンズなど
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KBB45

また一つ、歳をとりました。

三菱みなとみらい技術館に来ています。

2016011414173408c.jpeg
20160114141735965.jpeg



  1. 2016/01/14(木) 14:21:55|
  2. 記念日・○○の日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

更新はお休みします

復活次第、引き続きよろしくお願いします。
  1. 2016/01/08(金) 21:26:43|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JAXAにて

「赤い男」、ついに宇宙へ。

20160107121836069.jpeg

相模原市の誇る、宇宙科学研究所にて食事中。



  1. 2016/01/07(木) 12:26:52|
  2. どうでもいい日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フェイスブック

いわゆる「SNS」のたぐいですが、最初に手を出したのがミクシィでした。
2007年ごろに、ブログの練習的にスタートしましたが、2008年にブログを始めてからは、放置したままです。

2011年にフェイスブックに手を出しました。
当ブログのシェアがほとんどですが、たまにブログネタにしにくい小話を投下したりして、適当にやっています。
私個人のアカウントはそれでいいと思っているものの、店のアカウントを作ったまま、丸5年ほったらかしなのが気になっています。

1601061.jpg

当店の名前でウェブ検索すると、2ページ目にフェイスブックページがヒットしてしまうので、それをクリックしたかたに「やる気のない店」だと思われかねないわけで、だったらアカウントを閉じればいいのですが、それもせずにズルズルときてしまったわけです。

正直、ブログの更新で手いっぱいなので、どいうふうに使ったらいいか考えあぐねています。
とりあえず、当ブログの技術ネタ・商品ネタあたりをシェアすることから初めて、少しでも「やってます」感を今年は出すようにしようかなと、思っております。


  1. 2016/01/06(水) 23:15:10|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本日より、通常営業です

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

メガネ一式およびレンズ・フレーム交換等をご注文いただきましたお客様に、干支のトレシーを差し上げております。



数に限りがございますので、あらかじめご了承くださいませ。

今月11日までは、もうひとつプレゼントが付きます。
お楽しみに。





  1. 2016/01/05(火) 23:35:27|
  2. 当店のこと、あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016箱根駅伝 6区

5区の様子は、こちら。

往路16位、10位と3分半ほどの差をつけられ、シード確保が極めて厳しい状況となった6区。

「今年も期待しています」というファンの声に応えるため、「赤い男」はビデオ撮影係の妻を従え、函嶺洞門バイパス付近へ足を運びます。
昨日同様、手袋やイヤーウォーマーはもちろん、ダウンベストも不要なくらいの暖かさ。

1601031a.jpg

去年は、テレビ映りを意識した場所取りをしようとしたものの、移動させられてしまったため、今年は少し手前のところでおとなしくスタンバイ。

1601032.jpg

中継車から映してもらえるかは運次第。
チェックポイント設置のカメラから確実に映るためには、もうちょっとバイパス寄りに陣取ったほうがいいのですが、この位置のほうが長い距離を観戦できるので、判断が難しいところです。
結局、観戦を優先することにしました。

間もなく先頭が通過。

1601033.jpg

中大は一斉スタートのため、走行順が読めません。
日テレサイトをチェックしている余裕もなく、あと2校くらい通過してからかなと思ったら、

1601034.jpg

白のユニフォーム、谷本選手通過です。

今年も上記の1枚しか、まともに撮影できなかったので、動画からのキャプチャーを。

16010314.jpg
16010313.jpg
16010312.jpg
16010311.jpg
16010310.jpg
1601039.jpg

中大の姿、目に焼き付けておきました。

動画はこちら。

谷本選手編(関東学生連合通過まで)。



全校収録編。




6区・7区といい走りをしてくれたので、シードはダメでも11位くらいは、と期待したものの、

1601035.jpg
1601036.jpg

復路14位、総合15位。
ただただ、残念です。

区間順位が、
4→16→16→17→14→7→6→17→19→13
と、まともに戦えたのが3人では話にならないでしょう。
部外者が言うことではありませんが、実力不足もあるとはいえ、諦めが良すぎます。

町澤選手の心意気が他の選手たちに伝わって、何とか予選会突破をしてくれたらと願っています。
伝統が、ただの伝説となり、風化してしまう前に、復活ののろしを上げてください。

さて、肝心のテレビですが、中継車からの映像は惜しいところで切り替わってしまい、定点カメラからの数ショットのみでした。

1601037.jpg
1601038.jpg

それでも、何人かのかたから「見つけました」と連絡をいただけたので、最低限の期待には応えられたかなと思います。


来年も、箱根で中大の応援がしたいです。

頑張れ、中大!!





  1. 2016/01/04(月) 10:50:41|
  2. 箱根駅伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

箱根駅伝2016 5区

正月休みは寝正月、というかたも少なくないかもしれませんが、「赤い男」は2日の早朝から始動します。

少しでも睡眠時間を確保しておきたかったため、妻の実家でのお年始から早めに1人で帰宅しました。
ゲリぎみなので、睡眠導入剤代わりに市販の風邪薬を内服して床に入ったものの、なかなか眠れません。

まずいパターンになる前に、乗り物酔い止めの薬を内服するも、気が付けば1時。
ホテルでこの状態になったら、まず寝るのは諦めたほうがよさそうです。

おととしの箱根は、修善寺のホテルから一睡もできずに参戦していますので、眠れなかったら眠れなかったで何とかなるでしょう。
何事も経験を積んでおくことで、余裕が生まれるものです。

自宅だったことが幸いし、どうにか寝られたワタクシ、無事出陣。

箱根へ車で行くためには、小田原厚木道路の利用が不可欠です。
有料道路とはいえ、70キロ制限のところを快走してしまうと、区間賞の代わりに切符を切られかねませんので、はやる気持ちを抑えて芦ノ湖へ向かいます。

予定通り、芦ノ湖ゴール付近に8時過ぎには着いたのですが、おととし駐車できた場所に止めることができませんでした。
奥の手を使おうとしたものの気が進まず、最終的には解決しましたが、ここまで競争がし烈になってくると、さすがにしんどいので、もう車で乗り込むのはやめようと思います。

無事、ゴール地点に到着。

1601023.jpg

往路優勝したチームがインタビューを受ける、トラックの荷台には

16010221.jpg

トロフィーが飾られています。

1601022.jpg

今回の中大、目標は5位以内とのことですが、それは置いといて、シードを確保するためには、1区2区でのロケットスタートが最低条件と思われます。
いい流れに乗れさえすれば、往路一ケタ順位で、復路は何とかしのぐ、というパターンに持ち込めるかも、というのが大方の予想のはずで。
逆に言えば、往路二ケタ順位だと、巻き返しは難しいだろうということです。

町澤選手が1区4位と入魂の走りを見せ、期待が盛り上がったものの、徳永選手の調子がイマイチだったようで、

1601021.jpg

2区終了時点で13位。
町澤選手と徳永選手の貯金で出場できた本戦ですから、この二人でダメだったら、仕方ないでしょう。
どうやら、終戦のようです。

駅伝の碑の前で、しばし落胆。

1601024.jpg

今年の予選会は・・・・
来年の箱根は・・・・

落ち込んでいても仕方ないので、応援場所へ移動します。

既に応援団や「強くする会」の人たちが到着していたので、

1601025.jpg

場所取りを済ませて、元箱根のセブンイレブンさんへ足を運びます。
ゲリ気味なので、あまり食べ物(ガリガリ君は論外)を口に入れたくはないのですが、ジーッと待っていても暇なだけですからね。

こちらのお店では、箱根駅伝グッズを販売されています。

1601026.jpg

ここ何年かは何も買っていないのですが、今年は買いました。

16010216.jpg
16010217.jpg
16010218.jpg

考えたくはありませんが、来年以降も「中大名入り」が買える保証がありませんからね。
下手すりゃ、貴重品になりかねません。
考えたくはありませんけどね。

富士山が綺麗でした。

1601027.jpg

順位は日テレのサイトで逐一確認をしていますが、状況は好転せず、

1601028.jpg

小谷選手の爆走に期待するしかありません。

応援スタート。

1601029.jpg

以前は、このエリアは、もっと広々と応援団が使えたのですが、ゴール付近から各校の応援団がどんどん追い払われてしまっているので、しわ寄せがきます。

16010210.jpg

十分なスペースがないため、両サイドの帝京と東海のように、チアが前面に出ることはほとんどなく、

16010211.jpg

たまに、数人が前に出てきたものの、

16010220.jpg

ほとんどの時間を、全員が後ろの木陰で踊らされているのは気の毒でした。

他校が次々と通過する中、最後は小谷コールです。

16010212.jpg

来ました。

16010213.jpg
16010214.jpg

動画もアップします。

小谷選手編。



全校収録編。



結局、盛り返せないまま、往路16位。
学生連合も含めれば17位です。

「駅伝の碑」前での報告会、中大応援歌から始まりましたが、



どことなくシラケた雰囲気を感じてしまったのは私だけでしょうか。

16010215.jpg

町澤選手の何とも言えない表情がとても印象に残っています。

気を取り直して、校歌斉唱。

16010219.jpg

私が私であるために必要なひととき。



3年前の途中棄権ほどのショックはないものの、いや慣れっこになってしまっただけなのだと思いますが、復路での奇跡に一縷の望みを託して、芦ノ湖を後にしました。

今年の芦ノ湖、ダウンベストが不要なくらい暖かったので、ゲリ気味の私には助かりましたが、リュックに収納したおかげで荷物が増えてしまったのが誤算でした。

絶対無理だと思っていましたが、2回テレビに映っていました。

EOS_04264.jpg
EOS_04266.jpg

赤いのが2人かぶっていますが、もう御一方は、中大の野村陸上部長です。

6区へ続く。



  1. 2016/01/04(月) 10:40:54|
  2. 箱根駅伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

応援場所到着

函嶺洞門出口付近にて。

状況を見ながらですが、できればこの辺で見たいです。

20160103081752eca.jpeg




応援場所到着
  1. 2016/01/03(日) 08:18:53|
  2. 箱根駅伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

頑張れ、小谷選手

厳しい展開ですが、意地を見せていただきたい。

2016010212541077b.jpeg


  1. 2016/01/02(土) 12:54:31|
  2. 箱根駅伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ピンチ広がる

応援場所で、佇んでいます。

シード確保に向けて、すでに大ピンチ。

2016010211584033b.jpeg




ピンチ広がる
  1. 2016/01/02(土) 12:51:36|
  2. 箱根駅伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

私が私であるために

あけましておめでとうございます

本年がみなさまにとって、輝かしき年となりますことをお祈り申し上げます。



座間神社での初詣は、夜のうちに両親と済ませました。
妻子を連れて、再度のお参りです。




  1. 2016/01/01(金) 11:27:51|
  2. 記念日・○○の日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0